2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 静寂さの漂う夜の新浦安で、205系、E233系 | トップページ | 大鳥居で都営5300のエアポート急行を撮る »

かつての名列車の名を引き継ぐ北陸新幹線

かつて、「昔の名前で出ています」とかいう歌が流行った時代もありましたが、北陸新幹線の列車名も昔の名前が復活ですね。

http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131008.pdf

http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/10/page_4570.html

「かがやき」は、かつて金沢-長岡間も走った特急。「北越」や「雷鳥」よりも停車駅を少なくした特急でした。

「はくたか」といえば、ディーゼル特急から始まりましたね。特急「白鳥」に上野-大阪間を走る編成がありましたが、それを独立させる形で上野ー金沢間を走りました。碓氷峠を越えるために、EF63の力も借りました。その後、上越線経由の電車特急となり、上越新幹線開業で一旦消えたものの、越後湯沢から北越急行を経由して金沢を結ぶ特急として復活。そしてついには新幹線の列車名となるのですね。

「つるぎ」といえば、大阪-富山を結ぶ寝台急行から始まり、その後特急格上げで大阪-新潟間を走りましたね。乗客減少で廃止になりましたが、富山ー金沢を走る列車として復活。

いずれにせよ、この3列車名は、かつての名列車を引き継いだものですね。

個人的にはJR東日本も西日本も、「かがやき」の宣伝に岡村孝子さんの「輝き」という歌を使ってほしいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=i73EuwfxpKU

« 静寂さの漂う夜の新浦安で、205系、E233系 | トップページ | 大鳥居で都営5300のエアポート急行を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/58365356

この記事へのトラックバック一覧です: かつての名列車の名を引き継ぐ北陸新幹線:

« 静寂さの漂う夜の新浦安で、205系、E233系 | トップページ | 大鳥居で都営5300のエアポート急行を撮る »