2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日立製作所の鉄道車両で、イギリスの鉄道界に栄あれ! | トップページ | 塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅 »

「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く

先日、松本から特急「スーパーあずさ」18号に乗りましたが、その前に名古屋行き特急「しなの」12号を撮りました。

瞬間的にはしなのとスーパーあずさは並びます。片やJR東海の車両、片やJR東日本の車両。どちらもそれぞれの会社の特徴を出していますね。

2015090501

2015090502_2
特急「しなの」は一部を除き名古屋発着。名古屋といえば、中日ドラゴンズ。長野方向に連結されるクロ383ですが、何やら竜をイメージさせますね。

2015090503
国鉄時代にはモハ181系「あずさ」とキハ181系「しなの」が走っていたこともありました。あれから40年以上の歳月が流れました。

「あずさ」は183・189系、E257系、E351系と変わり、さらにE353系がE351系と代わろうとしています。

「しなの」は381系を経て今は383系。どちらも変わりましたね。

« 日立製作所の鉄道車両で、イギリスの鉄道界に栄あれ! | トップページ | 塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅 »

鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く:

« 日立製作所の鉄道車両で、イギリスの鉄道界に栄あれ! | トップページ | 塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅 »