2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京成が実施すべき節電策案その1(3500形と3600形の普通を4連で) | トップページ | 青砥で京成本線経由快速特急成田行きの3050形を撮る »

京成が実施すべき節電策案その2(芝山鉄道の客扱いは2両のみにしては?)

写真は芝山鉄道に運用された3000形の6両編成です。

2012052004

芝山鉄道に6両も必要なのでしょうか?

それなら、今年の夏は、6両中4両を締切にして、冷房も蛍光灯も付けず、乗客が乗れる車両を2両に限定してはどうでしょうか?

もともと芝山鉄道には6両は輸送力過剰です。

さりとて3000形を2両編成に組み換えることもできません。

それなら、乗車可能な車両を2両に限定してはどうかと思います。

これでも多少の節電にはなるのではないでしょうか?

ただ、これは夏季だけでなく、一年中実施してはどうか?とも思いますが。

« 京成が実施すべき節電策案その1(3500形と3600形の普通を4連で) | トップページ | 青砥で京成本線経由快速特急成田行きの3050形を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/54750574

この記事へのトラックバック一覧です: 京成が実施すべき節電策案その2(芝山鉄道の客扱いは2両のみにしては?):

« 京成が実施すべき節電策案その1(3500形と3600形の普通を4連で) | トップページ | 青砥で京成本線経由快速特急成田行きの3050形を撮る »