2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こまち96号が熊に衝突?コマッちまったというか、クマったというか。 | トップページ | 京成が実施すべき節電策案その2(芝山鉄道の客扱いは2両のみにしては?) »

京成が実施すべき節電策案その1(3500形と3600形の普通を4連で)

これは津田沼で撮った4連の3500形と6連の3500形です。

2012052001
これは、高砂で撮った3600形の2×3の6連です。

2012052002 2012052003
この夏も節電をしなければいけませんね。

それでこの夏、京成が実施すべき節電策の一つとして、3500形と3600形の6連普通電車を4連にして運転することを提案したいですね。

3500形の6連の場合は、4+2という形で編成を組まれています。
そのうちの2両の連結を中止するのです。

3600形の2×3の6連の場合、中間の2両を抜いて4連で運転するのです。

こうすることで多少の節電にはなるのではないでしょうか?

« こまち96号が熊に衝突?コマッちまったというか、クマったというか。 | トップページ | 京成が実施すべき節電策案その2(芝山鉄道の客扱いは2両のみにしては?) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

朝夕のラッシュは大変なことになります。
車両数を減らすのであれば、本数自体を減らしたほうが効果的です。

かっちゅいさん、コメントありがとうございます。

そうですね、本数を減らすという手もありますね。

ただ、本数を減らす場合、どの程度間隔を空けるかですね。あまり空け過ぎると乗客の不満も大きくなりそう。

それと普通ならあまり乗客も多くないゆえに、車両数を減らしても、ぎゅうぎゅう詰めにならないかも。

とはいえ、朝夕のラッシュ時のことを考えれば、日中のみは普通を4両で運行するという手もあるかもしれません。

初めて投稿します。
確かに京成の場合は、各駅の駅間距離が短く特急や快速との利用者の差が大きいことを考えると、かなり節電策を取る余地がありそうですね。
幾つか提案させて頂きます。

(1) 両数や本数を減らした上でラッシュ時の輸送力もある程度確保する方法
座席を全部撤去して全員立って乗せることです。ビルのエレベータに座席がないのと同じく、電車をただ人を詰め込んで運ぶだけの箱だと割り切るのです。
少なくとも津田沼以西しか走らない各駅停車ならば、10分を超えて乗る人は非常に少ないので抵抗はないでしょう。

(2) 利用の少ない駅を休止する
京成の船橋以西は元々駅間距離が短く、休止して隣りまで歩かせても支障のない駅が非常に多くあります。
例えば以下の駅は、電力需要が逼迫して利用客の少ない昼間は休止してもいいのではないでしょうか。
 ・本線 新三河島・江戸川・菅野・鬼越・大神宮下 ・千葉線 新千葉
京成は特に国道14号など幹線道路との並走が多いので、いざとなれば各駅停車をバス代行輸送に振り替えるという離れ業もできます。(京急や京王にもうってつけの方法かも?)

いっちゃんさん、コメントありがとうございます。

座席を全部撤去は思い切った案ですね。全部は難しくても、1,2両は実施してもよさそうかな?

駅の休止も思い切っていますね。地元の反発はありそう。JR市川駅で国府台女子学院の生徒を見かけますが、同校の生徒はあまり菅野駅を利用していないのかな?と思えるのでさほど反発は少ないかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/54750367

この記事へのトラックバック一覧です: 京成が実施すべき節電策案その1(3500形と3600形の普通を4連で):

« こまち96号が熊に衝突?コマッちまったというか、クマったというか。 | トップページ | 京成が実施すべき節電策案その2(芝山鉄道の客扱いは2両のみにしては?) »