2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 武蔵小金井駅は今年で開業90周年 | トップページ | 今後の野田線の車両計画は? »

3500形を3か所で(八幡、東中山、船橋)撮り鉄して考えること

先日、同じ日に八幡、東中山、船橋で3500形を撮りました。

これは八幡で撮りました。津田沼行きです。

2016010701_1
これは東中山です。上野行きです。

2016010701_2
これは船橋です。成田行きです。

2016010701_3

1974年に登場した3500形ですが、その当時は京成は大赤字に転落し、倒産するかとさえ言われていました。

3500形はその苦難の時代を乗り越えた車両ですね。

京成史上初のステンレス使用車、京成史上初の冷房車がこの3500形です。

ただ、1970年代は地下鉄線内では冷房が使用できませんでした。

3500形もあと何年走っていられるでしょうか?

非更新車は風前の灯火ですが、更新車もそんな長くないでしょうね。昨年1月までは見ることができましたが、3500形の優等列車はもう見られませんね。そして都営浅草線にも直通しませんね。

« 武蔵小金井駅は今年で開業90周年 | トップページ | 今後の野田線の車両計画は? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/63022599

この記事へのトラックバック一覧です: 3500形を3か所で(八幡、東中山、船橋)撮り鉄して考えること:

« 武蔵小金井駅は今年で開業90周年 | トップページ | 今後の野田線の車両計画は? »