2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く | トップページ | 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? »

塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅

スーパーあずさ18号が松本を出て最初の停車駅は塩尻。

181系時代は塩尻には停まりませんでした。しなのはキハ181系時代から停まっていました。あの時代は名古屋方面から長野方面に行く場合、塩尻で方向転換しなければいけせんでしたからね。

その塩尻、JR東日本とJR東海の境界駅。中央西線はJR東海の領域ですね。

それを象徴するかのように、この時塩尻には、JR東海の313系とJR東日本のE127系が並んでいました。

2015090601_2
列車はここでJR東海方面と分かれます。さらに塩尻は中央東線の旧ルートとも分かれます。東塩尻はスイッチバックのある駅でしたね。旧線は辰野を経由します。新線はみどり湖経由で辰野を通らず、岡谷へ直行します。

2015090602

« 「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く | トップページ | 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? »

鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩尻、それはJR東日本とJR東海の境界駅:

« 「スーパーあずさ」の横を「しなの」が行く | トップページ | 特急「スーパーあずさ」18号は下諏訪を通過するのに停車する。何故、下諏訪で客扱いしてはいけないの? »