2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京成が南海から学ぶこと、検討すべきこと1 | トップページ | 海神で撮った坂登るシティライナー »

船橋法典スッキリ空間で、メルヘン型「しもうさ」号を撮る

JR武蔵野線の船橋法典駅の新松戸寄りは、上り線と下り線との間には何もないスッキリ空間があります。

先日、そこでメルヘン型の「しもうさ」号を撮りました。

2016020702

「しもうさ」号という名前が付いていますが、ごく普通の電車ですね。武蔵野線内は各駅停車。他の武蔵野線の電車と違うのは、府中本町方面には行かず、武蔵浦和から武蔵野線を外れて大宮に行きますね。武蔵浦和-大宮間はノンストップですね。

だけど、武蔵野線もいつまで205系が走っていられるのでしょうか?南武線も横浜線も埼京線もあっという間に205系は駆逐されE233系に置き換わりましたね。

JR東日本としての今後の車両計画はどのようなものなのでしょうか?

もしかすると山手線をE235系かして捻出されTE231系を武蔵野線に転属させるのでしょうか?

« 京成が南海から学ぶこと、検討すべきこと1 | トップページ | 海神で撮った坂登るシティライナー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/63175533

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋法典スッキリ空間で、メルヘン型「しもうさ」号を撮る:

« 京成が南海から学ぶこと、検討すべきこと1 | トップページ | 海神で撮った坂登るシティライナー »