2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

八千代市で見かけた「鳥の詩」光景

1981年に杉田かおるさんが、「鳥の詩」とかいう曲を歌っていましたが、その歌を思い出してしまう光景を八千代市のとある公園で見かけました。

2014062901

近付くと逃げてしまうので、遠くから撮りました。

ここらへんは、小鳥たちのえさになる虫が多いのかな?

JR横浜線の205系に乗車。これが最後かなあ・・・・・・。

JR横浜線の205系もあっという間に少数派になってしまいましたね。

E233系がどんどん入ってきますね。

先日、その少数派になった205系に乗りました。

これは東神奈川で撮ったもの。

2014062004
これは八王子で撮ったものです。

2014062005
205系も風前の灯ですね。

私にとっては、横浜線の205系に乗るのはこれが最後かもしれませんね。

JR東日本としては、どのような計画で205系をE255に置き換えていくのでしょうか?

鎌倉を発車したカラフル江ノ電を撮る

先日、鎌倉に行く用事がありました。

江ノ電に乗る機会はなかったのですが、江ノ電を撮る機会はありました。

2枚の写真はいずれも鎌倉を発車した藤沢行きです。

2014062002


2014062003


江ノ電も、カラフルになりましたね。

浅草→新栃木間に臨時特急きりふり269号

東武日光線は、6,7,8月と浅草→新栃木間に臨時特急きりふり269号を運転していますね。

2014062001

「きりふり」とは日光の霧降高原から取ったもの。でも、日光の近くまで行かないのに、「きりふり」を名乗らせるのですね。新栃木どころか、南栗橋や春日部止まりの列車にも「きりふり」を名乗らせていますね。

「けごん」もそうですね。華厳の滝にちなんだ列車名だけど、新栃木や春日部止まりの列車にも「けごん」を名乗らせているのですね。

南武線の205系はいつまで?

これは川崎駅で撮った南武線205系です。

2014061502_2
私には南武線については、茶色の国電が走っていた頃からの記憶があります。

茶色の国電72系は1977年まで走っていたと思います。

1972年に放映されたテレビドラマ「大いなる旅路」では、梓英子さんが戦時中の女車掌役を演じましたが、その時、南武線で撮影したと思われる場面がありました。

その後南武線は101系、103系を経て205系が走るようになりました。209系も走っていますね。

埼京線の205系もあっという間にE233系に置き換えられました。

横浜線の205系も風前の灯。

南武線の205系はいつまで走っていられるのでしょうか?

今後のJR東日本の車両製造計画に左右されるでしょうね。

武蔵小杉でJRと東急との同時撮影

武蔵小杉はJRと東急東横線との乗換駅。

南武線と東横線の電車は、タイミングが合えば、同時に撮れますね。

先日、雨の降ったある日にこんな写真が撮れました。

2014061501

東急東横線といっても、車両は東京メトロのものですが。

他社線と同時に撮りたい人は、武蔵小杉はお勧めですね。

吉祥寺で同色の並びを撮る(黄緑同士と白同士)

京王帝都の井の頭線は、車体の前面がカラフルなところが面白さの一つですね。

でも、同じ色の車両が並ぶこともあります。

先日、同色の並びを撮りました。

まずは黄緑。

2014061401


そして白。

2014061402


この時、吉祥寺で写真を撮っていた時間は10分から20分の範囲内だった記憶があります。

僅かな時間で2回、同色並びを撮れるとは思いませんでした。たまたまこの日はそういう車両運動だったのでしょうね。

東武東上線は100周年、東武ストアは55周年

先日、東武野田線の逆井に行く用事がありました。

その逆井駅前には東武ストアがありますが、そこに立ち寄った時、一つのポスターに目が止まりました。

2014061303_2


今年は東武東上線は100周年であり、東武ストアは55周年なのですね。

東武東上線については、吊掛け音の唸る7000系時代からの記憶もあります。この電車で運用された急行や準急にも乗ったことがあります。

ロングシートの特急「みつみね」「ながとろ」「さだみね」にも乗った記憶があります。

秩父鉄道のパレオエクスプレスの撮影に行く時に、東武東上線を使ったこともあります。

そして、東上ライナーにも乗ったことがあります。

今の東上線には東京メトロの車両も走りますね。時代は変わったものです。

永福町でかろうじて3色(白、ピンク、オレンジ)を撮る

久しぶりに京王帝都電鉄の話題です。

先日、井の頭線に乗りました。

永福町は唯一、追い抜きのできる駅ですね。

その永福町で、3編成、それも色違いをかろうじて撮ることができました。

2014061301_2


オレンジ色の各駅停車渋谷行きはわずかに映っている程度です。

井の頭線はカラフルなところが魅力の一つでもありますね。3000系時代からの伝統ですね。

そこで、2008年に撮った写真も掲載します。あの3000系が走っていた時代です。

2014061302

津田沼で新しいシンボルマーク入りの8800形を撮る

新京成はシンボルマークを新しくしました。

英語のSの字を横に寝かせたようなものですが、カーブの多い特徴をも表すものだそうです。

先日、京成津田沼でこの新しいシンボルマーク入りの車両を撮りました。8800形でした。

2014061201_2

まだ全編成ではありませんが、徐々に増やしていくのでしょう。

津田沼で撮った3300形と3700形

京成史上の名車でもある旧赤電の3300形ですが、まだ撮ることができました。

撮った場所は津田沼です。

2014061004


瞬間的に3700形の快速西馬込行きと並ぶところも撮りました。

2014061005

3700形は一部を除き、主に優等列車に運用されますね。都営地下鉄浅草線や京浜急行にも直通することもあります。

3300形もかつてはそのような時期もありました。

時の流れとともに、電車も変わっていきますね。

八千代台で3050形の特急上野行きを撮る

3050形は主に成田スカイアクセスで活躍しますが、時折京成本線での運用に入ることもありますね。

先日、八千代台で3050形の特急上野行きを撮りました。

3053編成でした。

2014061003


成田スカイアクセスのアクセス特急も3050形以外の車両が使われることもありますね。

あまり車両運用を固定せず、臨機応変に運用させるのが、京成の方針なのでしょうか?

成田エクスプレス、河口湖延長運転!外国人観光客に、世界遺産登録の富士山を見てもらうためにも。

いやぁ、驚きました。

あの成田エクスプレスが富士急行に直通運転するのですね。

http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20140609/20140609_info_01.pdf

165系急行「かわぐち」号が廃止されて以来、JRから富士急行に直通運転する優等列車はありませんでした。

現在の特急「あずさ」「かいじ」に使用されているE257系も未だに入線していませんね。

なのに、成田エクスプレスに使用されているE259系が富士急に入るのですね。

ただ、これは定期運転ではありません。

7月26日から9月29日までの土曜休日のみです。
でも、画期的なことですね。
これを機に、JR東日本に対しても、来日した外国人観光客を空港から直接日本が誇る観光地に運ぶ臨時列車の運転を検討してほしいものです。
例えば、日光、鬼怒川、草津、伊豆とか。
写真は1年前に千葉で撮ったものです。
2014061002

モーニングライナー、陽の光を浴びながら八千代台を発車(実籾6号踏切にて)

先日、京成の八千代台駅近くの実籾6号踏切でモーニングライナーを撮りました。

2014061001


この踏切での下り線側で撮るのは、逆光になるので、敬遠していたのですが、季節のせいか、太陽の高度も高くなったこともあって、さほど逆光にならないようなので、撮ってみたのです。

この日もモーニグライナーは八千代台で30-40人前後の乗客を乗せたのでしょうか?

モーニングライナーは沿線住民のニーズに応えていると思います。

福島千里選手、4年連続2冠おめでとう!

陸上競技の短距離走の福島千里選手は、福島県の人ではありません。

福島で行われた陸上競技日本選手権の女子200m走と100m走で、福島県の人ではない福島千里選手が優勝しました。

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20140607-1313405.html

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/544085.html

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20140608-1314617.html

福島選手は何と、4連連続2冠なのですね。

福島千里選手、4連連続2冠おめでとう!

何やら、右足種子骨の疲労骨折やら、右足太ももの違和感やらで大丈夫かな?と思えたのですが、それでも優勝できたのですね。

さすがですね。

負傷して練習も不十分だったと思うのですが、それでも福島選手が優勝できたということは、これまでの練習の蓄積というか、賜物というか、こういったものの成果でしょうか?怪我さえなければ、新記録も可能だったでしょうか?

まさか他の選手が、福島選手が負傷していたゆえに油断していた、ということはないと思いますが。

2位の市川華菜選手(200m)や土井杏南選手(100m)を始め他の選手も、怪我で練習不十分だった福島選手に勝てなかったということで、自身の練習の量・質を再検討するなり、福島選手から学ぶべきことがあるのかを考えて実行するなり必要もあるのかもしれませんね。

そうすれば、日本の女子短距離走界のレベルアップにも繋がるように思えます。

日本ではトップクラスの福島千里選手でさえも、外国の選手と比べると、まだまだですしね。まだまだ改善の余地はあると思います。

休日の快速特急西馬込行きは3600形専用?

京成本線から都営地下鉄浅草線に直通する上り快速特急西馬込行きは、平日の通勤時間帯にバンバン走りますね。船橋でJRに乗り換えてしまう人も多いけど。

それ以外の時間帯はないと思いきや、休日も1本走ります。

だけど、休日の快速特急はまるで3600形専用と思える程、3600形が充当されていますね。

これは八千代台で撮ったものです。

2014061506yachiyo

2014061507yachiyo

これは津田沼で撮ったものです。

2014061507tsudanuma


2014061508tsudanuma_2

例外もあります。これは4月に八千代台で撮ったもの。この日は3700形でした。

2014061508yachiyo

だけどこの運用に3600形を充てるのが原則になっているような状態には、何か理由があるのでしょうか?

室伏広治選手、20連覇おめでとう!

福島で行われた陸上競技日本選手権のハンマー投げで、

室伏広治選手が何と、20連覇を達成したのですね。

http://www.asahi.com/articles/ASG67444NG67UTQP01C.html

http://topics.jp.msn.com/sports/general/article.aspx?articleid=4662761

いやぁ、素晴らしいというか、すごいというか。

室伏選手、優勝+20連覇おめでとう!

室伏選手の偉業、栄誉を大いに称えたい一方で、こんな見方もできますね。

室伏選手が20連覇を達成した=日本のハンマー投げの世界では、20年間も室伏選手を脅かす程の選手が現れていない、つまり日本のハンマー投げ界は停滞しているのでは?

室伏選手には可能な限り頑張ってほしいけど、そろそろ打倒・室伏を掲げる選手も現れてほしいものです。

東武野田線における急行運転計画

先日、春日部で東武野田線の電車を撮りました。

2014061504

2014061505

何やら東武野田線では急行運転を計画しているそうですね。2016年に。とはいっても、全線ではなく、大宮-春日部間のみなのですね。

停車駅は岩槻だけでしょうか?それともあと1つか2つあるのでしょうか?岩槻で緩急接続のダイヤにするのでしょうか?

春日部-柏間や柏ー船橋間は非現実的でしょうか?

需要も見込めないかな?単線区間もありますしね。

船橋口なら、船橋-新鎌ヶ谷ノンストップで、新鎌ヶ谷以北各駅停車という優等列車はどうでしょうか?六実で緩急接続を取る形で。

特急「きりふり」、春日部で東京メトロ03系とスペーシアと

先日、春日部で特急「きりふり」を撮りましたが、到着から発車までの3風景をご覧ください。

↓↓↓

到着時には、東京メトロ03系と出会いました。

2014061501
東京メトロ車は先に春日部を発車してしまいました。

2014061502
特急「きりふり」が春日部を出る時、スペーシアが入ってきました。

2014061503
東武スカイツリーラインでは多様な車両を撮れるところが面白いですね。

京成津田沼で3編成を同時撮影。人にも電車にも歴史あり

先日、京成津田沼で3編成を同時に撮りました。

左から3600形8両編成の快速西馬込行き、3500形非更新車4両編成、3600形2×3の6両編成です。

2014060502


3500形は1970年代の京成を象徴する電車。

3600形は1980年代の京成を象徴する電車。

かつて、某民放で「人に歴史あり」とかいう番組を放映していましたが、この光景を見ると「電車にも歴史あり」を感じさせます。

乗った電車から高柳に停車中の60000系を撮る

最近、東武野田線に乗る機会がちょくちょくあります。

某月某日も乗りました。

東武野田線は、船柏線と大柏線とに分かれているような運転形態ですね。大多数の電車が柏で折り返します。

単線区間もありますね。船柏区間では、六実-逆井が単線です。

写真はその単線区間の中間駅、乗った電車が高柳進入時に撮ったものです。船橋行の60000系です。

2014060501


60000系もいずれは野田線内の与党第一党的な存在になるのでしょうね。
60000系が引退する頃には、私は既に、この世の人間を引退しているかも。

野田線の「コバトン&チーバくんラッピングトレイン」は2015年3月31日まで運転。ということは、その後北館林行き?

東武野田線には今、「コバトン&チーバくんラッピングトレイン」なるものが走っています。

2014060301

埼玉県のマスコット「コバトン」と千葉県のマスコット「チーバくん」の絵が描かれている8000系電車です。

これは2015年3月31日まで運転されるそうです。

ということは、この電車はその日をもって引退ということでしょうか?

2015年4月以降、北館林で解体されるということでしょうか?

だけど、8000系は東武史上の名車です。

JR貨物の社会的な存在意義

先日西船橋でEF210桃太郎牽引の貨物を撮りました。

2014060201


この機関車はJR東日本のものではなく、JR貨物のものですね。

もし、寝台特急が廃止されていなかったら、この機関車は寝台特急も牽引したでしょうか?

ところで新幹線が開業すると、並走する在来線はJRの手から離れ、第三セクターに移管され、運賃も割高になりますね。

JR貨物が引き取って、旅客列車はJR貨物所有にするか、旅客会社の車両が貨物の線路を借りて走るという形はダメなのでしょうか?

高速道路の無料化は誤りです。そんなものに税金を投入するよりは、福祉なり教育なりにお金を回すべきです。

車偏重の交通政策も誤りです。自動車輸送や鉄道輸送、船や飛行機による輸送のの利点を活かした総合的な交通政策を行うべきなのです。

そのためにもJR貨物の社会的な存在意義も重要ではないかと考えます。

当ブログは、子どもたちから広場と青い空と夢を奪う高速道路無料化に反対します。

西船橋で「新宿さざなみ」を撮る

今、平日に外房線や内房線に直通する特急を総武快速線上で見ることはできません。

でも、休日はあります。ただ、東京発着ではなく、新宿発着ですね。

それは「新宿さざなみ」と「新宿わかしお」

写真の電車は「新宿さざなみ」。西船橋で撮りました。

2014060106

猛然とした勢いで走って来るところを撮りました。

京葉線を走る「わかしお」も「さざなみ」も今一つ。JR東日本も「新宿さざなみ」の活性化、乗客増策を考えるべきでしょうか?

西船橋でニューなのはなを撮る

先日、西船橋でニューなのはなを撮りました。

2014060105


武蔵野線の下をくぐって出てきたところを撮りました。

団体客を輸送していたのだと思います。

定期列車のダイヤを崩さぬように、合間を縫って走らせなければいけないけど、JR東日本にとっては、団体専用列車の利用客もお得意様ですね。

JR東日本千葉支社は、ニューなのはなを利用していただくために、日頃、どのような営業活動をしているのでしょうか?

羽生と特急「りょうもう」

写真は羽生を通過する下りの特急「りょうもう」です。

2014060104


でも、羽生は全特急が通過するわけではありません。

一部は停車します。

かつては浅草→館林(上りは館林→北千住)ノンストップが当たり前的だった「りょうもう」号。
今は北千住も東武動物公園も全ての「りょうもう」が停車します。

羽生に停まる便も増えました。一部ながら、久喜も停車駅に加わりました。さらにとうきょうスカイツリーも加わりました。

また、かつては定期券での乗車はダメでしたが、今は可能です。

東武もいろいろと利用客のニーズに応えられるように工夫してきましたね。

大久保の江戸家餃子

新宿区の大久保ではありません。

先日、東邦大学http://www.toho-u.ac.jp/ と日本大学生産工学部http://www.cit.nihon-u.ac.jp/ のある街、習志野市の大久保に行く用事があるました。

そのついでに、「江戸家餃子」という店で餃子を買いました。

10個300円ですが、私は20個600円のを買いました。

どうも、注文を受けてから焼くようで、10分程待たされました。

でも、まあ手頃な値段だしい、いいのではないでしょうか?
2014060103

秩父鉄道と他社のお古

1ヶ月ほど前になりますが、羽生で秩父鉄道の電車を東武のホームから撮りました。

こちらは元東急8090系の7800車ですね。

2014060101

こちらは元都営地下鉄6000系の5000系ですね。

2014060102

秩父鉄道には、かつての西武の101系も走っています。

小田急1800系のお古(800系)も走ったことがありました。

国鉄/JRの101系、165系のお古(1000系、3000系)も走ったことがあります。

また何年かの歳月が過ぎれば、どこの私鉄のお古が入るでしょうか?それともJRのどの形式のお古が走るようになるかな?

他社のお古車両が走るところも、秩父鉄道の魅力ではないでしょうか?

2014年5月のアクセス件数ベスト5

2014年5月の当ブログの記事へのアクセス件数ベスト5を発表します。

1 北館林解体所は、東武の車両だけを解体する所にあらず。東京メトロの車両・01系も解体
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-471d.html

2 折り返し運用前に水洗いされた?10000系
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-c7d0.html

3 まだまだ特急に運用される3500形
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-fb57.html

4 また撮れた元赤電の3300形
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-081c.html

5 昔の東武伊勢崎線(館林の「なんでも掲示板」)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-2917.html

3ヶ月連続、上位5件は鉄道関連の記事で独占されました。その5件は東武と京成のみでした。

他に鉄道以外の記事として、

7位に
Русский и румынский паб(ロシアルーマニアパブ)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-5db6.html

13位に
故・武原英子さんと鉄道と昭和初期の娘の身売り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2537.html

17位に
親の因果が子に報いることを示唆した警鐘?(花田家の例)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2fa5.html

22位に
史上最低のバカ男ですね、コンドームを女性に投げつけた今井康貴という奴は。
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d44f.htm

が入りました。

いつもの  やぶきた煎茶
お茶処牧之原で丹精込めて栽培し、製茶しました。静岡茶を代表する、イコール日本茶を代表する品種やぶきたならではの深い味わいを、ご満喫ください。環境にやさしい、農園の茶屋・小栗農園が自社加工した「純正エコティーバック」でお届けします。
1,050円

【静岡・本山地区】「こだわり煎茶霧山河浅蒸し仕立て」100g
静岡県西北部の天竜川上流域の山間で小型機械を駆使して作られた、昔ながらの煎茶です。淹れるのが簡単な「深蒸し」が主流となっていますが、お湯の量や温度、浸出時間を調節(加減)しながら楽しむ「浅蒸し」のお茶はいかがでしょうか。本製品は、長野県との県境に程近い、静岡県西北部の山間の茶園のお茶です。「奥天竜」と呼ばれるように、天竜川の上流域の、本当に山深いところです。茶畑は、急な傾斜地にあり、最も急なところで、45度以上にもなります。スキーヤーもびっくりです。しただって、大型の機械が入ることは物理的に不可能なので、昔ながらの「手摘み」で丁寧に摘み取られます。摘んだ生葉は、茶畑の近くの小さな工場(こうば)で、昔ながらの小型機械を駆使して作られます。「深蒸し」に慣れた方にとっては、「薄い」「出ない」といった印象を持たれるかもしれませんが、やや多い目の茶葉を使い、お湯は少ない目にして、いつもより少し時間を掛けて淹れてみていただきますと、ツンと強い香り(これが「山のお茶」の特徴です)と甘みと旨味と軽い渋味が融合した、これぞ日本茶とも言うべき、香りと味のハーモニーを感じられることでしょう。
1,470円

農家の作った【べにふうき】粉末緑茶40g詰
自社茶園で栽培した100%宮崎産のべにふうきです!あの辛?い春先のムズムズに!メチル化カテキンパワーですっきり爽やか!
1,050円

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »