2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スカスカライナー化したシティライナーに乗りました。 | トップページ | 新京成、まだ少数派だが、少しずつ増えていく新塗装車 »

津軽鉄道の「石炭クッキー」

先日、某所で開催された東北物産展で、「ごしょがわら ストーブ列車 石炭クッキーなるものを買いました。

袋にはまさに、あの津軽鉄道http://tsutetsu.com/ のストーブ列車の写真が刷り込まれていました。

一見、本物の石炭に見えます。でも食べてみれば、やはりクッキーの味です。そもそも本物の石炭なんか、食べられるわけがないですよね。

買った時、販売員の人から

「30円はストーブ列車の維持費に使わせていただきます」

と言われました。

そうですね。津軽鉄道のストーブ列車は、世界遺産とまではいかなくても、日本の文化遺産的な存在ですね。少しでも長く維持できればと思います。

私もストーブ列車に乗ったことがあります。その頃はストーブ列車料金なるものはありませんでした。でも今は運賃とは別に、400円の料金を払わねばなりませんね。

2014120901

だけど、こうやって頑張っている地方鉄道のことを思うと、当ブログとしては、改めて

私鉄総連の「育てよう笑顔をはこぶ公共交通」運動に賛成するとともに、子ども達から広場と青い空と夢を奪う高速道路無料化に反対します

あと、石炭クッキーやストーブ列車料金だけでなく、JR東日本や旅行会社と提携して、「ストーブ列車乗車ツアー」なるものも企画してほしいものですね。

まして津軽鉄道の金木はあの太宰治の生家の最寄り駅。文学好きな人を狙ったものも企画してはどうかと思いますね。

« スカスカライナー化したシティライナーに乗りました。 | トップページ | 新京成、まだ少数派だが、少しずつ増えていく新塗装車 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/60786734

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽鉄道の「石炭クッキー」:

« スカスカライナー化したシティライナーに乗りました。 | トップページ | 新京成、まだ少数派だが、少しずつ増えていく新塗装車 »