2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

新たなるコウノトリの生命に期待

YOMIURI ONLINEによると、先日生まれたばかりの豊岡の3羽のコウノトリのヒナが順調にそだっているそうですね。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts80329a.htm

順調に育てば、5月には巣立ちできるとか。

ところで、別のコウノトリのペアが産卵したそうです。このペア、昨年も3つの卵を産みながら、3つとも無精卵だったそうです。豊岡市でも、今年こそはとの期待があるそうです。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts80327b.htm

無事に生まれてくることを祈りたいものです。

Счастья аистам которые живут в Городе Тоёоке! 
(豊岡市で暮らすコウノトリ達に幸あれ)

「うつ病リワーク研究会」発足

みなさん、健康な状態で仕事ができていますか?心も健康ですか?

YOMIURI ONLINEによると、うつ病で職場を休職していた人の復帰を支援するために医療機関のネットワーク「うつ病リワーク研究会」なるものが発足されたそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080329-OYT1T00503.htm

うつ病になった人が一日でも早く元気になれるといいですね。

そういえば、三浦綾子氏作の「氷点」では、辻口啓造が院長を務める病院に入院していた患者が体の病が治ったのに、自殺してしまう場面がありました。そして辻口啓造は「体の病を治せても、心の病を治してあげることはできなかった」と悔みました。

「氷点」は40年以上の前の小説。あのころは心の病は、まともに病気として見なされなかった時代でしたが、三浦氏はこのころ既に、心の病が社会問題に発展することを予測していたのかと考えたくもなります。

思えば、私の職場の同僚でも、うつ病や自律神経失調症などで、泣く泣く職場を去って行った者もいました。

職種や職場の雰囲気などで差がありますが、給料をもらう過程ではいろいろなことがありますからね。いろいろな人に気を使う仕事をしている人、「早くしろ、早くしろ」と追い立てられるように仕事をしている人、一歩間違えると命を落とす危険性のある仕事をしている人など。精神的にまいってくれば、うつ病などの心の病に罹りやすくなりますね。

これに追い打ちを掛けるのが、やっとの思いで稼いだ金を「税金」という形で強奪する政治とその影響による社会的な頽廃。

今の自公政権の行う政策は、まさに「心の健康にとっての敵対政策」という面ももっているのではないでしょうか?

113系と211系の行先表示

113系は東京では見られなくなりましたが、千葉に行けばまだ見ることができます。とはいっても、いつまでも安泰ではありませんね。

東海道線にE233が投入されれば、211系がはじき出され、幕張電車区に転属し、玉突き的に113系は追われることになるでしょうね。

ところで、113系の場合は、前面でも何行きなのかわかるように行先表示をするのですが、211系の場合は「総武本線」「内房線」と、走る線区を表示するのですね。

(写真はクリックすれば、大きく見ることができます)

Chiba_113_211

Одна русская и Город Юбари(一人のロシア女性と夕張市)

Одна русская помогает Городу 《Юбари》.
(一人のロシア人女性が、夕張市を助けています)
Её имя Наталья Россина.
(彼女の名前はナタリア・ロシナさんです)
Она родилась в Москве.
(彼女はモスクワで生まれました)
Она изучала в Новой Зеландии.
(彼女はニュージーランドで学びました)
Она живёт в Городе Саппоре.
(彼女は札幌市に住んでいます)
Она президент Компании ”For ALL”.
(彼女は「For ALL」という会社の社長です)

http://www.it-for-all.com/health-for-all/blog/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20071119/140976/
http://www.hokkaido-jin.jp/issue/emi/06/interview_01.html

夕張といえば、夕張メロンを思い浮かべる方、昔は炭鉱で栄えた町というイメージのある方、市の財政が破綻した自治体というイメージのある方、などがいらっしゃると思います。夕張メロンチョコを食べたことあるけど、うまかったなあ…。
http://yubari-melon.com/index.html

「映画の町」というイメージのある方もいらっしゃるのでは?
三浦綾子氏原作の映画「塩狩峠」での鉄道シーンは、実際の宗谷本線の塩狩峠での撮影はラストのみで、炭鉱が栄えていたころに走っていた三菱石炭鉱業大夕張鉄道線で撮影したという話を聞いたことがあります。
http://www.geocities.jp/ooyubari_rps/index.html

財政破綻については小泉改革の犠牲になったようなものでしょうか?

それにしても、このロシア人女性のナタリア・ロシナさんから学ぶこと、考えさせられること、いろいろあります。
夕張市も早く再建できるといいですね。

*私はロシア語は100語程度しか知りません。スペルや文法の誤りに気付かれた方はご指摘ください

新しいコウノトリの生命

あのコウノトリの郷・豊岡で、3羽のコウノトリの雛が孵ったそうですね(^_^)

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts80322b.htm

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/topics/index.php?FORM[nid]=62ff72438bcd38fdf4151fe9435db23f&FORM[attribute]=#

よかったですね

卵は5個あったそうで、全て孵ったとのことだそうです。残りの2羽は死産と不明。この点は残念ですね。悲しいけど、これも自然界の厳しさの一つかな?

無事に生まれた3羽が、生を得られなかった雛の分まで元気に育ってほしいものです。

つい最近、西宮市まで往復してきたというコウノトリがいたそうですが、生まれてきた3羽も、親鳥達が飛んでいったことのない町の上空を飛び回ってほしいですね。

ロシアの女性歌手、クリスチーナ・オルバカイテさんは、「コウノトリ(Аист)」という歌を歌いました。その歌の中には「улетаю(ウリターユ:私は飛んで行く)」という言葉が何度も出てきます。

コウノトリは人間の言葉は話せないけど、この3羽の雛たちが、「улетаю(ウリターユ:私は飛んで行く)」と言える日が待ち遠しいものです。

Счастья аистам которые живут в Городе Тоёоке! 
(豊岡市で暮らすコウノトリ達に幸あれ)

寝台急行「銀河」がなくなり・・・

寝台急行「銀河」が廃止され、1週間経ちましたね。

かつては東京-大阪間に「銀河」・「明星」・「彗星」・「月光」・「金星」・「あかつき」・「すばる」と七つの異なる愛称名の夜行急行が走っていたそうですね。あと東京-湊町(現JR難波)間には関西本線経由の急行「大和」も走っていたとか。それが今度のダイヤ改正でゼロになったのですね。時代は変わりましたね。

でも、何年か後、「懐かしの銀河」号という形で、一時的な復活でもしてくれないかなぁ・・・。

Ginga_003 Ginga_004

佐藤美保選手の「素敵な夫婦」論について

陸上競技の女子800m日本記録保持者でもあり、昨年の7月7日に結婚したナチュリルの佐藤(旧姓・杉森)美保選手は、同社のサイトhttp://www.natureal.co.jp/nac/の「日記」コーナーで、3月15日に「素敵な夫婦」について述べていました。http://www.natureal.co.jp/nac/diary/diary0803.html

何やら新幹線の自由席に乗っていた時、一組の老夫婦が二人揃って座れるように席を移動してあげたとのこと。

そうしたら、「歳をとっても夫婦には変わりないから、一緒に座れて嬉しいです。どうもありがとう」とお礼を言われたそうです。

それで佐藤美保選手は、この老夫婦を「すごく素敵な夫婦」だと感じたそうです。また、「これまでお互いを思いやり、助け合ってきた雰囲気を感じた」「歳を重ねていくごとに、相手を思いやる気持ちなどが、膨らんでいくような気がする」などとも述べていました。

さすが、夫・敦之選手との心の結びつきを大切にする人らしい考え方ですね。http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d347.html

佐藤美保選手のように心の結びつきを大切にする人に対しては、大いに称賛したいものですし、世の中そうでないといけないと思います。

結婚しても妻以外の女とバコバコやったり、夫以外の男とバコバコやったりしている人、その他悪意の遺棄的な行為をしている人には、こういうことは理解できないのでしょうね。コンビニの書籍コーナーには、相手を思いやる気持ちの夫婦の仲さえも引き裂いてやることを目的としているのではと思えるような雑誌が置かれていますが、こんな雑誌で金儲けしようとする人達も、上記のような「素敵な夫婦」というものを理解できないのでしょうか?こんな人達には、佐藤美保選手の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいくらいです。

それから、佐藤美保選手は、「おそらく、自分の心に余裕がなければ、相手を思いやる心はうまれないと思います」と述べていました。

ところが、今の政府は勤労者から心の余裕を強奪するような政治を行っていますね。税金をふんだくり放題、ふんだくり、それでもなお足りないと言って、もっと強奪しようとしています。政治家や官僚が無駄遣いをするために高い税金をふんだくっているようなもの。

まさに今の政府は、「素敵な夫婦の敵」「心の結びつきを大切にしようとしている夫婦の敵」ではないでしょうか?

P.S それにしても、当ブログには「佐藤美保」でアクセスする人よりも「杉森美保」でアクセスされる人の方が、まだ多い(5件あればそのうち3件)ですね。

さようなら、寝台急行「銀河」

ついに寝台急行銀河が廃止されましたね。最終日は雨が降りました。銀河号の廃止を惜しんだ涙雨かなぁ。かつては多くのビジネスパーソンが出張に利用していましたしね。私も出張で利用したことがあります。

そして急行銀河の廃止は、EF65牽引客車列車の廃止でもあるのですね。私もEF65牽引の列車として、特急あけぼの、みずほ、出雲、瀬戸、急行銀河に乗車した記憶もあるだけに、これも寂しく感じます。

写真は最終日のものではありません。 Ginga_001

Ginga_002

臨時快速すいごう走る

Suigo 特急すいごうは、2004年10月に廃止になりましたね。ところが、今年は特急ではなく、臨時快速として走りました。写真は錦糸町で撮ったものです。夕日に照り付けられています。

頑張れ国分和生さん、うそつき男・蒔田文幸をやっつけよ!

痴漢をしてはいけませんが、痴漢をしていない人に対して、無実の罪をでっち上げに痴漢の犯人にしたてあげようとすることも許せませんね。

何やら甲南大学の学生である蒔田文幸という男が、交際している女性と共謀して、痴漢をしていない人を痴漢の犯人にでっちあげたそうですね。しかも示談金目当てでやったとか。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080314/crm0803141538020-n1.htm

http://www.asahi.com/national/update/0313/OSK200803130125.html

それで、うそつき男・蒔田文幸の陰謀の犠牲になった会社員の国分和生さんですが、警察で何を言っても信じてもらえなかったそうですね阿倍野署員は「白状したら許したる」と言って、国分さんを真犯人ししようとしたそうですね。だいいち、してないものを「した」といって白状したら許すわけないじゃないですか。「よし、痴漢をしたと認めたんだな」ということで不当逮捕するわけですから。

阿倍野署員もうそつき男・蒔田文幸と同罪ですね。

いずれにせよ、国分和生さんはねつ造男・蒔田文幸から慰謝料を取る権利が生じたはずです。1円でも多く慰謝料が取れることを祈りたいものです。

頑張れ国分和生さん、うそつき男・蒔田文幸をやっつけよ!

頑張れ国分和生さん、ねつ造男・蒔田文幸叩きのめせ!

さて、うそつき男・蒔田文幸は、甲南大学の学生ですね。http://www.konan-u.ac.jp/

その甲南大学では、早速お詫びの声明を出しました。http://www.konan-u.ac.jp/news2/080313.pdf

甲南大学はねつ造男・蒔田文幸を、退学処分にするのでしょうか?

ところでこの事件、早速ウィキペディアに載っていますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%97%E5%A4%A7%E5%AD%A6

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%97%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7

<追記 2008.03.18>

あの、うそつき男・蒔田文幸が通っていた甲南大学ですが、ついにねつ造男・蒔田文幸を退学処分にするそうです。当然といえば、当然ですよね。うそつき男・蒔田文幸に同情の余地なんかありません。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-18X539/1.htm

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0000879268.shtml

-------<2008/6/14 追記>--------------------------

ついにあのうそつき男・蒔田文幸の共犯者の名前が公表されましたね。

阪田真紀子というそうです。

うそつき男・蒔田文幸の共犯者は阪田真紀子というそうです。

ねつ造男・蒔田文幸の共犯者は阪田真紀子というそうです。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00134657.html

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008061300383

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080613-371587.html

被害者の国分和生さんは、うそつき男・蒔田文幸の共犯者である阪田真紀子に対しては「本当の悪じゃないと思う。許してあげようと。蒔田が主導でやっていて、女性も被害者じゃないか」と言っていたそうです。

国分さんがそう言うなら、という気にもなるけど、そう思わせることや同情させることこそが、ねつ造男・蒔田文幸の共犯者である阪田真紀子の狡猾な心理作戦かもしれないので、慎重に監視しておいた方がいいかもしれません。

あーあ、いやな世の中になりましたね。政治も教育も間違っているからでしょうか?

<追記 2008.10.24>

うそつき男・蒔田文幸は、結局懲役5年6月でしたね。10年以上ブタ箱に入ってほしかったけど。 

ついに廃止、「銀河」「あかつき」「なは」

ついに急行「銀河」(東京-大阪)、特急「あかつき」(京都-長崎)、特急「なは」(京都-熊本)が廃止になりますね。この文章を書いている時はまだ最後の走行をしているさなかですが。このニュースは時事通信や産経などでも取り上げられました。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-15X055/1.htm

http://sankei.jp.msn.com/etc/080314/etc0803142118000-n1.htm

来年は「富士」「はやぶさ」が廃止ですね。時の流れとはいえ、寂しいものです。そういえば、今から30年ほど前だったか、当時大赤字だった国鉄に「夜行列車廃止論」が出てきた記憶があります。いくらなんでも、それは無理だろうと思っていたけど、だんだん現実に近づいてきているのでしょうか?

呆れたバカ校長

埼玉県川口市立川口高校の市川和夫というバカ校長が、元教え子に脅迫メールを送っていたそうですね。妻子もいるのに、呆れましたね。

http://www.j-cast.com/tv/2008/03/10017612.html

http://www.asahi.com/national/update/0310/TKY200803100194.html

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008031001000744.html

それにしても同高校の卒業生はかわいそう。犯罪者の名前の入った卒業証書をもらったのですからね。川口市教育委員会も、教頭か別の校長の名前の入った卒業証書を再発行してあげるくらいの措置は取ってほしいものです。

・・・・と思ったら、希望者には 再発行するそうです。校長名を削除して。http://news.nifty.com/cs/topics/detail/080310006256/1.htm この記事をアップした後でわかったので、書き加えます。

だけどこの校長、以前は痴漢を取り押さえるという手柄をたてたこともあったとか。表の顔と裏の顔との差が大きかったのかなあ?政治家にも、企業人にも、文化人にも、自分をあたかも紳士・淑女のように見せかけて、影でとんでもないことしている奴っていますしね。

<追記 2008.03.18>

またバカ校長の不祥事があったそうですね。

今度は谷田貝秀雄というバカ校長だそうです。何やら女子バレーの強い私立中学・文京女子学院中学の校長だとのこと。山手線で女性の財布をすったそうです。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080317/crm0803172031018-n1.htm

http://japan.techinsight.jp/2008/03/200803171749.html

代理出産-杓子定規的に決めていいの?

日本学術会議検討委員会が代理出産に関する提言をまとめたそうですね。

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2008030701000800_Detail.html

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080307AT1G0702W07032008.html

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080307-OYT1T00557.htm

代理出産は法律で禁止し、営利目的の代理出産は、医者と斡旋者と依頼者に刑罰を与えよとのこと。

代理出産に手放しで賛成するつもりはないけど。刑罰はちょっとやり過ぎでは?「営利目的」といっても、やむにやまれず、依頼者の切実な願い・ニーズに応えましたというのを、杓子定規的にばっさり処罰していいのでしょうか?

それと、代理出産で「代理出産でも産んだ女性が母」というのも杓子定規的。話し合いで決めてもいいのでは?母が二人、という形で戸籍登録したっていいのでは?もし、その子が依頼者の母親の子として育った場合、「おまえにはお母さんが二人いる。おまえがこの世に生を得られたのは、もう一人のお母さん(代理母)のおかげなんだよ。この人にも感謝しなければいけないよ」と教育していくなら、それもいいのでは?

この問題は、単純に「良い/悪い」、「AだからBだ」と決められない複雑な問題が多いと思います。政府も日本学術会議検討委員会の提言を鵜呑みにするのではなく、いろいろな観点で考えてほしいものです。

尿臭充満の仮設厠

【注意】食事をしながらこの記事を読まないでください。気分を悪くされても、吐き戻されても責任を負えません。

------------------------------------------------------------

地下鉄半蔵門線との乗り換えでもあるJR錦糸町駅ですが、トイレ工事を行っているようで、利用したい場合は仮設トイレを使うことになります。

先日、そのJR錦糸町の仮設トイレを利用したら、あまりにも凄まじい臭い。尿の臭いが充満していました。しかも、尿を便器の外にこぼした人がいたのではと思えるようような水びたし。私も手で口を押さえながら小用をし、その間息を止めていました。

ああ、苦しかった。食事を終えたばかりの人や、神経質な人だったら、吐きもどしたかもしれません。私も数分間、胃がおかしくなった気分でした。

仮設トイレが換気できない作りゆえに、ある程度やむを得ないのかもしれないけど、いくらなんでもひど過ぎました。ピコレットとかを置くとか、たまに消臭剤を撒くなりの処置くらいしてほしいものです。

池田久美子選手、世界室内選手権で予選落ち

スペインのバレンシアで世界室内選手権が行われ、走り幅跳びの池田久美子選手も出場しましたが、残念ながら予選落ちでした。何やら12人中最下位の12位、跳べた距離も6m17とのこと。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008030800380

イケクミ選手の実力なら6m台の後半の距離を跳べるはずなのに、どうしたのかなあ・・・。7mを意識し過ぎて、どんどん7mから遠ざかっているように思えます。多くの人の期待が重荷になっているのでしょうか?それとも室内ではやりにくいものがあるのでしょうか?

それともライバル不在が影響しているのでしょうか?昨年の日本選手権ではライバルの花岡選手がアクシデントを起こしたし、10代や20代の選手でイケクミ選手を脅かす存在的な選手もいないし。

でも、池田久美子選手のこと、このままで終わらないと思います。

フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!

明治大学がSUICAと一体化した学生証導入

みなさんの中で、明治大学出身の方はいらっしゃいますか?

http://www.meiji.ac.jp/

京王線・井の頭線に明大前という駅がありますが、その駅を最寄り駅とするのは和泉校舎で本部はJR中央線・東京メトロ丸の内線のお茶の水と千代田線の新お茶の水を最寄り駅とする駿河台校舎が本部だそうですね。あと小田急線生田を最寄り駅とする生田校舎もあるとか。

さて、その明治大学が何と、SUICAと一体化した学生証を導入するそうですね。これを導入することで図書館の入退館や証明証の発行や授業の出欠確認までできるそうですね。

これが導入されれば代返もできなくなるそうですね。私も大学生時代に代返をやったこともあれば、頼んだこともあったなぁ・・・・・。もっとも中には出席を取らない教授もいるかな?私の大学時代にも、いつもはがらがらの教室で授業としているのに、テストになると超満員で、「なんだ、お前もこの授業を取っていたのか!?」と同級生と思わず顔を見合わせたこともありましたが・・・・。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2008030401017

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080304/trd0803042056011-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080304/trd0803042056011-n1.htm

これを機に他の大学もSUICAかPASMOと一体化した学生証の導入を始めるかな?

廃止間近の寝台急行「銀河」号

東京〜大阪間を走る寝台急行銀河も、いよいよ廃止間近ですね。最近、カメラ持って撮影している人が多くなりました。

多くの人が新幹線や飛行機、あるいは運賃の安い夜行バスを利用するようになりましたし、時の流れですかね。でも、ちょっと寂しい気もします。

Ex_ginga

京成3500形、更新車の優等列車と非更新車の各駅停車

京成3500形って、更新車は優等列車に使われるけれど、非更新車は各駅停車専用ですね。特に金町線は4両編成の電車しか入れないから、この線区で3500の非更新車に当たる確率は高いですね。

写真左は非更新車の各駅停車金町行、右は更新車の快特羽田空港行です。いずれも京成高砂で撮影しました。

Keisei_3500

豊岡市立新田小学校の子どもたち、コウノトリ観察HP マイタウンマップ最高賞おめでとう!

YOMIURI ONLINEによると、あのコウノトリの郷・豊岡市にある豊岡市立新田小学校のホームページ、「ニッタン大空へ」が、「第14回マイタウンマップ・コンクール」で、最高賞の内閣総理大臣賞を受賞したそうですね

よかった、よかった(^_^)

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts80227a.htm

http://www2.city.toyooka.hyogo.jp/edu/school/nitta-es/

http://www2.city.toyooka.hyogo.jp/edu/school/nitta-es/kounotorikannsatutai/kounotorikansatutai3.html

このホームページを見てみると、豊岡市立新田小学校の子ども達の中から将来、環境・農業・科学の分野で活躍する子が何人も出てきそうな気もします

特に最近、中国の毒入り餃子事件もあったので、自給率向上と食品の安全に高い問題意識を持つ子どもがたくさん輩出されることも期待したくもなります

それから「風にのって」という歌ですが、元気に歌っていますね。
この歌を露訳してハバロフスクの子ども達に贈ってほしくも思います。また、ロシアのクリスチーナ・オルバカイテさんの歌った「コウノトリ(Аист:アーイスト)」)という歌が日本語訳されて、豊岡市や埼玉県鴻巣市を中心に日本中に知られてほしいなあ、という気もします。

コウノトリにもある三角関係

YOMIURI ONLINEによると、コウノトリの郷・豊岡で1羽の雄をめぐって2羽の雌が争っていたそうで、激しい空中戦が行われたそうです。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts80228a.htm

人間の世界でも一人の男をめぐって複数の女が争ったり、一人の女をめぐって複数の男が争ったりすることがあるけど、コウノトリの世界でもあるのですね。だけど、その後どうなったのかなあ?雄はどちらの雌を選んだのだろう?

ロシア語ではコウノトリを「アーイスト(аист)」といいます。だから私はコウノトリを「愛の鳥」として「愛す鳥」という当て字を使いたいと思うほどです。

そのアーイストも、時には激しい愛の戦いをすることがあるのですね。

鉄道アイドル豊岡真澄さん、水天宮にお参り

地下鉄半蔵門線には 水天宮前という駅がありますね。その駅の名の通り、水天宮の最寄り駅です。

あの鉄道アイドル豊岡真澄さんは、先日その水天宮にお参りをしたそうです。

http://yaplog.jp/masuminmasumin/archive/4092

無事に安産でき、健やかな子どもが生まれるといいですね。

さて、水天宮前を通る地下鉄半蔵門線は、東武伊勢崎線の久喜まで直通運転しますね。途中、西新井で乗り換え、大師前で降りれば、西新井大師にお参りすることもできますね。

2008年2月のアクセス件数ベスト5

2008年2月のアクセス件数ベスト5を発表します。

1.北風沙織選手、北海道ハイテクアスリートクラブ入り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_3f70.html

2.成田エクスプレスに新型車両・E259系!
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_b969.html

3.秩父鉄道で貨物列車の脱線転覆事故
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_f8ab.html

4.寝台急行「銀河」に駆け込み乗車?
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_9341.html

5.グリーンアテンダントと眠っている客
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_1566.html

またしても北風沙織選手ネタの記事がトップになりました。これで4回目です。
何故、この記事がトップになるのか、私にも理解できません。
2位から5位までは鉄道ネタでした。そのうち、「寝台急行「銀河」に駆け込み乗車?」と「グリーンアテンダントと眠っている客」とは先月に引き続きで、2度目です。

ちなみに2/29に当ブログのアクセス件数が25000件を超えました。その25000件目は、今月の5位「グリーンアテンダントと眠っている客 」で、11:31に携帯電話からの接続だったようです。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »