2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あの湘南色の千マリの113系に乗りました(千葉→成東) | トップページ | 成東で湘南色の千マリ113系を見送る »

伊藤左千夫と成東

私にとって、伊藤左千夫というと、「野菊の墓」のイメージが強く、市川市出身の人だと思い込んでいた時期もありました。違いますね。成東の出身の人なのですね。

201002144 201002145

JR成東駅のホームにはその伊藤左千夫の歌碑があります。

成東駅から約700mのところには、伊藤左千夫記念公園もあり、さらに約400m行ったところにある山武市歴史民俗資料館には、伊藤左千夫の生家があるそうですね。

名作の風景 伊藤左千夫/寺田寅彦?絵で読む珠玉の日本文学(9)?
■商品発売日 2007/06/20■品種 DVD■商品説明 誰もが知っている珠玉の日本文学を、当代一流の描き手による素晴らしい挿入画と作品ごとに用意されたオリジナル曲に乗せて映し出したNHK番組。演技派俳優や名ナレーターたちの味わい深い朗読も魅力。
2,940円
アララギの山脈?近代歌人論
斎藤茂吉に師事したアララギ派の歌人で、万葉研究者であった柴生田稔、没後四年。その遺論集四部作の第一冊。正岡子規を別格として、伊藤左千夫以下アララギの山脈をたどる。飾り気のない、鋼のような文章が、妥協を許さぬ、厳しい批評と相俟って、類いまれな珠玉の近代歌人論集を形成。
3,873円
赤光
『赤光』は、当時の歌壇に一大センセーションを巻き起こした。伊藤左千夫の死を悼む「悲報来」、そして「おひろ」「死にたまふ母」の連作など、作品は生の苦悩に満ち、強烈な人間感情にあふれていた。まさしく伝統的技法と、近代的自我の融合。はからずも茂吉は、短歌において日本の近代化を成し遂げた。いまここに、大正二年(1913)に刊行された『初版・赤光』を再現して贈る。
580円
伊藤左千夫?生命の叫び
伊藤左千夫?生命の叫び
1,680円

« あの湘南色の千マリの113系に乗りました(千葉→成東) | トップページ | 成東で湘南色の千マリ113系を見送る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤左千夫と成東:

« あの湘南色の千マリの113系に乗りました(千葉→成東) | トップページ | 成東で湘南色の千マリ113系を見送る »