2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 185系、2つの「普通」表示 | トップページ | 鶴見の「せたが屋」で食べたひらラーメン »

C57180が牽引する「SLばんえつ物語」号にグリーン車連結

C57180が牽引する「SLばんえつ物語」号に何と、グリーン車が連結されるのですね。

SL牽引列車にグリーン車が連結されるのは、あのC62重連急行「ニセコ」以来42年ぶりでは?

いや、かつての夜行急行「大雪」は普通列車として運転される北見-網走間はSLが牽引していましたね。あれはC58でしたね。あの「大雪」号にもグリーン車が付いていたから、38年ぶりということになりますか。

そのC57180牽引の「SLばんえつ物語」号のグリーン車には展望室もあるのです。ただ、このグリーン車は会津若松で方向転換しないので、復路はC57180のすぐ後ろに連結されることになるようです。

グリーン料金は新潟-会津若松間で1620円とのこと。

さてさて、どのくらいの反響があるのでしょうか?

どのくらいの人が乗車するのでしょうか?

詳しくは、こちらをご覧ください。↓
http://www.jrniigata.co.jp/press/20130124sl4-9-g.pdf

« 185系、2つの「普通」表示 | トップページ | 鶴見の「せたが屋」で食べたひらラーメン »

鉄道(SL)」カテゴリの記事

コメント

益々魅力を増すばんえつ物語。しかし完成予想図を見ると、グリーン車の窓が固定窓のように見えるのが気にかかります。クリスマス運転の際、日出谷駅でのイベントでは、「窓を開けてキャンドルサービス」が大人気なのですが。また、予想図によると形式は「スハフ12」となっています。正しくは「スロフ」なのでしょうが。

綾小路ふみまろさん、コメントありがとうございました。

そうですね、グリーン車なら、「スハフ」ではなく「スロフ」になるはずですよね。

窓が開けられる方が楽しみがあるのかもしれないけど、固定窓にしたのは、煙が入ってくるのを防止するためではないでしょうか?
高い料金を取る車両ゆえに、できるだけ汚したくないという思惑かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 185系、2つの「普通」表示 | トップページ | 鶴見の「せたが屋」で食べたひらラーメン »