2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ツツジ 躑躅 | トップページ | スカ色の豊田区の115系 »

夕鶴ならぬ夕鴻

かつて、国鉄・JRには「ゆうづる」という寝台特急が上野と青森の間を走っていました。

木下順二氏の作品に「夕鶴」という戯曲がありました。

いにしえの人は鶴とコウノトリの区別がつかなかったようで、埼玉県の鶴ヶ島も、本当は鶴ではなく、コウノトリが飛来したのでは?という説もあるようです。

YOMIURI ONLINEに素晴らしい写真が掲載されていたので、感動しました。

それは「夕鶴」ならぬ「夕鴻」の写真でした。タイトルは「夕日」ですが。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/photo/tp80504a.htm

夕日に照らされて、コウノトリの親子が佇んでいる光景がなんとも言えません。心が落ち着きます。

他にもYOMIURI ONLINEの「コウノトリ 大空へ」のコーナーの写真日記にはいろいろな素晴らしい写真があります。http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/

« ツツジ 躑躅 | トップページ | スカ色の豊田区の115系 »

コウノトリ(аист,stork)」カテゴリの記事

コメント

コウノトリ親子の写真見てきました。
 綺麗で、ほほえましく、安らぐ写真でした。
 ご紹介、有り難う御座います。

ふるさん、本当にあの写真、素晴らしいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕鶴ならぬ夕鴻:

« ツツジ 躑躅 | トップページ | スカ色の豊田区の115系 »