2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 浅野で撮った満月と205系 | トップページ | 武蔵学園の英語漬けの5年間特訓教育の成功を祈ります »

Learning English in primary school

小学英語の開始学年を下げる案が浮上していますね。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130518-OYT8T00668.htm?from=popin

アジア諸国では小学1~3年生頃に英語教育を始めるのが主流だとのことですが、その点、日本は遅れているのでしょうか?

でも、ただ早くやればいい、という問題ではありませんね。

小学校のころは、少なくとも低学年か中学年の頃は、英語を楽しみながら学ぶことを主眼においたほうがいいのでは?少なくとも、英語嫌い、外国語嫌いにはさせないようにしなければいけないのでは?

現実に、中学3年生になっても、be動詞のam,is,areの使い方も理解できていない、「book」を「buk」と書くような子もいるのです。また、hなのかnなのか、aなのかuなのか、わかりにくい字を書く子もいるのです。

いくら英語学習を早く始めても、そこで英語アレルギー、英語嫌いにしたら元も子もありません。

小学校の段階では、簡単な会話や単語を何度も繰り返すとか、遊び感覚、ゲーム感覚で学ぶといったことから始めるのはどうでしょうか?

他に、日本に駐在している米国人、英国人等、英語を母国語とする国の子と交流する機会を多く持たせることも必要では?

それから、音楽の教科書に、「one,two,three,four,five,six,seven」や「head sholders,kees,toes」「Twinkle,twinkle,little star」レベルの歌を載せて、音楽の時間に英語で歌わせるのもいいかもしれませんね。

« 浅野で撮った満月と205系 | トップページ | 武蔵学園の英語漬けの5年間特訓教育の成功を祈ります »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Learning English in primary school:

« 浅野で撮った満月と205系 | トップページ | 武蔵学園の英語漬けの5年間特訓教育の成功を祈ります »