2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京駅地下ホームに183系現る | トップページ | 西武新宿で撮った電車 »

パインの甘さは底に沈んでいた。西荻窪のラーメン屋さん「パパパパパイン」

先日、西荻窪にある「パパパパパイン」というラーメン屋さんで「パイナップル塩ラーメン」$なるものを食べました。

2012070701_2

この店は6人入ると満席になってしまう店。また、「パパパパパイン」なる店の名前に合わせたのか、トイレの案内が「トトトトトイレ」となっていました。

当初私は、パイナップルがラーメンに合うのかは疑問でした。

しかし、ラーメンにパイナップルを取り入れるというユニークな発想を持つ店に、いかさか興味本位で立ち寄った次第です。

2012070702

出されたラーメンにはパイナップルが3つ載っていました。

焼き豚は厚くてやわらかく、麺は細くてこしがありました。

スープですが、上の方ではパインの甘みを感じませんでした。それどころか、塩味も特に強いというものではなく、いろいろなダシと融合されて甘みがなくなったのか?と思いました。

でも、そんなことはありませんでした。

パイナップルの甘みは底に沈んでいたのです。

甘味のラーメンを認めない人のために底に沈めておいたのでしょうか?

それともパイナップルの甘みは他の味より重いのでしょうか?

いずれにせよ、パイナップル好きな人にはお勧めのラーメン屋さんです。

« 東京駅地下ホームに183系現る | トップページ | 西武新宿で撮った電車 »

Food & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 東京駅地下ホームに183系現る | トップページ | 西武新宿で撮った電車 »