2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 善光寺下駅の壁画 | トップページ | 蘇我で見られる光景(KD60からEF65へのバトンタッチ) »

薄暗き善光寺下駅

長野電鉄の長野-善光寺下間は1981年に地下化されました。それまでは、国鉄からの臨時列車も長野から乗り入れることもありましたね。

あれから34年の歳月が過ぎたのですね。

でも、善光寺下駅を見ると、それ以上の歳月が経っているようにも思えます。

柱も何か薄汚れていて、ホームもなんとなく薄暗さを感じさせます。

2015071704
写真は元東急の8500系。この電車は東急時代も地下区間の走行を経験しましたね。駅間が短いせいか、前駅の権堂到着前からゴーッという音が聴こえますね。

2015071705

« 善光寺下駅の壁画 | トップページ | 蘇我で見られる光景(KD60からEF65へのバトンタッチ) »

鉄道(2015年夏・長野行き帰り)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄暗き善光寺下駅:

« 善光寺下駅の壁画 | トップページ | 蘇我で見られる光景(KD60からEF65へのバトンタッチ) »