2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蒲田の「らーめん吟太」で500円ラーメンを味わう | トップページ | せんげん台の「ごとく」で、「豚骨しょうゆごとくラーメン」を食す »

新船橋の「山岸一雄製麺所」で角ふじ麺を食す

1960年代の新船橋を記憶する者としては、今の新船橋は全く信じられない光景。

駅前にはイオンが堂々と店を構えているのですね。

そのイオンの中に、「山岸一雄製麺所」というラーメン屋さんがあります。

ラーメン界ではカリスマ的な存在の山岸一雄氏の名前をそのまま店の名前に使っているのですね。

店の前にはその山岸氏の人形も飾られています。

2012123106

私はここで角ふじ麺なるものを食べました。

もやし等の野菜を富士山をイメージしたように載せるラーメンです。

私は並盛でしたが、店員さんに言えば、さらに大盛にしてもらえます。

2012123107

豚の背脂で取ったというダシですが、ちょっと脂がきついかな?と思えましたが、飲みやすかったですね。他にも何か隠し味があるのでは?と思える程です。結局飲み干してしまいました。

麺は太くでコシがあり、確かな食べ応えを感じさせました。

あと、この店には「花胡椒」なるものが置いてありました。

2012123108

山岸氏の写真が刷り込まれているように、山岸氏監修の胡椒のようです。

« 蒲田の「らーめん吟太」で500円ラーメンを味わう | トップページ | せんげん台の「ごとく」で、「豚骨しょうゆごとくラーメン」を食す »

Food & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新船橋の「山岸一雄製麺所」で角ふじ麺を食す:

« 蒲田の「らーめん吟太」で500円ラーメンを味わう | トップページ | せんげん台の「ごとく」で、「豚骨しょうゆごとくラーメン」を食す »