2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

185系、武蔵野線西船橋に現る

先日、JR西船橋の武蔵野線ホームで東京行き電車を待っている時、185系がやってくるのが見え、すかさずカメラを取り出し、撮影しました。

2014072106
2014072107
方角的に東京方面からやってきました。団体専用列車として、乗客を東京ディズニーランド最寄り駅の舞浜まで運んだのでしょうか?

停車中に205系の東京行きがやってきました。

2014072108
思えば185系も205系も1980年代に登場した車両。185系は国鉄時代に製造された電車。

JR東日本としては今後、1980年代の車両をどのように扱っていくのでしょうか?

モーニグライナー、八千代台到着で3400形と並ぶ

先日、八千代台でモーニングライナーの進入を撮りました。

2014072104


到着すると、3400形と並びました。

2014072105

モーニングライナーは3代目スカイライナーの車両。3400形は初代スカイライナーの足回りを流用した車両。

この両者の並びにも京成の歴史を感じます。

八千代台で撮ったおよそ40年違いの車両同士のすれ違い

先日、八千代台で3300形の回送電車の通過を撮りました。先頭は3301。つまり3300形のトップですね。

2014072101


この電車が八千代台を通過した後、3050形特急上野行きとすれ違いました。製造された年がおよそ40年違う車両同士のすれ違いですね。

2014072102


ちなみに3050形は3051編成でしたから、この形式のトップでした。

2014072103


それにしても京成も3300形をよくぞ40年以上持たせたものです。

八千代台で3700形特急と3600形快速特急のすれ違いを撮

先日、京成の八千代台で3700形特急成田空港行きと3600形快速特急西馬込行きのすれ違いを撮りました。

2014072001

私は八千代台駅のホームから望遠レンズを使って、このすれ違いを撮影しました。

3700形の特急成田空港行きが八千代台を発車し、3600形の快速特急西馬込行きとすれ違ったのです。

3700形も3600形も1編成を除いて、8両編成だから優等列車に運用されることが殆どですね。

1970年代の京成には、4両編成の優等列車もあったけど、それだけ沿線住民が増えたということでしょうか?

モーニングライナーがカーブを描いて船橋進入するところを撮る

先日、船橋で上りのモーニングライナーを撮りました。

2014071903


京成船橋付近はカーブが多いですね。

大神宮下方向から、カーブを描いて来るところを撮りました。

モーニングライナーは船橋には停まりません。

船橋はかつてはスカイライナーの停車駅でもありました。

でも、スカイライナーは成田スカイアクセス線経由となり、一日上下各1本のシティライナーが停まります。

そのシティライナー、一体いつまで走っていられるのでしょうか?

西船橋で武蔵野線209系を撮る

先日、西船橋で武蔵野線の209系を撮りました。

2014071902
武蔵野線は205系の方が多数派ですね。

でもE233系の波が押し寄せてくるのでしょうね。

今後のJR東日本の車両製造計画にもよるでしょうけど。

武蔵野線は1973年に開業しましたがその時は101系1000番台でした。103系だった時期もありました。

西船橋・武蔵野線ホームから東葉高速2000系を撮る

JR西船橋駅の武蔵野線の11番線12番線ホーム南船橋寄りからは、望遠レンズを使って、東葉高速鉄道方面から入って来る東京メトロの電車を撮ることができます。

先日、その写真を撮りました。ただ、正確に言うと、車両は東京メトロのものではなく、東葉高速の2000系ですが。

2014071901

武蔵野線のホームからは東京メトロや東葉高速鉄道だけでなく、JR総武線の電車も取ることができます。

もちろんここからは、12番線に電車が入っている時は撮れません。

下総中山で特急「新宿わかしお」を撮る

先日、下総中山で特急「新宿わかしお」を撮りました。

2014071501

内房線・外房線の特急は今は京葉線経由が主体。総武快速線経由で走るのは臨時の「新宿わかしお」「新宿さざなみ」しかありません。つまり東京発着はないのですね。

新宿発着の房総特急は休日のみしか走らなくても、まあまあニーズに応えているのかな?

JR東日本としても、新宿を始め、池袋方面や中央線沿線から房総へのニーズ発掘を考えてはどうでしょうか?

モーニングライナー、八千代台での2分間

下の写真は、モーニングライナーが八千代台に到着した直後です。

2014071401_2
ほぼ、同時到着の3700形の快速佐倉行と並びました。

先に発車するのは快速佐倉行です。

モーニングライナーは八千代台での乗車位置が限定され、駅員さんがライナー券のチェックをしなければならないので、2分程停車します。この日は30人程の乗車がありました。

そして、次の停車駅青砥に向けて発車しました。こういう写真が撮れたのは、2分間の停車のうちに移動できたからです。

2014071402

八千代市民は京成にとってはお得意様的存在。モーニングライナーは、そのお得意様のニーズに応えています。シティライナーは応えていません。

七尾線に観光列車。キハ48改造の特急。

JR西日本は7日、七尾線に観光列車を導入すると発表しました。

2015年10月に運転を開始し、金沢~和倉温泉間を特急列車として運行とのことです。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/07/page_5866.html

http://www.tetsudo.com/news/1108/

車両は新製ではありません。キハ48の改造だそうです。七尾線は電化されているのに、ディーゼル特急で運転するのですね。のと鉄道の穴水まで乗り入れることも視野に入れているのでしょうか?

北陸新幹線は2015年3月に金沢開業しますが、さすがにそれには間に合わないのですね。

だけど北陸本線ですが、金沢-津幡もJRから切り離されるのですね。七尾線もあるのだから、せめてこの区間はJR西日本でいてほしい気もします。

また、C58(金沢-七尾)、C11(七尾ー珠洲)牽引のふるさと列車「おくのと」号の記憶のあるものとしては、能登の観光振興のために、時にはSL牽引の列車も走らせてほしい気もします。

元小田急20000系RSE車、ついに富士急行でフジサン特急としてデビュー!

元小田急20000系RSE車が、ついに富士急行でフジサン特急としてデビューしたのですね。

http://www.asahi.com/articles/ASG7D5D41G7DUZOB015.html?ref=tetsudocom

小田急を引退する間近から、富士急行がこの車両を欲しがっているという話はありましたが、昨年、譲渡され、ついに営業運転をするに至りましたね。

富士急行では8000系という形式になったそうですね。

思えば、小田急時代は「あさぎり」号として富士山の近くを走っていました。

この車両は富士山とは縁の切れないものなのですね。

小田急時代は、座席が展望車であろうと、なかろうと、料金は変わりませんでしたが、フジサン特急となったら、展望車は100円高くなるのですね。

いずれにせよ、フジサン特急として活躍する元小田急20000系、現・富士急行8000系の活躍に期待したいものです。

写真は小田急時代のものです。新宿で撮ったものです。

2014071303

望遠レンズでモーニングライナーの八千代台進入を撮る

先日、京成の八千代台駅のホームから、望遠レンズを使ってモーニングライナー進入を撮りました。

これは八千代台1号踏切通過前です。

2014071301_2


こちらは1号踏切を通過して、八千代台駅上りホーム進入前です。

2014071302

八千代台や佐倉、成田では、有料特急に乗るチャンスは朝しかありません。

日中にも潜在ニーズはあるような気がしますが・・・・・・。

八千代台で3400形の快速西馬込行きを撮る

先日、八千代台で3400形の快速西馬込行きを撮りました。

2014071201_2

3400形は全編成が8両編成だから、殆ど優等列車に運用されますね。そして8両編成だから千葉線・千原線・金町線には入れませんね。

足回りは初代スカイライナーの流用品。

スカイライナー時代は京成線にもでしたが、3400形になってからは都営地下鉄浅草線や京浜急行線にも直通運転しますね。

八千代台で3500形非更新車と3028とのすれ違いを撮る

先日、八千代台で3500形非更新車と3028とのすれ違いを撮りました。

2014071003

今の京成で3500形非更新車が駅を通過する列車に運用されるとすれば、回送列車しかありませんね。

かたや3028は、8両編成なので、優等列車に運用されることが殆ど。

この時は特急上野行きに運用されていました。
2014071004

1年前はDE10。そして今、ハイブリッド機関車HD300

このDE10は1年前に八王子で撮ったものです。

2014071001_4

あれから1年後、八王子ではDE10に代わって、HD300が活躍しています。
2014071002_3
DE10は、国鉄時代から走っていたディーゼル機関車ですね。

HD300はそのDE10の後継機。JR貨物所有車ですね。ディーゼル機関車ではなく、ハイブリッド機関車ですね。

DE10は旅客列車も牽引したことがありますね。
かつて、北陸本線の直流区間と交流区間のつなぎとして米原-田村間は特急「日本海」「つるぎ」も牽引したこともありました。
特急あけぼのが陸羽東線経由だった時、小午田-新庄間を重連で牽引したこともありました。

でも、今のJRの状況を考えると、HD300が旅客列車を牽引するとすれば、団体専用列車とか、臨時列車くらいでしょうね。

八王子でブルーサンダーのEH200と桃太郎のEH210のすれ違いを撮る

先日、八王子でブルーサンダーのEH200と桃太郎のEH210のすれ違うところを撮りました。

2014070702

八王子でEF13,EF64がいた国鉄時代を記憶しているものとしては、どちらの機関車にも大きなパワーを感じますね。

EF64が重連で牽引しなければいけない貨物列車もブルーサンダーのEH200なら単機で可能なのですね。

こんなパワフルな機関車を製造できるなら、JR貨物はもっと攻めの経営をしてほしいもの。

トラックを使って運ぶ貨物をでブルーサンダーのEH200や桃太郎のEH210で牽引する貨物にシフトさせるような営業活動を行ってほしいもの。

さらに、新幹線開業後の並走するJR線を廃止にさせるのではなく、JR貨物が引き取ってほしいくらいに思えます。

地球環境のためにも、車偏重の交通政策を是正させるためにも、高速道路無料化を阻止するためにも。

ああ、快特西馬込行きは今日も3600だった

平日の朝のラッシュ時の京成本線には、都営浅草線直通快速特急西馬込行きが走ります。

休日も1本のみ走りますね。

だけど、休日の快速特急西馬込行きは3600形が運用されることが断然多いですね。

某月某日、八千代台で撮りましたが、この日も3600形でした。

2014070701
ああ、快特西馬込行きは今日も3600だった。

八王子でスカ色の115系を撮る

先日、八王子でスカ色の115系を撮りました。

2014070501_2


この車両も風前の灯ですね。

国鉄時代から長きにわたって、よくがんばってきました。

時には遜色急行の臨時「かいじ」「かわぐち」にも運用されたこともありましたね。

115系に限らず、国鉄時代に製造された車両がJR線で見られる日はあとどのくらいなのでしょうか?

<JR東日本>

えーっ、今度はE235系を製造するの?

埼京線もあっという間に205系が一掃され、いまはE233系の天下。

横浜線もオールE233系になるのも時間の問題ですね。

だけど、JR東日本それだけに留まりません。

今度はE235系を製造するのですね。

http://eetimes.jp/ee/articles/1407/02/news104.html

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/07/02/kiji/K20140702008489280.html

来年秋にまずは山手線に走らせるそうです。

何やらSiC(炭化ケイ素)を使用したパワー半導体なるものを搭載した車両となるそうです。

JR東日本も新型車両製造に結構、攻めの姿勢ですね。

山手線である程度の実績が出たら、中央線や京浜東北線などにも拡大するのでしょうね。

品川で157系を彷彿させる塗装の185系を撮る

先日、品川で157系を彷彿させる塗装の185系を撮りました。

2014070103


2014070104
こうやってみると、185系だとわかっていても157系が走っていた国鉄時代を思い出してしまいます。

かつては157系の特急「あまぎ」「白根」が走っていました。

あと、157系は準急「日光」「中禅寺」「なすの」、特急「ひびき」「そよかぜ」にも運用されましたね。

あと、特急「とき」にもピンチヒッター的に運用されたこともあったそうですね。

185系が特急「踊り子」として運転されるのも、そう長くはないと思います。

後継車はどんな車両になるのでしょうか?

<JR東日本>

八王子で特急「かいじ」を撮る(下りと上り)

先日、八王子で特急「かいじ」を撮りました。

こちらは下り甲府行き。

2014070101



こちらは上り新宿行き。

2014070102



「かいじ」といえば、かつては急行でした。165系で運転されていましたね。

165系急行時代の「かいじ」は新宿-大月間は富士急行直通の「かわぐち」号を併結していました。

今の特急かいじは単独運転ですね。

<JR東日本>

2014年6月のアクセス件数ベスト5

2014年6月の当ブログの記事へのアクセス件数ベスト5を発表します。

1 東武野田線における急行運転計画
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-cc29.html

2 京成津田沼で3編成を同時撮影。人にも電車にも歴史あり
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-b8e2.html

3 休日の快速特急西馬込行きは3600形専用?
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-21c5.html

4 成田エクスプレス、河口湖延長運転!外国人観光客に、世界遺産登録の富士山を見てもらうためにも。
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-ef0d.html

5 秩父鉄道と他社のお古
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-3c50.html

4ヶ月連続、上位5件は鉄道関連の記事で独占されました。その5件は東武と京成のみでした。

他に鉄道以外の記事として、

12位にРусский и румынский паб(ロシアルーマニアパブ)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-5db6.html

22位に
故・武原英子さんと鉄道と昭和初期の娘の身売り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2537.html

23位に
親の因果が子に報いることを示唆した警鐘?(花田家の例)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2fa5.html

が入りました。

いつもの  やぶきた煎茶
お茶処牧之原で丹精込めて栽培し、製茶しました。静岡茶を代表する、イコール日本茶を代表する品種やぶきたならではの深い味わいを、ご満喫ください。環境にやさしい、農園の茶屋・小栗農園が自社加工した「純正エコティーバック」でお届けします。
1,050円

【静岡・本山地区】「こだわり煎茶霧山河浅蒸し仕立て」100g
静岡県西北部の天竜川上流域の山間で小型機械を駆使して作られた、昔ながらの煎茶です。淹れるのが簡単な「深蒸し」が主流となっていますが、お湯の量や温度、浸出時間を調節(加減)しながら楽しむ「浅蒸し」のお茶はいかがでしょうか。本製品は、長野県との県境に程近い、静岡県西北部の山間の茶園のお茶です。「奥天竜」と呼ばれるように、天竜川の上流域の、本当に山深いところです。茶畑は、急な傾斜地にあり、最も急なところで、45度以上にもなります。スキーヤーもびっくりです。しただって、大型の機械が入ることは物理的に不可能なので、昔ながらの「手摘み」で丁寧に摘み取られます。摘んだ生葉は、茶畑の近くの小さな工場(こうば)で、昔ながらの小型機械を駆使して作られます。「深蒸し」に慣れた方にとっては、「薄い」「出ない」といった印象を持たれるかもしれませんが、やや多い目の茶葉を使い、お湯は少ない目にして、いつもより少し時間を掛けて淹れてみていただきますと、ツンと強い香り(これが「山のお茶」の特徴です)と甘みと旨味と軽い渋味が融合した、これぞ日本茶とも言うべき、香りと味のハーモニーを感じられることでしょう。
1,470円

農家の作った【べにふうき】粉末緑茶40g詰
自社茶園で栽培した100%宮崎産のべにふうきです!あの辛?い春先のムズムズに!メチル化カテキンパワーですっきり爽やか!
1,050円

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »