2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北海道新幹線、日本経済新聞は「4時間の壁を切れるか」というタイトルで | トップページ | 新浦安で485系彩を撮る »

急行「はまなす」は函館-札幌間だけ残すことに意義があるか?

北海道新幹線が来年の2016年3月26日に開業することになりました。

その一方でカシオペアとはまなすが廃止になります。

急行「はまなす」が廃止になれば、JRから完全に定期の急行がなくなるということです。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1509/11/news025.html

http://response.jp/article/2015/09/16/260169.html

http://mainichi.jp/select/news/20150906k0000e040120000c.html

青函連絡船が運航していた国鉄時代、函館発札幌行きの夜行急行「すずらん」に乗った思い出のあるものとしては、せめて函館-札幌間だけでも残してほしかったと思います。

札幌に早朝に着くことにも意義があるのではないでしょうか?

上りも札幌を深夜に出発し、朝一番の「はやぶさ」に接続させることに意義があるのではないでしょうか?

車両が老朽化しているというなら、183系か281系を使用すればいいのです。

札幌に早朝に着くニーズ、札幌を深夜に出発するニーズ、本当にないのでしょうか?

JR北海道にせよ、JR東日本にせよ、急行「はまなす」を区間短縮と別車両使用で存続させることを検討してほしいものです。

それとも、新函館北斗で夜行のJR北海道バスに接続させる形にするのでしょうか?JR北海道がそれをやらなければ、他のバス会社がやるかな?

« 北海道新幹線、日本経済新聞は「4時間の壁を切れるか」というタイトルで | トップページ | 新浦安で485系彩を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/62306950

この記事へのトラックバック一覧です: 急行「はまなす」は函館-札幌間だけ残すことに意義があるか?:

« 北海道新幹線、日本経済新聞は「4時間の壁を切れるか」というタイトルで | トップページ | 新浦安で485系彩を撮る »