2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 489系「ホームライナー鴻巣3号」・・・「能登」で金沢に帰る前の一仕事 | トップページ | Минская Кухня(ミンスクの台所) »

日本では「はやぶさ」号廃止、ロシアではこれから登場!

日本では、まもなく寝台特急「はやぶさ」号がなくなろうとしているのに、ロシアではこれから「はやぶさ」号が登場しようとしているのですね。

По-русски "сапсан" по-японски "хаябуса".(ロシア語の「サプサン」は日本語では「はやぶさ」です)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008122700231

http://www3.nhk.or.jp/news/t10013277991000.html

これは、ロシアの新幹線と言うべきものでしょうか?最高時速250km/hで走り、モスクワ(Москва)とサンクト・ペテルブルグ(Санкт-Петербург)
の間を3時間45分で結ぶそうです。
その列車が公開されたのです。その列車の名前が「サプサン(сапсан)」号、日本語に訳すと「はやぶさ」号なのです。2009年末までに開業するそうです。

当然、ロシアでも報じられていますね。

http://www.regnum.ru/news/1105433.html

http://www.rian.ru/economy/20081226/158154272.html

http://www.rg.ru/2008/12/26/poezd-anons.html

私はロシア語を100語程度しかわからないので、よく理解できませんが、プーチン首相がこの列車の名前を付けたのでしょうか?
10両編成で、600人分以上の座席があるようです。

それからこの「サプサン(はやぶさ)号」、モスクワとニジニ-ノヴゴロド(Нижний Новгород)間、モスクワ-ソチ(Сочи)間を定期運行する計画もあるようです。モスクワ-ソチ間ということは2014年のソチオリンピックを意識しているのでしょうか?

さてさて、このロシアの新幹線というかこの高速列車(высокоскоростной поезд)、ロシアの鉄道をどう変えていくでしょうか・・・・・・。

Желаю высокоскоростному поезду "Сапсан" успехов. (高速列車「サプサン(はやぶさ)」号の成功を祈ります)  

Слава высокоскоростному поезду "Сапсан"! (高速列車「サプサン」号に栄光あれ!) 

ロシア国立モスクワ合唱団/道、一週間?ロシア民謡/合唱名曲集
3,000円

« 489系「ホームライナー鴻巣3号」・・・「能登」で金沢に帰る前の一仕事 | トップページ | Минская Кухня(ミンスクの台所) »

по-русски」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
ロシアにも高速列車、しかも「はやぶさ」号ですか!首都モスクワと大都市サンクトペテルブルクを結ぶという事で、旅客需要も距離的にもうまくいきそうな感じですね。
リンク先の写真を見る限り、ドイツのICE3の耐寒耐雪バージョンといった感じですね。車内もやっぱりICE譲りの快適座席仕様なんでしょうか、一度乗ってみたいです。

mitsuto1976さん、コメントありがとうございました。車両をドイツのシーメンス社に発注して製造させたせいなのか、ICE譲りのものがあるのでしょうね。私も一度乗ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/43550088

この記事へのトラックバック一覧です: 日本では「はやぶさ」号廃止、ロシアではこれから登場!:

» 大船駅で富士はやぶさをキャッチ! [R-Color Palette がんばっていきまっしょい♪]
                            2009.1.1 元旦 大船駅 OLYMPUS E-510 {{{ 鎌倉高校前の初日の出・七里ガ浜の富士山&江ノ電に続き 元旦は帰りに大船駅で富士はやぶさをキャッチしました! }}} ナント === 上りの撮影は初でございます(笑) === {{{ なんか・・・縁がなくてねぇ^^; もっと根府川とか藤沢あたりでも撮りたかったのですが それは次回の課題です。。。次回といっても残りわずかですが!! ..... [続きを読む]

« 489系「ホームライナー鴻巣3号」・・・「能登」で金沢に帰る前の一仕事 | トップページ | Минская Кухня(ミンスクの台所) »