2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜の谷津でイブニングライナーの通過を撮る | トップページ | 抜くも抜かれるも3800形(京成津田沼で撮る) »

小田急の4000形、初代と2代目

写真は新宿-南新宿間にある新宿2号踏切で撮った小田急4000形です。

2012040802

昔の小田急の記憶がある者としては、初めてみた時は

「えっ?これ本当に、小田急の車両?」

と違和感を覚えましたが、今や小田急を代表する通勤車として板に付いていますね。

東京メトロ千代田線にも乗り入れる車両ですが、それ専用ではなく、新宿に顔出す列車にも運用もありますね。

小田急にとって初代の地下鉄直通用電車9000形も、新宿-小田原・箱根湯本・片瀬江の島間の急行などにも運用されていましたしね。

あと、私にはもう一つの4000形の思い出があります。

今の4000形は二代目で、初代は白いボディーに青いラインの塗装で、吊り掛け車でもありました。当然、地下鉄線への乗り入れはできません。1966年に登場したので、山吹色と紺色のツートーンカラーの塗装だった時期もあったと思います。

この電車は吊り掛け音が魅力的でしたが、後に高性能化されてしまいました。全廃されたのが2005年1月だったから、あれからもう7年経ったのですね。

先月5000形が引退しましたが、何年か後に、2代目5000形が登場するでしょうか?

« 夜の谷津でイブニングライナーの通過を撮る | トップページ | 抜くも抜かれるも3800形(京成津田沼で撮る) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/54419485

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急の4000形、初代と2代目:

« 夜の谷津でイブニングライナーの通過を撮る | トップページ | 抜くも抜かれるも3800形(京成津田沼で撮る) »