2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 江ノ電・峰ヶ原信号所にて | トップページ | 亀さんがいっぱい »

Сочи и Вика Цыганова(ソチとヴィーカ ツィガノーヴァさん)

Я нашёл сайт Вики Цыгановой которая российская певица.
http://www.tsiganova.ru/index.html
(私はロシアの女性歌手、ヴィーカ ツィガノーヴァさんのサイトを見つけました)
А я слушал её песню "Сочи" .
(そして私は彼女の歌、「ソチ」を聴きました)

Ой это хорошая песня!
(おお、これはいい歌だ)

日本では「ソチ」と言っているけど、「ソーチ」の方が正しいのではないでしょうか?
ソチは2014年に冬季オリンピックの開催が予定されていますね。
だけど、ここは温暖な地域なのですよね。何故冬季オリンピックができるのかなあ?
ウィキペディアには「雪をかぶった大コーカサス山脈を臨む美しい砂浜が広がる。気候は温暖」と書いてあります。ということは大コーカサス山脈の方に行くと、できるのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%81

スケートは室内でできるし、開・閉会式なら市内の競技場でもできるでしょう。
スキーなどの雪を必要とする競技は大コーカサス山脈で行うのかな?

さて、このヴィーカ ツィガノーヴァさん(Вика Цыганова)の歌の「ソチ」では、Сочиという語を3回繰り返すところが一番覚えやすいですね。

それとрайскийという語が出てきます。「ライスキー」と聞こえますが、決して「お米が好き」という意味ではありません。「天国の」「極楽の」「魅力的な」という意味があります。ソチが極楽のようなところ、魅力的な場所だということでしょうか?

それから бандитизма という語が出てきます。これは生格のようで主格がбандитизмです。最初「バンジ○○○」と聞こえたので、えっ?ソチでバンジージャンプでもするの?と思って辞書で調べたら、バンジージャンプとは全然関係なく、「ギャング行為」という意味でした。
この歌では「ここではギャング行為を聞くことも、見かけることもない」というようなことが歌われています。

ソチは黒海沿岸の都市だけにдельфин(いるか:この歌では複数形のдельфины)が泳いでいるのも見られるのでしょうか?
あと
пальмаというヤシ(辞書ではシュロ、サゴヤシ、ナツメヤシという意味が出てました)が生えているのでしょうか?

бархатные ночи という言葉も出てきますが、「ビロードのような夜」と思える程、夜景がきれいなのでしょうか?


в ажуреという言葉も出てきますが、「あるべきように」という意味のようです。ажуреはажурの前置格です。ажурには「即日決済」という意味もあるのですね。

さて、ソチはロシアとグルジアとの国境から30kmほどだそうです。今、ロシアとグルジアとの関係を思うと、2014年の冬季オリンピックのことが心配になります。それまでには平和になってほしいものですね。


ヴィーカ ツィガノーヴァさんの歌の「ソチ」を聴いてしまうと、なおさらそのように思います。

それとともに、ヴィーカ ツィガノーヴァさんの「ソチ」こそ、ソチでの冬季オリンピックの宣伝にふさわしい歌ではないかとさえ思えてきます。

« 江ノ電・峰ヶ原信号所にて | トップページ | 亀さんがいっぱい »

по-русски」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ブログで五輪を10倍楽しむ(21) 最終回。ブログとスポーツの今後のフュージョンを検証。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まず今回のオリンピック雑感をば。 時差のないオリンピックはこんなに楽しめるか、ということをつくづくと実感。 シドニーも時差はなかったが、その思いは今回の方が圧倒的にある。 それはワンセグという新兵器による部分も少なからずということは先日アップした。 (それだけじゃないけどね) そんな中?「ブログでオリンピックを10倍楽しむ法」という新企画にトライしてみました。 もうずいぶん過去のことなので(という感覚)改めてどういうことにトライしたかを説明すると、オリンピック期間中、当日の競技予定を開始時間(日... [続きを読む]

« 江ノ電・峰ヶ原信号所にて | トップページ | 亀さんがいっぱい »