2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京浜急行発祥の地・川崎大師 | トップページ | 江ノ電・峰ヶ原信号所にて »

江ノ電・腰越-江ノ島間の併用軌道区間

江ノ電の腰越-江ノ島間は併用軌道区間が殆どです。今まで車との接触事故とか、人が巻き込まれたとかいう事故もないのが不思議なくらい。併用軌道区間ゆえに、写真を撮っている人もいました。

電車は慎重に、ゆっくりゆっくり走りますね。不測の事態が発生した場合、すぐにブレーキを掛けて止まれるようにしているのでしょうね。0.6Kmを3分かけています。

陸上競技の選手なら、この区間を電車と競争すると、楽々勝てますね。例えば、ナチュリルの佐藤美保選手なら800mを2分5秒から10秒前後で走れますし、丹野麻美選手なら400mを50秒台で走れるので、600mなら80秒台で走れるという計算になりますし。

Enokoshi

« 京浜急行発祥の地・川崎大師 | トップページ | 江ノ電・峰ヶ原信号所にて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/42401634

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電・腰越-江ノ島間の併用軌道区間:

« 京浜急行発祥の地・川崎大師 | トップページ | 江ノ電・峰ヶ原信号所にて »