2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

ASKAが覚せい剤!まさに裏切り行為!

岡村孝子さんはヤマハのポプコン出身です。

石川優子さんもヤマハのポプコン出身です。

中島みゆきさんもヤマハのポプコン出身です。

辛島美登里さんもヤマハのポプコン出身です。

下成佐登子さんもヤマハのポプコン出身です。

八神純子さんもヤマハのポプコン出身です。

谷山浩子さんもヤマハのポプコン出身です。

伊藤敏博さんもヤマハのポプコン出身です。

そして、チャゲ&飛鳥もヤマハのポプコン出身です。

そのチャゲ&飛鳥のASKAが、何と覚せい剤をやっていたのですね。驚きましたね。

かつてのポプコン出身者のみなさんも、驚いたり、がっかりしたり、ショックだったりしたのでは?

石川優子さんの場合、「ふたりの愛ランド」でチャゲさんとデュエットしましたけど、そのデュエットした相手の通常の相方がシャブをやったとあっては、かなりショックだったのでは?

覚せい剤はいけません。

単に法律で禁じられているだけでなく、自分自身もダメにしてしまうのです。

覚せい剤はいけません。覚せい剤はいけません。

ASKAはファンや関係者、そして自身の家族を著しく裏切ったのです。

http://www.news-postseven.com/archives/20140529_258481.html

http://biz-journal.jp/2014/05/post_4988.html

千葉に旧あさま色の189系現る。あの懐かしの「あさま」も一時的に表示。

先日、千葉で旧あさま色の189系を撮りました。

2014052101_3

一時的にはあの「あさま」も表示しました。

2014052102

長野新幹線開通前は、上野-長野・直江津間を結ぶ特急「あさま」として活躍していましたね。

最終的には「団体」を表示しました。

2014052103

つまりこの電車は団体専用列車として千葉まで来たのでしょう。

それにしても、一時的ながら「あさま」を表示した時には懐かしくなりましたね。

津田沼で3500形非更新車の回送列車通過を撮る

先日、京成津田沼で3500形非更新車の回送列車の通過を撮りました。

2014051803

一瞬ながら、3500形の更新車と並びました。更新車の方は各駅停車ちはら台行きです。

2014051804_keisei3500

京成初の冷房付通勤車の3500形ですが、非更新車はいつまで走っていられるのでしょうか?

乗客を乗せて走る時は、地上専用・各駅停車専用車になっていますね。

かつては特急・急行に運用されたこともありました。

都営地下鉄浅草線への直通運転をしていた時期もありました。

3500形も京成史上の名車だと思います。

新浦安では白いハンバーグが食べられる

白いハンバーグ?そんなのあるの?

あるのです。新浦安にあるのです。

JR新浦安駅前のショッパーズの1階のフードコートにある「石焼 Humberg Kids」というお店です。

2014051801

2014051802

白いハンバーグと言っても、肉が白いのではありません。

ハーンバーグにかかっているソースが白いのです。

ではどんなソースなのか?

大根おろしとゆずがかかっているのです。

一度賞味してみる価値はあると思います。

など、出来立てのハンバーグを提供され、ハンバーグのプレートがとても熱いので、やけどしないように十分ご注意ください。ジュウジュウ音を立てています。

小さな子どもを連れている人には不向きです。

3種類の金麦の3人の美人女優(檀れいさん・戸田恵梨香さん・北川景子さん)

サントリーの金麦って、3種類あるのですね。

まずは何と言っても

檀れいさんがコマーシャルが出ている「金麦」

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/

戸田恵梨香さんがコマーシャルに出ている「金麦<糖質70%オフ>

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugioff/index.html

北川景子さんが出ている「金麦クリアラベル」

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugiclear/index.html

何故「金麦」と名の付いたものを3種類出したのでしょうか?

この3つの共通点は何でしょうか?

この3つのそれぞれの独自性は何でしょうか?

それにしても3人の女優さん、美人ですね。

あなたのお好みのタイプはどなたですか?

檀れいさん?戸田恵梨香さん?北川景子さん?

外見だけで判断すると、私は檀れいさんかな?

ただ、檀れいさん、撮影現場のスタッフからの評判が良くないとか週刊誌に書かれたことがあるけど、実態はどうなのかな?

津田沼で、芝山鉄道リース車の3500形を撮る

先日、京成津田沼で、芝山鉄道リース車の3500形を撮りました。

2014051301

2014051302

広告収入も得ているのでしょうか?

この津田沼にいるということは、芝山鉄道専用車として運用されず、京成車と共通運用ということでしょうか?

3600形が芝山鉄道にリースされていたころも、殆ど自社を走ることがありませんでしたが、この3500形もあまり自社を走らせてもらえないのでしょうか?

芝山鉄道は4両でも輸送力過剰ですね。

AE100形を2両編成に改造して、それを芝山鉄道専用車にするのはどうか?とも思います。

美人ランナー(土井杏南選手、北風沙織選手、市川華菜選手、渡辺真弓選手、藤森安奈選手)の活躍に期待したい

久しぶりに陸上競技の話題で記事を書きます。

今年はリレーの世界選手権が行われるのですね。

今月24日から2日間、バハマで開催されるのです。

そして日本の女子代表に

土井杏南選手

北風沙織選手

市川華菜選手

渡辺真弓選手

そして補欠として

藤森安奈選手

が選ばれました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140512/k10014397051000.html

http://mainichi.jp/sports/news/m20140513k0000m050029000c.html

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20140512-1299960.html

どの選手も美人ですよね。

みなさんはどの選手がお好みのタイプですか?

私は市川華菜選手かなぁ?北風沙織選手かなぁ?うーん、甲乙つけがたし・・・・・。

だけど、リレーの選手である以上、速く走れないといけませんが、この5人の美人ランナーの活躍に期待したいですね。

特にベテランの渡辺真弓選手は、若いランナーの手本になってほしいものです。

そして、リレーの世界選手権だけでなく、これから出場する競技会での活躍も期待したいですね。

当ブログは

土井杏南選手、北風沙織選手、市川華菜選手、渡辺真弓選手、藤森安奈選手を応援します!

土井杏南選手、北風沙織選手、市川華菜選手、渡辺真弓選手、藤森安奈選手の活躍に期待します!

 

いつもの  やぶきた煎茶
お茶処牧之原で丹精込めて栽培し、製茶しました。静岡茶を代表する、イコール日本茶を代表する品種やぶきたならではの深い味わいを、ご満喫ください。環境にやさしい、農園の茶屋・小栗農園が自社加工した「純正エコティーバック」でお届けします。
1,050円

【静岡・本山地区】「こだわり煎茶霧山河浅蒸し仕立て」100g
静岡県西北部の天竜川上流域の山間で小型機械を駆使して作られた、昔ながらの煎茶です。淹れるのが簡単な「深蒸し」が主流となっていますが、お湯の量や温度、浸出時間を調節(加減)しながら楽しむ「浅蒸し」のお茶はいかがでしょうか。本製品は、長野県との県境に程近い、静岡県西北部の山間の茶園のお茶です。「奥天竜」と呼ばれるように、天竜川の上流域の、本当に山深いところです。茶畑は、急な傾斜地にあり、最も急なところで、45度以上にもなります。スキーヤーもびっくりです。しただって、大型の機械が入ることは物理的に不可能なので、昔ながらの「手摘み」で丁寧に摘み取られます。摘んだ生葉は、茶畑の近くの小さな工場(こうば)で、昔ながらの小型機械を駆使して作られます。「深蒸し」に慣れた方にとっては、「薄い」「出ない」といった印象を持たれるかもしれませんが、やや多い目の茶葉を使い、お湯は少ない目にして、いつもより少し時間を掛けて淹れてみていただきますと、ツンと強い香り(これが「山のお茶」の特徴です)と甘みと旨味と軽い渋味が融合した、これぞ日本茶とも言うべき、香りと味のハーモニーを感じられることでしょう。
1,470円

農家の作った【べにふうき】粉末緑茶40g詰
自社茶園で栽培した100%宮崎産のべにふうきです!あの辛?い春先のムズムズに!メチル化カテキンパワーですっきり爽やか!
1,050円

館林では揃って並ばず。上下の特急「りょうもう」

特急「りょうもう」は館林で乗務員さんが交替するのですね。

館林以北は単線なので、下りの特急「りょうもう17号」の場合、上りの特急「りょうもう24号」が到着しないと発車できません。

それで上りの「りょうもう」が到着しても、揃って停車してくれません。

2014051106

揃ったところを撮りたかったら、下りが発車した数秒後にシャッターを押すことですね。ほんの一瞬です。

2014051107

食べたからと言って、大金持ちになれるわけではないけど、一度は食べてみたい佐野の「大金」のラーメン

栃木県佐野市といえば、厄除け大師とラーメンが挙げられますね。

佐野厄除け大師から秋山川を渡り、15分程歩いたところに「大金」というラーメン屋さんがあります。

2014051102

比較的人気があるようです。
開店7分前から並んでいる時、「この店はいつも混んでいるわね」と言う噂話をしている人の声が聴こえました。
車で来る人も少なくないようで、駐車場もあります。

ビールを注文したら、もやしも付いてきました。

2014051103

ラーメンですが、さっぱりして美味しかったです。麺の舌触りもよかったですね。

2014051104

そして今回限りなのかもしれませんが、おまけにデザートとしてキャラメルプリンなるものを出されました。

2014051105

この店の店主さんですが、威勢のいい人でしたね。たぶん苗字が「たいきん」ではなく「おおがね」という人なのでしょうけど。

そういえば、佐野の同じ栃木県で、烏山線に「大金(おおがね)」という駅もありますね。

この店には機会があれば、また来てみたいと思います。

*****

佐野に行こう! 

厄を払って 

ラーメン食べる 

ラメンタブルな気分も 

お払いだ!

佐野ラーメン煎
佐野と言えば、「佐野らーめん」!さっぱり醤油味の青竹踏みのちぢれ麺が美味しいんですよ。そのラーメンスープをうるち米の味を損ねないように試行錯誤で完成した当店人気の煎餅です。この味を作り出すのに1年もかかりました。食べると後を引く今までにない美味しさです。
525円
佐野ラーメン煎詰合(中箱)
佐野と言えば、「佐野らーめん」!さっぱり醤油味の青竹踏みのちぢれ麺が美味しいんですよ。そのラーメンスープをうるち米の味を損ねないように試行錯誤で完成した当店人気の煎餅です。
1,507円

佐野厄除け大師の麗水観音から考えること

栃木県佐野市といえば、厄除け大師とラーメンが挙げられますね。

4月下旬に佐野厄除け大師に行ってきました。

つつじもきれいに咲いていました。

麗水観音は一度盗難に遭いましたが、無事に戻ってきましたね。

 

まさに奇跡の観音です。

 

この麗水観音にあやかって、今、日本が失ったものを取り戻せることができるといいですね。

 

とりわけ東日本大震災で大きな被害を被った人には。

2014051101

*****

佐野に行こう!

 

厄を払って

 

ラーメン食べる

 

ラメンタブルな気分も

 

お払いだ!

佐野ラーメン煎
佐野と言えば、「佐野らーめん」!さっぱり醤油味の青竹踏みのちぢれ麺が美味しいんですよ。そのラーメンスープをうるち米の味を損ねないように試行錯誤で完成した当店人気の煎餅です。この味を作り出すのに1年もかかりました。食べると後を引く今までにない美味しさです。
525円
佐野ラーメン煎詰合(中箱)
佐野と言えば、「佐野らーめん」!さっぱり醤油味の青竹踏みのちぢれ麺が美味しいんですよ。そのラーメンスープをうるち米の味を損ねないように試行錯誤で完成した当店人気の煎餅です。
1,507円

北館林解体所は、東武の車両だけを解体する所にあらず。東京メトロの車両・01系も解体

東武佐野線の渡瀬-田島間にある北館林解体所は、東武の車両だけを解体する所ではないのですね。

東京メトロの車両も解体するのですね。

というか、他社も東武に解体作業をアウトソースしているのでしょうか?

北館林解体所は、解体に特化した技術を持っているのでしょうか?

先日、佐野線の車内から解体を待つ東京メトロの車両・01系を撮りました。

この車両は銀座線を走っていましたね。

2014051001_2

2014051002 だけど、この車両は20年程しか持たなかったのですね。もう少し長く走れなかったのでしょうか?老朽化が早かったのでしょうか?

もちろん、東武の車両も解体を待っていました。8000系は結構いましたね。

2014051003

また撮れた元赤電の3300形

もう撮れないかなぁ、と思った3300形をまた撮ることができました。

八千代台でです。

2014050901

3300形は元赤電。京成史上の名車ですね。

もう40年以上の歳月が過ぎてますね。

かつては特急や急行にも運用され、都営地下鉄浅草線や京浜急行にも乗り入れていました。

これが最後か?それともあと1回くらい摂れる機会があるか?わかりませんね。

佐野で湘南色の115系を撮る

先日、佐野で湘南色の115系を撮りました。

2014050801

「えっ、まだ走っていたの!?」

そんな気分でした。

湘南色の115系はかつて、高崎線、東北本線の上野-黒磯間、上越線、信越本線などで活躍していましたね。

国鉄時代、多客期には臨時の急行「ゆけむり」「佐渡」「あかぎ」にも運用されたこともありました。
首都圏では湘南色の115系も113系も見ることはできないだけに、タイムスリップした気分でした。

だけど、JR東日本内で115系が走れるのは、あとどのくらいなのでしょうか?

館林で800形太田行きと200系浅草行き特急「りょうもう」を撮る

かつては東武伊勢崎線には浅草-伊勢崎間を直通する準急も走っていました。
今、浅草から伊勢崎に行こうとすると、久喜、館林、太田で乗り換えを強いられますね。

というか、かつてのように館林以北を6両編成で運転すること自体、輸送力過剰だったのでしょうね。
今は、ニーズに合わせているといった運転体系というべきでしょうか?

先日、8000系の仲間というべき800形3両編成の太田行きと200系浅草行き特急「りょうもう」を撮りました。

2014050603

特急りょうもうも館林以北は6両編成では輸送力過剰なのでしょうか?
でも、200系は分割して運転できないからそれは無理ですね。

昔の東武伊勢崎線(館林の「なんでも掲示板」)

東武伊勢崎線の館林駅のホームには、「なんでも掲示板」があり、そこには昔の東武の写真が貼られています。

2014050602

1800系の急行「りょうもう」も懐かしいです。
「りょうもう」号もかつては上毛電鉄の中央前橋まで乗り入れていたのですね。

今は赤城で折り返してしまうけど、県都前橋とこの館林とを直通で行きたいというニーズはないのでしょうか?
ないから中止したのかもしれませんが。

SLが走っていた時期もあったのですね。

どの写真も過ぎ去りし日々のものです。

館林で赤城行き特急「りょうもう」を撮る

先日、館林で特急「りょうもう」を撮りました。
下りの赤城行きです。

2014050601

この館林でけっこう人が降りますね。
東武伊勢崎線も、この館林を境に客が急減するのでしょうか?
館林以北は単線ですしね。

折り返し運用前に水洗いされた?10000系

この電車は、館林発の各駅停車東武動物公園行きなのに、「区間急行」「館林」を表示して入線しました。

2014050504

2014050505

その後、「普通」「東武動物公園」に変わりました。

2014050506

写真ではわからないのですが、車体が水で濡れていました。この日は雨が降りませんでした。洗車した直後だったのでしょうか?

もしかすると、この編成は、浅草まで通勤客を運んだ後、区間急行・館林行きに運用されて、一旦館林の車庫に入った後、水洗いされて直ぐに各駅停車東武動物公園行きの運用に入ったのでしょうか?

岩手県花巻市の三熊野神社に「全国泣き相撲大会」。子どもたちよ、健やかに!

岩手県花巻市の三熊野神社では、子どもの健やかな成長を願う「全国泣き相撲大会」という神事があるのですね。

今年も全国から集まった赤ちゃんが泣き顔を披露したそうです。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014050401001413/1.htm

赤ちゃんって、本当によく泣きますよね。

でも、健やかに育ってほしいものです。心身ともに。

だけど、子どもたちを泣かせるような教育行政はあってほしくないもの。

やみくもに増税し、親たちから問答無用で金を搾り取り、子育ても十分できない教育行政はあるべきことではありません。

配偶者控除を見直し・廃止検討をするなら、子どものいる家庭に対しては大幅減税をするべきです。

また、性犯罪をした教師には厳罰を科すべきです。

甘やかしの教育も、厳しすぎる教育もいけません。

エリート教育や英才教育はバンバン推進すべきです。でもそれだけではいけません。

底上げ教育もしなければいけません。

現実に、中学3年生になっても’book’を’buk’と書く子、分数の計算で何と分母同士、分子同士で約分する子だっているのです。

こういう子を放置してはいけません。

いつもの  やぶきた煎茶
お茶処牧之原で丹精込めて栽培し、製茶しました。静岡茶を代表する、イコール日本茶を代表する品種やぶきたならではの深い味わいを、ご満喫ください。環境にやさしい、農園の茶屋・小栗農園が自社加工した「純正エコティーバック」でお届けします。
1,050円

【静岡・本山地区】「こだわり煎茶霧山河浅蒸し仕立て」100g
静岡県西北部の天竜川上流域の山間で小型機械を駆使して作られた、昔ながらの煎茶です。淹れるのが簡単な「深蒸し」が主流となっていますが、お湯の量や温度、浸出時間を調節(加減)しながら楽しむ「浅蒸し」のお茶はいかがでしょうか。本製品は、長野県との県境に程近い、静岡県西北部の山間の茶園のお茶です。「奥天竜」と呼ばれるように、天竜川の上流域の、本当に山深いところです。茶畑は、急な傾斜地にあり、最も急なところで、45度以上にもなります。スキーヤーもびっくりです。しただって、大型の機械が入ることは物理的に不可能なので、昔ながらの「手摘み」で丁寧に摘み取られます。摘んだ生葉は、茶畑の近くの小さな工場(こうば)で、昔ながらの小型機械を駆使して作られます。「深蒸し」に慣れた方にとっては、「薄い」「出ない」といった印象を持たれるかもしれませんが、やや多い目の茶葉を使い、お湯は少ない目にして、いつもより少し時間を掛けて淹れてみていただきますと、ツンと強い香り(これが「山のお茶」の特徴です)と甘みと旨味と軽い渋味が融合した、これぞ日本茶とも言うべき、香りと味のハーモニーを感じられることでしょう。
1,470円

農家の作った【べにふうき】粉末緑茶40g詰
自社茶園で栽培した100%宮崎産のべにふうきです!あの辛?い春先のムズムズに!メチル化カテキンパワーですっきり爽やか!
1,050円

まだまだ特急に運用される3500形

車齢40年の京成3500形ですが、更新車はまだまだ優等列車に運用されているのですね。

最近、見かけていなかったので、もう外されたかと思いきや、先日、特急に運用されていた3500形を京成船橋で撮ることができました。

2014050502

2014050503

最近の3500形の8両編成の優等列車は4+4ではなく、2+4+2で組まれるようになりましたね。

3500形は京成史上、初のステンレス車であり、初の冷房付通勤車です。

非更新車はともかく、更新車はまだまだ活躍できそうでしょうか?

東武鉄道の運賃と360の倍数

消費税が8%になり、鉄道会社も運賃をキップの場合は10円単位、カードの場合1円単位と分けましたね。

たいていの場合、カードの方が若干安くなるので、私もICカードで利用しています。

しかし、例外もありますね。

東武の場合、360円区間とその2倍の720円区間はキップでもカードでも同額です。

ただ、3倍の1080円区間はないのですね。

2014050501

特急「わかしお」と舞浜・ディズニーリゾート

先日、舞浜で特急わかしおの通過を撮りました。

こちらは下り。

2014050404

こちらは上りです。10両編成でした。

2014050405

183系9両編成(しかもグリーン車付き)で始まった特急「わかしお」も、今は殆どが5両編成のモノクラス。
衰退しましたね。

この舞浜には全列車が通過しますが、ディズニーランドやディズニーシーの客を目当てに、新幹線や特急「あずさ」「かいじ」の特急券を持っている人に限り、舞浜-東京間を200円の特急料金で乗せてみるのはどうでしょうか?

あと、房総地区からディズニーランドやディズニーシーに来る客向けに、みどりの窓口で特急券とディズニーランド・ディズニーシーの入場券を同時に買えば、割引の特典を設けるとか。

8000系に千葉県の「チーバくん」と、埼玉県の「コバトン」

写真は逆井で撮ったものです。
まだまだ8000系が与党第一党的な存在の東武野田線(アーバンパークライン)ですが、徐々に両数を減らしていくのでしょうね。

2014050401

そんな8000系に最後の花を持たせようとしているのか、車体に千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」と、埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」のステッカーを貼った編成もあるのですね。

2014050402

2014050403

東武野田線は東京都に足を踏み入れることなく、千葉県と埼玉県を結ぶ路線。

その線区を走る電車には相応しいものですね。

舞浜で武蔵野線205系メルヘン車と209系を撮る

先日、JR東日本の舞浜で、武蔵野線を撮りました。

武蔵野線はまだまだ205系が活躍していますね。

これは205系でも異色のメルヘン型です。

2014050207

でも、武蔵野線は205系の独壇場ではありません。

209系も走っていますね。

2014050206_2

武蔵野線は1973年、府中本町-西船橋間で101系1000番台で始まりました。

6両編成で日中は40分も間隔が空くこともありました。

今は8両編成で、列車本数も多くなりましたね。

101系も103系も武蔵野線ではもう。過去の電車。

205系はいつまで走っていられるのでしょうか?

舞浜でディズニーリゾートラインのモノレールを撮る

先日、JR京葉線の沿線に用事があったのですが、時間的に余裕があったので、舞浜で途中下車し、モノレールを撮りました。

車両は5編成あるそうですが、この時はそのうちの2編成を撮ることができました。

2014050204

2014050205

このモノレールはオリエンタルランドの子会社の舞浜リゾートラインが経営するディズニーリゾートラインですね。

このモノレールも京成グループの仲間ですね。

東京ディズニーランドやディズニーシーの周りを一周するモノレールですね。

窓の形もミッキーマウスの形をしていますね。

今度機械があったら、乗ってみようと思います。

高砂で3050形のアクセス特急と3600形の特急を撮る

京成高砂駅の下りホームの青砥寄りは、電車撮影には持って来いの場所ですね。

先日、その高砂で、3050形のアクセス特急と、3600形の本線経由の特急の並走を撮りました。3600形特急の方が先行しています。

どちらも成田空港行きです。

2014050203

ただ、成田スカイアクセス線経由の3050形のアクセス特急の方が先に成田空港に着きますね。

だけど、運賃は本線経由の方が安いですね。

それにしても京成には「特急」と名の付く列車だけでも4種類もありますね。

「アクセス特急」「快速特急」「特急」「通勤特急」と・・・・・・・・・・。

新鎌ヶ谷で60000系を撮る

先日、新鎌ヶ谷で60000系を撮りました。

2014050201

東武野田線というか、東武アーバンパークラインというか、60000系はまだ少数派だけれど、いずれは8000系を次々と駆逐し、大多数派になり、さらに10000系も追い出して独壇場にするのでしょうか?

2014050202

1号車と6号車には「TOBU URBAN PARK LINE」の文字が入っていますね。

京成高砂をゆーくりと通過するスカイライナー

最高速度160km/hの京成スカイライナーも、高砂通過の際は、ゆーくりですね。

2014050101

2014050102 2014050103

押上方面に繋がる外線から上野方面への内線に転線しますしね。

内線に完全に入れば加速はしますが、スカイアクセス線並みのスピードは出せませんね。

2014年4月のアクセス件数ベスト5

2014年4月の当ブログの記事へのアクセス件数ベスト5を発表します。

1. C58239牽引のSL銀河号がついに営業運転開始
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-a650.html

2. 新鎌ヶ谷で前照灯の片方が消えていた8000系を撮る
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-be6d.html

3. 北大阪急行が箕面市まで延伸するそうでんなあ
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-adce.html

4. 京成船橋駅のホームにファミリーマートが開店。下りホームにも、上りホームにも。
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-1e14.html

5. 独身男女よ、結婚に向かって出発進行!(近畿日本ツーリストがJRと東武を利用した企画)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-192d.html

3月に続き、上位5件は鉄道関連の記事で独占されました。
今回は比較的ニュース性のある記事が上位になりましたね。

他に鉄道以外の記事として、

6位に
故・武原英子さんと鉄道と昭和初期の娘の身売り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2537.html

8位にРусский и румынский паб(ロシアルーマニアパブ)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-5db6.html

22位に
親の因果が子に報いることを示唆した警鐘?(花田家の例)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2fa5.html

が入りました。

 

いつもの  やぶきた煎茶
お茶処牧之原で丹精込めて栽培し、製茶しました。静岡茶を代表する、イコール日本茶を代表する品種やぶきたならではの深い味わいを、ご満喫ください。環境にやさしい、農園の茶屋・小栗農園が自社加工した「純正エコティーバック」でお届けします。
1,050円

【静岡・本山地区】「こだわり煎茶霧山河浅蒸し仕立て」100g
静岡県西北部の天竜川上流域の山間で小型機械を駆使して作られた、昔ながらの煎茶です。淹れるのが簡単な「深蒸し」が主流となっていますが、お湯の量や温度、浸出時間を調節(加減)しながら楽しむ「浅蒸し」のお茶はいかがでしょうか。本製品は、長野県との県境に程近い、静岡県西北部の山間の茶園のお茶です。「奥天竜」と呼ばれるように、天竜川の上流域の、本当に山深いところです。茶畑は、急な傾斜地にあり、最も急なところで、45度以上にもなります。スキーヤーもびっくりです。しただって、大型の機械が入ることは物理的に不可能なので、昔ながらの「手摘み」で丁寧に摘み取られます。摘んだ生葉は、茶畑の近くの小さな工場(こうば)で、昔ながらの小型機械を駆使して作られます。「深蒸し」に慣れた方にとっては、「薄い」「出ない」といった印象を持たれるかもしれませんが、やや多い目の茶葉を使い、お湯は少ない目にして、いつもより少し時間を掛けて淹れてみていただきますと、ツンと強い香り(これが「山のお茶」の特徴です)と甘みと旨味と軽い渋味が融合した、これぞ日本茶とも言うべき、香りと味のハーモニーを感じられることでしょう。
1,470円

農家の作った【べにふうき】粉末緑茶40g詰
自社茶園で栽培した100%宮崎産のべにふうきです!あの辛?い春先のムズムズに!メチル化カテキンパワーですっきり爽やか!
1,050円

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »