2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 元JR253系、2月26日から長野電鉄の「スノーモンキー」として運転 | トップページ | РЖД и Япония(ロシア鉄道と日本) »

いわき-仙台間の特急の愛称名は何がいい?

かつてC62牽引の特急「はつかり」や、583系特急「みちのく」も走った常磐線ですが、今は仙台より北に行く列車は走っていません。上野-仙台間を走っているスーパーひたちが、東北新幹線開業以前の面影を残しているようにも思えますが、それも2012年春は、上野-いわき、いわき-仙台と分割されてしまいます。

それでJR東日本の水戸支社はいわき-仙台間の特急の愛称名を募集します。

http://www.jrmito.com/press/110128/20110128_press03.pdf

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/02/20110201t75004.htm

だけど、どんなのがいいかな?

昔の列車の名前を復活させるとすれば、「ときわ」はちょっと相応しくないけど、「そうま」「ひばり」「いわき」「あおば」「みやぎの」あたりが挙げられるかな?仙台行きとなれば、「まつしま」はどうかな?

かつての急行「いわき」は常磐線を走らず、平(現・いわき)から磐越東線経由で郡山を出て、東北本線を走りましたね。この列車、普通列車用の車両も使う遜色急行だったかな?

「ひばり」といえば、かつての東北特急の代表選手。でも、常磐線は走りませんでしたね。

「あおば」といえば、新幹線の愛称でもありましたね。秋田-仙台間のキハ181系特急だった時代もありましたね。

新たな愛称となれば、仙台にちなんで「だて」「まさむね」とか、「ほや」はどうかな?相馬の野馬追い祭りにちなんで「野馬」はどうだろうか?

みなさんならいかがされます?

↓*↓*↓☆↓

鉄道写真テクニック (イカロスMOOK Jトレイン特別編集 )
イカロス出版[A4判変形/130頁/〒340]
1,800円
DS 鉄道検定DS
DS 鉄道検定DS
2,480円
デジタルカメラを生かす鉄道写真
東京堂出版[広田尚敬(著)/四六判/272頁/〒290]
1,890円
鉄道写真テクニカルガイド 基礎からプロの技術まで (鉄道ダイヤ情報PREMIUM )
交通新聞社[A4判変形/160頁/〒340]
1,890円
鉄道の四季?絶景写真集
満開の桜の下を行くローカル線、雪煙を蹴立てて疾走する特急電車、人々の思いを乗せて走る夜行列車、灼熱の太陽の光を浴びて猛スピードで飛ばす新幹線…。鉄道という日常の交通機関が「被写体」になると、その姿はまったく別のものになる。本書は、カメラがとらえた四季折々の列車の表情であり、鉄道写真でつづる旅情あふれる日本の春夏秋冬の景色である。
680円

« 元JR253系、2月26日から長野電鉄の「スノーモンキー」として運転 | トップページ | РЖД и Япония(ロシア鉄道と日本) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/50833798

この記事へのトラックバック一覧です: いわき-仙台間の特急の愛称名は何がいい?:

« 元JR253系、2月26日から長野電鉄の「スノーモンキー」として運転 | トップページ | РЖД и Япония(ロシア鉄道と日本) »