2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« またかよNHK、バカヤロウ! | トップページ | 衆議院からのアクセス? »

イギリスで起きた双子と知らずの結婚事件と日本の民法772条

イギリスで生き別れになっていた双子が結婚し、身元が判明して婚姻が無効になるという事件があったそうですね。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-29743920080113

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200801120022.html

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080112i105.htm?from=main1

この事件に関連して、イギリスのアルトン議員が「子どもが血のつながった親を知ることは人間としての権利である」と訴えたそうですね。ということは、生まれた子どものDNA鑑定は必須にもなってくるのではないでしょうか?

また、双子と知らずに結婚してしまう以外にも、次のケースが考えられますね。

1.結婚しようと思った相手が父親の不倫相手の子で、結婚相手とは母親違いの兄妹、もしくは姉弟関係だった。

2.結婚しようと思った相手が母親の不倫相手の子で、自身は戸籍上の父親の子ではなく、母親の不倫相手の子であり、結婚相手とは母親違いの兄妹、もしくは姉弟関係だった。

となれば、今の民法772条で妻が産んだ子=夫の子とする推定することも見直して、DNA鑑定で決めるべきでしょうか?

既婚か未婚かを問わず、女性が産んだ子の本当の父親は誰なのか?れを知ることは子の権利でもあり、既婚女性の夫の権利でもあるように思えてきます。

世の中には他の男の子を身篭ったのに、「あなたの子ができちゃったのよ」と言ってできちゃった結婚させる女もいるそうですね。

それにやたら偽装が発覚される今日であれば、生まれてきた子どものDNA鑑定必須化はなおさらではないでしょうか?

このことを法務省の官僚が全く考えようとしないならば、この人達は所詮、偏差値の高い大学を出たことしか取得のないのでしょうか?

いずれにせよ、今回のイギリスで起きた事件を機に、民法772条(1項も2項も)を見直す時が来たように思えます。DNA鑑定で生まれた子どもの父親が誰なのかを明確にすれば、民法772条だけでなく、民法733条の問題もクリアできるのです。

« またかよNHK、バカヤロウ! | トップページ | 衆議院からのアクセス? »

法務大臣殿!法務省殿!」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/17757162

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスで起きた双子と知らずの結婚事件と日本の民法772条:

« またかよNHK、バカヤロウ! | トップページ | 衆議院からのアクセス? »