2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大井川鉄道のSL、バック運転解消! | トップページ | 羽野晶紀さん、ブログで新幹線について語る »

私の京成シティーライナーの活性化案

東日本大地震以降運休していた京成のシティーライナーが運転再開したのですね。

とはいっても一日2往復のみです。そのうえ、成田空港までは足を延ばさず、上野-成田間のみ。

http://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/time_ex/pdf/sky/skyliner.pdf

運転再開したとはいえ、この先のシティーライナーの前途はどうなるのでしょうか?

とにかく、ガラガラの状態でしたからね。

上野-成田間の所要時間もかつての3000形「開運号」並みかそれより遅い。上野-八千代台間は通勤車の特急とほぼ平行ダイヤ。それで上野-成田間のライナー料金は920円。

これでは乗る人も少ないわけですね。

シティーライナー活性化のためには、

1.上野-八千代台間のスピードアップ

2.八千代台と佐倉に停め、乗客を拾う(まして八千代市民、佐倉市民は京成にとってはお得意様)

3.ライナー料金の値下げ(モーニング・イブニングライナー並みにする)

この3つくらいは必要ではないでしょうか?

あと、

A.スカイツリー客を誘導できるように、押上駅ホームでの青砥からのシティーライナー券購入可能化

B.京成バラ園の入場券とライナー券をセットにしたキップの販売

も検討してはどうかと思います。

2011091001

写真はスカイライナーに運用されていた頃のAE100形です。津田沼で撮りました。

私鉄の車両 12
日本の空の玄関、新東京国際空港(成田空港)へのアクセスを果たすとともに、首都圏東部の通勤輸送を担う京成。それに、新京成、北総、住宅・都市公団で活躍する車両のすべてを紹介。
1,500円
京成線完全案内
京成線完全案内
880円

« 大井川鉄道のSL、バック運転解消! | トップページ | 羽野晶紀さん、ブログで新幹線について語る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/52697543

この記事へのトラックバック一覧です: 私の京成シティーライナーの活性化案:

« 大井川鉄道のSL、バック運転解消! | トップページ | 羽野晶紀さん、ブログで新幹線について語る »