2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

特急「あずさ」「スーパーあずさ」とE351とE257の今後

某月某日、私が松本から乗車したE351系のスーパーあずさ18号は定刻通りに新宿に到着しました。松本からの所要時間はおよそ2時間半。

国鉄時代、181系特急「あずさ」は4時間近くかかった鈍足特急だったのに、随分スピードアップされましたね。隔世の感を覚えます。

2015091601
でも、スピードアップに貢献したE351系も、いよいよ追われる立場になってきましたね。既に後継のE353系が試運転を始めているようですね。

JR東日本としては、一気にE353系に置き換えてしまうのでしょうか?それとも段階的に行うのでしょうか?

E351系やE257系は今後どうなるのでしょうか?

この2形式よりも古い185系「踊り子」を置き換えるのでしょうか?全車両ではないにしても。

残りは臨時用?団体専用列車用?それとも廃車?

181系時代は幼かった私も、今は初老になりました。

中央線も今後どのように変わっていくのでしょうか?リニアモーターカーが営業運転を始めれば、JRから切り離されてしまうのでしょうか?

ああ、生きているうちにリニアモーターカーにも乗りたい。

*なお、このブログ内の鉄道関連の記事のうち、この夏の長野に行ってきた記事については、「鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」としてカテゴリーを独立させることにしました。

スーパーあずさ18号の車内から富士急行6000系(元JR205系)を撮る

スーパーあずさ18号は大月には停まりません。

思えば、181系時代のあずさも、大月に停車するのは一部でしたね。

大月は富士急行との乗り換え駅でもあります。

かつては、新宿からの直通急行「かわぐち」も走っていましたね。これは国鉄時代。

今も高尾-河口湖間に一日1往復、JR東日本からの直通の普通列車も走っています。

東京からの直通も一日2往復走っています。

そして富士急行にはJR東日本のお古も走っていますね。

かつては205系。今は富士急行の6000系。

2015091501
この写真はスーパーあずさ18号の車内から撮ったものです。

大月通過時の一瞬のタイムスリップ気分!京王時代の塗装に戻った富士急行1000系を撮る

松本発新宿行き特急「スーパーあずさ」18号が大月を通過しようとしている時、瞬間的にタイムスリップした気分になりました。

あの元京王5000系で、今は富士急行http://www.fujikyu-railway.jp/ の1000系となっている車両の中で、京王時代の塗装に戻されている車両を見たからです。

写真はブレてしまいましたが、とにかく懐かしかったですね。

2015091103
このアイボリー塗装の5000系には、幼い頃からの思い出があるからです。

2015091104
小学2年生の時の夏休み、この京王の5000系に乗る機会があったので、絵日記にはこの電車の絵を描いた記憶もあります。そして私は、京王5000系特急のおかげで、学校で習う前に「特急」と漢字で書けるようになったのです。

この写真は明大前で撮ったものです。幼い頃の思い出がある者としては、今の京王電鉄の車両もアイボリー塗装を引き継いでいることが嬉しく思えてしまうのです。

2015091105

特急「ふじかわ」発着駅でもある甲府もJR東日本とJR東海の境界駅。だから……

この写真は、特急「スーパーあずさ」18号が甲府に停車中に車内から撮ったものです。

身延線内はスイカやパスモは使えないのですね。

2015091101

何故なら、身延線はJR東海の管轄だからです。スイカやパスモはJR東日本では有効でも、JR東海ではNGなのですね。

つまり、この甲府もJR東日本とJR東海の境界駅であるということです。このような看板があるということは、スイカやパスモで身延線内で下車しようとして、トラブルになる人が少ないということでしょうか?

柱の影に隠れていましたが、特急ふじかわの一部も撮ることができました。

2015091102
身延線といえば、武田信玄の隠し湯で有名な下部温泉もありますね。http://www.shimobe.org/

あと、かつては新宿からの直通する165系急行「みのぶ」号が走っていた時期もありました。国鉄時代ですが。

私はまだ特急「ふじかわ」には乗ったことがなく、165系急行「富士川」には乗ったことがあります。

特急格上げになっても鈍足ぶりは変わらず、身延線内の評定速度は40km/h台。でも、A特急料金を適用しているのですね。

特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの?

特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪通過ですが、停車します。

つまり運転停車なのです。

下り特急「あずさ」13号と交換するためなのです。中央東線は茅野-上諏訪間にある普門寺信号所-岡谷間は単線なのです。

2015090901

「あずさ」13号は下諏訪に停車し、客扱いもします。

でも「スーパーあずさ」18号は停車してもドアを開かず、客扱いをしません。

「スーパーあずさ」18号の下諏訪での停車は何故通過扱いにするのでしょうか?

何故、客扱いをしないのでしょうか?

何故、客扱いをしてはいけないのでしょうか?

そこまでニーズがないのでしょうか4?

塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅

スーパーあずさ18号が松本を出て最初の停車駅は塩尻。

181系時代は塩尻には停まりませんでした。しなのはキハ181系時代から停まっていました。あの時代は名古屋方面から長野方面に行く場合、塩尻で方向転換しなければいけせんでしたからね。

その塩尻、JR東日本とJR東海の境界駅。中央西線はJR東海の領域ですね。

それを象徴するかのように、この時塩尻には、JR東海の313系とJR東日本のE127系が並んでいました。

2015090601_2
列車はここでJR東海方面と分かれます。さらに塩尻は中央東線の旧ルートとも分かれます。東塩尻はスイッチバックのある駅でしたね。旧線は辰野を経由します。新線はみどり湖経由で辰野を通らず、岡谷へ直行します。

2015090602

「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く

先日、松本から特急「スーパーあずさ」18号に乗りましたが、その前に名古屋行き特急「しなの」12号を撮りました。

瞬間的にはしなのとスーパーあずさは並びます。片やJR東海の車両、片やJR東日本の車両。どちらもそれぞれの会社の特徴を出していますね。

2015090501

2015090502_2
特急「しなの」は一部を除き名古屋発着。名古屋といえば、中日ドラゴンズ。長野方向に連結されるクロ383ですが、何やら竜をイメージさせますね。

2015090503
国鉄時代にはモハ181系「あずさ」とキハ181系「しなの」が走っていたこともありました。あれから40年以上の歳月が流れました。

「あずさ」は183・189系、E257系、E351系と変わり、さらにE353系がE351系と代わろうとしています。

「しなの」は381系を経て今は383系。どちらも変わりましたね。

JR東日本の松本で憩うJR東海の313系

松本はJR東日本の領域であり、JR東海の領域ではありません。

でも、JR東海の車両を2種類見ることができます。一つは特急「しなの」の383系。もう1つは313系。

2015090302
313系はJR東海の車両なので、松本車両センターに所属するものは1両もありません。中央線用は神領車両区ですね。

JR東海の車両であることを理由に塩尻で折り返すことなく、松本や辰野、上諏訪にも顔を出しますね。

だから、こうやって松本で休息することもあるのですね。

E351系の後継はE353系。185系の後継は?

写真は松本で出発を待つスーパーあずさ18号です。右側の向こうには185系が見えます。

2015090301
スーパーあずさに使用されているE351系ですが、形式番号が示す通り、JR東日本になってから製造された車両。20年程経ちましたが、老朽化が見え始め、いずれはE353系にバトンタッチします。

これに対し、185系は国鉄時代に製造された車両。もう30年以上過ぎています。

この車両の後継車は何でしょう?「スワローあかぎ」「あかぎ」「草津」について言えば651系ですね。でも、踊り子は?房総特急が廃れていくことを考えると、255系か257系でしょうか?185系に代わる新製車両の話はないですね。

松本に185系がいた!

2か月程前ですが、松本で185系を見ました。

2015090110

定期列車として185系が松本まで来ることはないので、団体専用列車としてこの松本まで来たのでしょうか?

それとも廃車・解体となるため長野に向かう途中だったのでしょうか?

185系も製造されて30年以上の歳月がたっていますね。

踊り子の後継車両の話がないけど、今後どうなるのでしょうか?

JR東日本

より以前の記事一覧