2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? | トップページ | 大月通過時の一瞬のタイムスリップ気分!京王時代の塗装に戻った富士急行1000系を撮る »

特急「ふじかわ」発着駅でもある甲府もJR東日本とJR東海の境界駅。だから……

この写真は、特急「スーパーあずさ」18号が甲府に停車中に車内から撮ったものです。

身延線内はスイカやパスモは使えないのですね。

2015091101

何故なら、身延線はJR東海の管轄だからです。スイカやパスモはJR東日本では有効でも、JR東海ではNGなのですね。

つまり、この甲府もJR東日本とJR東海の境界駅であるということです。このような看板があるということは、スイカやパスモで身延線内で下車しようとして、トラブルになる人が少ないということでしょうか?

柱の影に隠れていましたが、特急ふじかわの一部も撮ることができました。

2015091102
身延線といえば、武田信玄の隠し湯で有名な下部温泉もありますね。http://www.shimobe.org/

あと、かつては新宿からの直通する165系急行「みのぶ」号が走っていた時期もありました。国鉄時代ですが。

私はまだ特急「ふじかわ」には乗ったことがなく、165系急行「富士川」には乗ったことがあります。

特急格上げになっても鈍足ぶりは変わらず、身延線内の評定速度は40km/h台。でも、A特急料金を適用しているのですね。

« 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? | トップページ | 大月通過時の一瞬のタイムスリップ気分!京王時代の塗装に戻った富士急行1000系を撮る »

鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? | トップページ | 大月通過時の一瞬のタイムスリップ気分!京王時代の塗装に戻った富士急行1000系を撮る »