2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 週刊誌Pのグラビアに「富士・はやぶさ」 | トップページ | 岡村孝子さんの歌から考える今の世 »

石川さゆりさんと鉄道

1月30日は石川さゆりさんの誕生日です。

私も石川さゆりさんの歌をよく聴いていた時期がありました。鉄道マニアゆえに、「津軽海峡冬景色」に出てくる「上野発の夜行列車」に敏感に反応してしまいました。この歌は1977年の歌。当時の上野発の夜行列車は、特急は「ゆうづる」「はくつる」「あけぼの」「北陸」「北星」、急行は「八甲田」「十和田」「津軽」「おが」「出羽」「鳥海」「天の川」「佐渡」「まつしま」「あずま」「ばんだい」「越前」「能登」「妙高」とあったのですが、今はずいぶん少なくなりましたね。

「砂になりたい」という歌には「山陰本線の夜の汽車」が出てきましたが、かつての「山陰本線の夜の汽車」の特急「出雲」、急行「だいせん」「さんべ」はなくなりましたね。「サンライズ出雲」が今、「山陰本線の夜の汽車」ですが、砂丘のある鳥取は通りません。

「火の国へ」には東京駅から火の国・熊本に向かう夜汽車が出てきますが、その火の国・熊本に向かう寝台特急「はやぶさ」もついに廃止になりますね。

「みちゆき博多発」という歌にも「汽車」が出てきますが、この歌、アップテンポなリズムの歌なので、新幹線をイメージしていると思われます。

「津軽海峡冬景色」以前の歌には「泣き虫列車」という歌も歌ったことがあります。この「泣き虫列車」に出てくる汽車の汽笛は「ポー」ですから、SL牽引の列車をイメージしたものだったのかもしれません。

石川さゆりさんは熊本県飽託郡の出身だそうですが、JR三角線の沿線だったようです。この線は、C11が走っていました。

あと、石川さゆりさんのお父さんは、熊本市電の運転士だった時期もあったそうです。

このように考えると、石川さゆりさんは、鉄道とも縁があったのでしょうか?

« 週刊誌Pのグラビアに「富士・はやぶさ」 | トップページ | 岡村孝子さんの歌から考える今の世 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おはようございますm(__)m私は愛知県尾張旭市住みです(^o^;33歳独身です!演歌歌手見習いです!昔、私は三重県長島温泉の舞台で石川さゆりさんのコンサートを拝見しました。良かったです。私はプレゼントを渡しました(^o^;
doragon-tubame@docomo.ne.jp

紅葉純子さん、コメントありがとうございます。私も石川さゆりさんのコンサートに6回行ったことがあります。「津軽海峡冬景色」はパワーを感じますね。紅葉純子さんは演歌歌手見習いですか。いつか歌手として花開くことをお祈りします。

こんばんわ!4月11日は愛知県尾張旭市にある渋川福祉センターで音楽の発表会がありました。私も出演させてもらえました。舞台は無事に成功しました。一度メールください!

紅葉純子さん、コメントありがとうございます。なにやら「紅葉純子」をキーに検索すると、ヒットしますね。音楽発表会での成功、おめでとうございます。これからのご活躍お祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/43867563

この記事へのトラックバック一覧です: 石川さゆりさんと鉄道:

« 週刊誌Pのグラビアに「富士・はやぶさ」 | トップページ | 岡村孝子さんの歌から考える今の世 »