2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京成赤電の思い出 | トップページ | 157系を思い出させる185系クリーム色+赤の塗装 »

京成ファイヤーオレンジの思い出

京成からついにファイヤーオレンジ、赤電、青電、がなくなりましたね。

どれも、京成史上に残る名塗装でした。
この記事ではファイヤーオレンジについて語ります。

ファイヤーオレンジ車は1980年代の象徴でした。
1980年に入ると、京成は何故か赤電も青電も塗り替えを始めたのです。
それがファイヤーオレンジでした。
1980年の段階では、塗り替えを始めたばかりなので、赤電とのファイヤーオレンジとの混結編成も見られました。

この時代の成田空港駅は今の東成田駅でした。
スカイライナーも初代AE車でした。
3600形も登場し始めていましたね。
曳船、立石、小岩、東中山、谷津遊園が特急停車駅から外れたのも、ユーカリが丘という新駅が誕生したのもファイヤーオレンジの時代だったと思います。

1982年11月に、市川真間駅を最寄駅とする千葉商科大学の学園祭で、石川優子さんのコンサートがありました。
その際にファイヤーオレンジ車に乗りました。

ファイヤーオレンジ車も特急、急行、各駅停車と多岐にわたり、都営地下鉄直通の電車にも乗りました。

ファイヤーオレンジの時代は、既に私は成人になっていましたが、まだ若い頃でした。

これは東中山で撮ったものです↓

Fireorange_1

これは金町で撮ったものです↓

Fireorange_2

これは市川真間で撮ったものです↓

Fireorange_3

これは津田沼で撮ったものです↓

Fireorange_4

これは千葉中央で撮ったものです↓

Fireorange_5

« 京成赤電の思い出 | トップページ | 157系を思い出させる185系クリーム色+赤の塗装 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/57086493

この記事へのトラックバック一覧です: 京成ファイヤーオレンジの思い出:

« 京成赤電の思い出 | トップページ | 157系を思い出させる185系クリーム色+赤の塗装 »