2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 桑ノ原信号所停車中に特急「しなの」通過を撮る。これこそ、篠ノ井線の面白さの1つ! | トップページ | 篠ノ井線の列車を北松本に停めてはいけないの? »

篠ノ井線の最大の魅力は姨捨にあり?スイッチバックと車窓

「篠ノ井線の最大の魅力は姨捨にあり」

というべきでしょうか?

姨捨には、スイッチバックがあります。かつて篠ノ井線には4か所あったそうですが、今残っているのは、姨捨と桑ノ原信号所だけですね。写真は私の乗った松本行きが、長野行きと交換するところです。

2015081401
2015081402
そして、景色が素晴らしい!感動しました。日本3大車窓の一つなのですね。

2015081403
下界には住宅がたくさん見えます。何故、線路を犀川沿いに敷かなかったのだろう?と思いました。その理由は松本盆地と長野盆地との間が最近数十万年のあいだに激しく隆起・褶曲した結果、犀川が蛇行しつつ深い渓谷を形成して、とても線路を敷ける地形ではなかったそうですね。犀川沿いに住んでいる人は長野や松本に行く時は、殆どバスを利用しているのでしょうか?この駅の利用客ですが、1日平均2桁台だそうですね。

それにしても、この姨捨、機会があればまた来たいもの。その時は1時間以上は滞在して撮り鉄したいものです。

« 桑ノ原信号所停車中に特急「しなの」通過を撮る。これこそ、篠ノ井線の面白さの1つ! | トップページ | 篠ノ井線の列車を北松本に停めてはいけないの? »

鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篠ノ井線の最大の魅力は姨捨にあり?スイッチバックと車窓:

« 桑ノ原信号所停車中に特急「しなの」通過を撮る。これこそ、篠ノ井線の面白さの1つ! | トップページ | 篠ノ井線の列車を北松本に停めてはいけないの? »