2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

浅田真央選手、世界選手権での優勝・V3おめでとう!

ソチ五輪ではふるわなかった浅田真央選手がさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権では優勝したのですね。

浅田選手にとっては4年ぶり3度目の優勝とのこと。これは日本人単独最多記録だそうですね。

よかったですね(^◇^)

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014032901001853/1.htm

http://www.asahi.com/articles/ASG3Y3R4ZG3YUTQP024.html

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDH2904H_Z20C14A3000000/

浅田真央選手、世界選手権での優勝・V3おめでとう!

八千代台で3400形とモーニングライナーとの並びを撮る

先日、京成の八千代台で3400形とモーニングライナーとの並びを撮りました。

2014032311

3400形は初代AE車の足回りを流用した車両ですね。

初代AE車が「スカイライナー」として活躍していた頃はまだ、成田スカイアクセスもできていなかったので、走行区間も八千代台、佐倉経由の京成本線(当時はそういう言い方をしていませんでしたが)でした。

そして今のAE車が京成本線を走る時は、「モーニングライナー」「イブニグライナー」に運用される時だけですね。

津田沼で3300形と3600形の並びを撮る

京成の旧赤電の3300形は1972年まで製造が続きましたが、旧赤電は1960年代の京成の象徴ですね。

3600形は1980年代から登場しましたね。

先日、京成津田沼で3300形と3600形の一瞬の並びを撮りました。

3300形の方は出番待ちでしたが、3600形は佐倉発の快速西馬込行きに運用されていました。

2014032310

快速西馬込行きは都営地下鉄浅草線に直通する電車ですが、3300形もかつては都営地下鉄浅草線の西馬込まで直通運転をしていましたね。

3600形が登場した頃は、3300形の塗装は赤電からファイヤーオレンジ車に変わっていましたね。

どちらも京成の歴史を感じさせる車両です。

京成津田沼で3300形を撮る

旧赤電の3300形はもう撮れないと思いきや、また撮ることができました。

場所は京成津田沼です。

2014032309

この日は各駅停車上野行きに運用される予定だったのでしょうか?

初代3000形から3300形まで、赤電は京成史上の名車だと思います。

私には幼い頃からの思い出があります。

マンションの前をモーニングライナーが通る

先日、八千代台の実籾5号、6号踏切の中間でマンションの前を通るモーニングライナーを撮りました。

2014032308

この日も八千代台からは30人から40人前後の乗客を乗せたのでしょうか?

次の停車駅は青砥です。

この電車より5分先発の快速西馬込行きを船橋競馬場で追い抜きます。

京成のモーニングライナーは朝、都心に向かおうとする八千代市民のニーズに応えています。

新浦安に485系1000番台現る

先日、新浦安に用事があったのですが、そこで何と、485系1000番台が停まっているのが見えました。

何やら、1970年代から90年代にタイムスリップしたような心地になりました。

2014032306

先頭はクロハ481-1029でした。

2014032307

団体専用列車としての回送でしょうか?

私もかつては485系の特急に乗ったことがあります。

たとえば、やまびこ、やまばと、ひばり、はつかり、いしかり(1500番台)、ひたち、たざわ、いなほ、つばさ、白鳥、雷鳥、北越、有明、にちりん、かもめ、みどり。

国鉄時代にもあります。分割民営化後、JR東日本、西日本、九州管内で乗ったこともあります。

わずかの時間ながら、485系を見ながら、遠き過去の日々を思い出してしまいました。

東武野田線の船橋駅で、可動式ホーム柵が使用開始

東武野田線の船橋駅で、可動式ホーム柵が使用開始されました。

その初日、その様子を撮りに行きました。

これはまだ開いている状態です。

2014032301

そして発車時刻になり、柵も電車の扉も閉じられます。

2014032302

2014032303

2014032304

電車は一路、柏に向けて行きました。

2014032305

八千代台で3本の3600形優等列車を続けて撮る

京成の3600形は、2×3の6両編成1本を除けば、すべて8両編成だから、優等列車に運用されることが殆どですね。

先日、八千代台でおよそ20分の間に3本の3600形の優等列車を撮りました。

まずは快速特急西馬込行き。押上からは都営地下鉄浅草線内は各駅停車ですね。

2014031704
そして特急上野行き。

2014031705

続いて快速西馬込行き。

2014031706

3600形には行けないところもありますね。
それは京浜急行線、金町線。千葉線、千原線も2×3の6両編成しか入れませんね。
ただ、京成線内で入れない区間も、今後短編成化されれば入れますね。

初めてE7系を撮る

JR東日本のダイヤ改正であのE7系がデビューしましたね。

でも、この1年間はウォーミングアップ的に東京-長野間のみしか走りません。
来年は北陸路を疾走しますね。

思い出せば特急白山に使用されていた489系は、上野-長野間のみ「あさま」にも運用されていたこともありました。
北陸新幹線用の車両が、東京-長野間の「あさま」に運用されているのを見ると、あの時代も思い出してしまいます。

そして私もついに、初めてE7系を撮りました。
撮った場所は東京駅です。

ちょうど、近くまで出かける用事があったので、帰りに寄り道して撮ったのです。

2014031702

2014031703_2

来年になれば、JR東日本のE7系だけでなく、JR西日本のW7系も見ることができますね。

石川さゆりさん、石川優子さん、そして沈丁花

ある日の夜、沈丁花が咲いているのを見かけました。

もう春ですね。

石川さゆりさんは、1978年に「沈丁花」という歌を歌いました。

http://www.youtube.com/watch?v=Rw1Fd69ddeE

石川優子さんは、1979年に「沈丁花」という歌でデビューしました。

http://www.youtube.com/watch?v=BPLOB7w-eNs

二人の石川さんの「沈丁花」の内容は全く異なるものですが、
私は石川さゆりさんの「沈丁花」も、石川優子さんの「沈丁花」も、どちらも好きです。

2014031701_2

歩道橋をくぐって間もなく八千代台に停車のモーニングライナーを撮る

先日、京成の八千代台駅から大和田寄りに歩いたところでモーニングライナーを撮りました。
歩道橋をくぐってきたところです。

2014031502

成田や佐倉からの乗客を乗せていますが、次の停車駅の八千代台からも30から40人は乗せると思います。

佐倉にしても、八千代台にしても、有料特急のニーズは潜在していると思います。
モーニングライナーやイブニングライナーだけでなく。

武蔵野線205系の向こうにも武蔵野線205系(新浦安にて)

JR東日本関連の記事です。

京葉線と武蔵野線とは、東京-市川塩浜間は同じ線路を走りますね。
でも、京葉線は10両なのに対し、武蔵野線は8両ですね。

先日、新浦安の上りホームでで武蔵野線の205系を撮りました。
下りホームにも武蔵野線が停まっていました。

2014031501
でも、停車位置は揃っていないのですね。

かつては北総鉄道との分岐駅の北初富は今、仮のホームを使用中

新京成は今、くぬぎ山-鎌ヶ谷大仏間を高架線化しようとしています。

その高架線工事の関係で、北初富駅は移転し、仮のホー ムを使用しています。

某月某日の夜、その北初富で上り、下りの電車を1本ずつ撮りました。

2014031302

2014031303

このホームも高架線が開通するまでの使用ですね。

北初富といえば、かつては北総鉄道(当時は北総開発鉄道)との分岐駅でした。

北総の電車が松戸まで乗り入れていた時期もありました。

今、北総鉄道は北初富には停まりません。

北総鉄道の電車が新京成の線路を走ることもありません。

北総と新京成とは新鎌ヶ谷で乗り換えとなりますね。

これで最後か?3300形の撮影は……(八千代台にて)

先日、八千代台の実籾6号踏切近くで、3300形を撮りました。

2014031301

もしかしたら、3300形の電車の写真を撮れたのは、これが最後かもしれません。

3300形はかつては赤電でした。

私には赤電は幼い頃からの思い出があります。

幼稚園や小学生の遠足で赤電に乗った記憶があります。

かつては、京成線内だけでなく、都営地下鉄浅草線や京浜急行線にも直通していたこともありました。

まもなく見られなくなる元赤電の3300形は京成史上の名車だと思います。

八千代台進入のモーニングライナーを撮る

またまた京成の話題です。
先日、八千代台でモーニングライナーを撮りました。

2014031205

この電車よりも10分程前に特急上野行きが出て、青砥、日暮里、上野にはこの特急が先に到着しますが、モーニングライナーに乗るために、10分以上どころか、20分以上も前から待っている人もいます。

八千代台には有料特急のニーズがあるのです。
だからシティライナーが八千代台を通過するのは誤りだと思います。

八千代台で撮った3791-98の快速西馬込行き

京成電鉄は、日本で初めて公営地下鉄に乗り入れた私鉄でもあります。
乗り入れ当時は押上-浅草橋間のみでしたが、今は西馬込まで乗り入れますね。
さらには泉岳寺から京浜急行に直通する電車もありますね。

先日八千代台で撮った快速西馬込行きは3700形。
成田寄りの車両は3791、つまり3700形の最終編成ですね。

2014031203_2

2014031204_2

3700形と3800形はなかなか見分けがつきにくいですが、要は3700形の番号がなくなったので3800番台になったという話を聞きました。

でも、3800形の次に製造された電車は3900でも4000でもなく、また3000に戻ってしまいましたね。

八千代台で撮った3500(普通と回送)

先日、八千代台で2本の3500形を撮りました。

こちらは普通うすい行き。

2014031201

こちらは回送です。

2014031202
京成史上、初のステンレス車、初の冷房付通勤車の3500形も登場して40年になりますね。

結構長く持ちましたね。

でも、あと走っていられるのは何年程でしょうか?

八千代台で3回連続して3600形の快速特急西馬込行きを撮る

ここのところ、八千代台に行く用事が多いのですが、3回連続して3600形の快速特急西馬込行きを撮りました。

これは先頭車が3648でした。

2014030101

これは先頭車が3638

2014030102

これは先頭車が3678

2014030103

3600形の場合、2×3の6両編成を除けば、8両編成なので、殆ど優等列車に運用されますね。

ただ、8両編成では同じ京成でも千葉線、千原線、金町線に入ることはできません。

都営地下鉄浅草線には直通できても、京浜急行には直通できません。

2014年2月のアクセス件数ベスト5

2014年2月の当ブログの記事へのアクセス件数ベスト5を発表します。

1.雪に埋もれていた東葉高速の八千代緑ヶ丘の中線.
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-b31d.html

2. Русский и румынский паб(ロシア・ルーマニアパブ)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-5db6.html

3. 「ホリデー特快」とは言わないのですね。
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-3b21.html

4.大雪のため横須賀線は終日全線で運転見合わせ
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-0adf.html 

5.八千代台で3027の特急成田空港行きを撮る
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-74c3.html

2月は首都圏に大雪が降ったせいか、雪関連の鉄道記事が2件、ベスト5内に入りました。
そのような中で4年3か月前の西船橋のロシア・ルーマニアパブの記事にはいまだにアクセスが多い状態です。

他に鉄道以外の記事として、

10位に
故・武原英子さんと鉄道と昭和初期の娘の身売り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2537.html

20位に
親の因果が子に報いることを示唆した警鐘?(花田家の例)
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2fa5.html 143 133

が入りました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »