2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだ走っていた南武線の205系 | トップページ | 急行「はまなす」は函館-札幌間だけ残すことに意義があるか? »

北海道新幹線、日本経済新聞は「4時間の壁を切れるか」というタイトルで

JR北海道とJR東日本がついに発表しました。

北海道新幹線の新青森―新函館北斗間を2016年3月26日に開業するとのことです。

http://www.tetsudo.com/news/1402/

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150918-OYT1T50111.html

* INFOREX *

東京-新函館北斗間は10往復で約4時間です。

日本経済新聞が「4時間の壁を切れるか」という見出しを付けて報道していますね。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16HX7_W5A910C1TI1000/

JR北海道もJR東日本もその点を意識しているでしょうか?

10往復全てではなくても、一部を3時間59分で走らせるとか。

果たして航空機からどの程度の客を奪えるかですね。

東京都北区、豊島区や埼玉県に住んでいる人なら新幹線を選ぶかな?大宮停車が必要ですが。

あと、宇都宮停車には否定的なようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91545800Z00C15A9L60000/

2015091802

« まだ走っていた南武線の205系 | トップページ | 急行「はまなす」は函館-札幌間だけ残すことに意義があるか? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/62306859

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線、日本経済新聞は「4時間の壁を切れるか」というタイトルで:

« まだ走っていた南武線の205系 | トップページ | 急行「はまなす」は函館-札幌間だけ残すことに意義があるか? »