2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夕暮れ時の西船橋でEF210-12を撮る | トップページ | 京王電鉄が有料座席列車の導入検討へ!どんな形で出現? »

私立学校、予備校、学習塾、家庭教師派遣会社が、率先して少子化対策のために行動を!

子どもの数が34年連続で減っているのですね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150504-OYT1T50059.html

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H1K_U5A500C1CC1000/

http://mainichi.jp/select/news/m20150505k0000m040046000c.html

子ども達というのは、親や祖父母の世代の人達ができなかったことをできるようにする可能性を持っているのです。親や祖父母の世代の人達以上に立派な人間になれる可能性を持っているのです。

そういう可能性を持った人の数、すなわち子どもの数が減っていくのは問題ですね。

不倫で子どもを作る人もいますけど、結婚で子どもを作るのが基本ですよね。

そこで思うのは、

私立学校、予備校、学習塾、家庭教師派遣会社等の団体でお金を出し合って、結婚相談所・結婚紹介所を作るとか、合コン、集団お見合いパーティや集団婚活パーティを共催するとかしてみるのはいかがでしょうか?

あと、それぞれの組織内にいる独身の教師や職員などを紹介し合うのもいいですね。

卒業生の中で彼氏・彼女のいない人にも、「いつでも相談においで」という体制も必要ではないでしょうか?

子どもの数が減って来ると、影響を受けやすいのが私立学校、予備校、学習塾、家庭教師派遣会社等ですからね。

政治家や官僚をあてにせず、これらの団体が率先して、少子化対策のために行動を起こしてはどうだろうか?

そんな気もします。

« 夕暮れ時の西船橋でEF210-12を撮る | トップページ | 京王電鉄が有料座席列車の導入検討へ!どんな形で出現? »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夕暮れ時の西船橋でEF210-12を撮る | トップページ | 京王電鉄が有料座席列車の導入検討へ!どんな形で出現? »