2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

池田久美子選手の環境問題に関する意識

池田久美子選手は、先日東北電力の社長さんと対談取材をしたそうです。

そして、「少しでも地球の環境に役立てれば」と考えていて、電気や水道なども無駄に使わないように、かつ無駄なエネルギーを使わないように心がけて生活しているそうです。さらに、「ささいな事でも、何かの役に立てればいいなと思って生活していると心が澄んでいくような気がします」とも述べています。→http://blogs.yahoo.co.jp/kazztf1957/38040317.html

この考え方って大切ですよね。私利私欲の政治家や官僚達には考えられないことですね。

「少しでも地球環境に役立てば」と考える人が一人でも多く増えるといいですね。

来年は北京オリンピック。中国も環境に関してはいろいろ問題があるようですが、こういう国で開催されるオリンピックでは、地球環境に大なり小なり問題意識のある選手や、、「ささいな事でも、何かの役に立てればいい」と考えている選手が大活躍できることを祈りたいものです。

フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!

千葉駅伝と男女共同参画

11月23日に行われた千葉駅伝は、男女混合チームで競い、日本が優勝したそうですね。最後は一児のお母さんになっている赤羽有紀子選手が頑張ったそうですね。日本チームのみなさん、おめでとうございます。

http://newsflash.nifty.com/search?action=1&func=2&article_id=tu__nikkan_p-sp-tp0-071124-0008&csvname=554936630

http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2007112301000273.html

だけど、テニスや卓球には男女ペアになって試合をすることもあるのに、陸上競技にはまだなかったのですか?今回の千葉駅伝が最初ですか?世の中、男だけでも女だけでも成り立ってはいかないのだし、男女共同参画が言われているだけに、これからこういう競技を増やしていってはどうかと思いますね。

たとえば、100m×4や400m×4のリレーだって、男女混合で競わせてもいいのではないかと思いますね。その場合4人ではなく、6人(男女3人ずつ)とか8人(男女4人ずつ)でもいいのではないでしょうか(100mなら北風沙織選手、400mなら丹野麻美選手か佐藤美保選手がその中の一人に加わるといいなあ・・・)?それに走る順番も男女交互に走るのに拘らず、そのチームの作戦会議で間際までわからないようにし、同じ区間を男が走っているチームもあれば女が走っているチームもあるということもありにしてはどうでしょうか?

そういえば、私が中学生の時、運動会で混合リレーというのがありましたね。男女交互にバトンをつないで走る競技でした。

ブルートレインの思い出はいつまでも・・・・・

Blue_train_01 Blue_train_02

何やら、ブルートレインが消えていくようですね。

http://www.asahi.com/life/update/1117/TKY200711170276.html

来年の8月には急行銀河、特急なは、あかつきが消え、特急日本海や北斗星は減便になるとか。09年には特急富士・はやぶさも消えるとのこと。時の流れですかねぇ。

私もブルートレインに乗った思い出があります。

特急あけぼの(20系)、急行かいもん(20系)、特急みずほ(14系)、特急出雲(25系)、特急あさかぜ(25系)、特急北陸(14系)、特急北斗星(25系)、特急瀬戸(25系)、急行銀河(25系)に乗車した記憶があります。このうち、みずほ、出雲、あさかぜ、北斗星では食堂車で食事をした記憶もあります。

ブルートレインは消えゆく運命でも、私のブルートレインの思い出は生きている限り続くでしょう。

東武東上線に新ライナー!(ようやくニーズに対応?)

http://www.tobu.co.jp/

東武鉄道は、伊勢崎線や日光線には有料特急が走っていますが、東上線にはロングシートの料金不要の特急が走っていますね。

さて、その東武東上線にはようやく座席定員制の有料電車が走るのですね。2008年6月に池袋→小川町に「新ライナー」が走るそうです。池袋から乗車するには300円の着席整理券が必要になるそうです。

前々から東上線には有料の電車のニーズがあるのではないかと思っていました。スペーシアの前の特急車1720系が引退する際も、東上線でホームライナーとして使えばいいのに、と思った程です。私はそのころから東上線沿線にはそのニーズがあると思っていました。1720系が引退して17年後に、やっと有料電車が走るのですね。

車両は50000型をベースにしたクロスシート車の50090型とのことで、ロングシートに転換することも可能だそうですね。「新ライナー」として使う時以外はロングシートで運用されるのでしょうか?休日の特急に運用する際はクロスシートで運用してほしい気もしますね。しかも「さだみね」「たまよど」といった名前を付けて。それと、東上線には日中でも座席指定特急のニーズがあるような気もします。

かつて東武東上線にはロングシート車ながらの特急が「ちちぶ」「ながとろ」「さだみね」「たまよど」といった名前とヘッドマークを付けて走っていた時期もありましたしね。

商売するならもっと堂々やるべきでは?

みなさんの中で、京成スカイライナーに乗車されたことある方、いらっしゃいますか?

ご年配の方で、特急開運や臨時特急まこも、瑞光などに乗車された方、いらっしゃいますか?

さて、京成電鉄のサイトを見てみたら、あたかも京成グループの会社であるかのような商売をしている会社があるそうですね。

http://www.keisei.co.jp/

http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/15-061b/index.htm

「京成ファイナンス」「京成物産」「京成ギフト」とか、それから何やら問題を起こしている「京成江戸川クリニック」(←京成の江戸川駅の近くにあるけれど)とかいう病院も京成グループとは関係がないとのことです。

商売をすれば、儲けたくなる気持ちもわかるけど、どうせ商売するならもっと堂々とやってほしいものですね。東証一部上場企業の名前を無断借用して儲けようなんて、なんともさもしいというか、情けないというか。少しは創造性を働かして商売すべきではないでしょうか?

だから少子化が進行する?(4)

原油が値上がりし、物価も上がり始めましたね。株式相場も今ひとつパッとしないし、その上今年は定率減税が廃止。庶民の財布はどんどん寒くなるばかり。

それなのに、与党にはバカの一つ覚えみたいに、増税を考えている人が多いのですね。
与謝野馨氏は、「消費税なしでやっていけると言う人は物事を知らない人だ」と言ったそうですね。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20071117AT3S1701K17112007.html

そういう与謝野氏は庶民の生活を知らないバカ・アホ・ボケ・スカタン・人でなし・ろくでなしですね。
国家財政も大事だけど、国家を国民から成り立っているのです。
まず国民の生活財政を立て直さなければいけないのではないでしょうか?

日経平均が2万円代に回復しないどころか、1万5千円代の維持すら怪しくなっているのも、これまでバカの一つ覚えのように増税をしてきたからではないでしょうか?
国民の購買力や生活力を弱めて、何が国家財政でしょうか?

この人のおばあさんは「君死にたまふことなかれ」という詩を作りました。それなのに、この人は国民に対して「君死にたまえ」と言っているのでしょうか?電車が人身事故で止まることもしばしばありますしね。

http://www.geocities.jp/sybrma/62yosanoakiko.shi.html

これでは結婚したくても経済的理由でできない男女、子どもがほしくても経済的理由で作れない夫婦を増やすだけです。

こんな無責任な政治家がいるようでは、ますます少子化が進行するのではないでしょうか?

*参考記事
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_8af5.html
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_6e8e.html
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_61ed.html

だから少子化が進行する?(3)

何やら、痴漢をしていないのに、痴漢をしたと間違えられて警察に捕まった人の無罪が確定したそうですね。

http://www.asahi.com/national/update/1116/NGY200711160003.html

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071115-283388.html

本当に痴漢した人は処罰されねばいけませんが、していない人はそのために人生がメチャクチャになるのですから、たまったもんじゃないですよね。

ところで、社民党の福島瑞穂党首は、「痴漢冤罪で無実の男性が逮捕されても、女性を守るためにはやむを得ない」と言ったそうですね。この考えに対して、男性差別だとか、女尊男卑だと言う人もいるけど、私はそれだけにとどまらないと思いますね。

その人に母、祖母、伯母、叔母、従姉妹、姉妹、娘、姪、孫娘、恋人がいたら、その人達も悲しい思いをするのです。つまり女性を守るようであって、女性を守っていないのです。逮捕された人の理由がなんであれ、無実の人が犯人として逮捕されること自体、人権蹂躙なのです。弁護士のくせにそんなこともわからないのでしょうか?

また、福島氏の考えは、「痴漢に間違えられるのがいやだから、女性に近づかない、話もしない」という男性や「この世の男は全て痴漢だ」と思い込む女性を増やしたり、男女間に無用の高い障壁を作ったりする要因にもなります。世の中、男だけでも、女だけでも成り立たないのに、福島氏はそんなこともわからないのでしょうか?

男女間に無用の高い障壁ができれば、結婚できない男女が増え、少子化もますます進行するでしょう。福島氏は日本の少子化煽動人と言われてもやむを得ないところがあります。

福島氏もまた、政府官僚と同じで、偏差値の高い大学を出たことしか取柄がないのでしょうか?

与党や政府関係者にも、バカ・ボケ・アホ・スカタン・人でなし・ろくでなしが多いけど、この野党党首もバカ・ボケ・アホ・スカタン・人でなし・ろくでなしですね。

こんな無責任な政治家がいるようでは、ますます少子化が進行するのではないでしょうか? 

*参考記事

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_6e8e.html
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_61ed.html

福島でナチュリルカップ 「ももりんダッシュNO.1」

福島では、11/11にナチュリルカップ 「ももりんダッシュNO.1」という催しが行われたそうです。佐藤美保選手や吉田真希子選手を始め、ナチュリルの選手はもちろんのこと、イケクミ選手や丹野麻美選手も出場したそうです。福島大学の学生も手伝ったようですね。

「ももりん」とは、福島市の観光キャラクターで、雪うさぎをモチーフしたそうです。

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/kanko/kanren-joho/momorin-profile/index.html

何やら30mを走ってタイムを競うものだったそうです。小学校の運動会での徒競走では低学年でも50m走った記憶があるので、その5分の3なのですね。

さて、当日の写真がhttp://www.futc.org/dash.html に掲載されています。ナチュリルのサイトにも掲載されていました。(http://www.natureal.co.jp/nac/→「PHOTO」→「ももりんダッシュNO.1(11/11)」の順にクリック)

ある方のブログを見たら、イケクミ選手が小学生と走っている写真が掲載されていました。http://blogs.yahoo.co.jp/bubunchos/26267786.html

この催しの準備のために、佐藤美保選手や吉田真希子選手は休日出勤もしたそうですね。お疲れ様ですm(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/kazztf1957/37542909.html

この「ももりんダッシュNO.1」が終わったら、佐藤美保選手は夫の敦之選手の合宿先へ行ってきたそうです。http://blogs.yahoo.co.jp/kazztf1957/37785469.html

「陸上競技マガジン」という月刊誌の12月号にその敦之選手の記事が出ていましたが、その中で檜原湖畔での美保選手とのツーショットの写真を見て、何とも微笑ましく思えましたね。改めて夫婦揃って、北京オリンピックに出場できることを祈りたいものです。

Желаю им побед.(勝利を祈ります)

ある夫婦の「心の結びつき」

今年の7月7日にナチュリルの杉森美保選手は、佐藤敦之選手と結婚しました。その1週間後、美保選手は7月14日にナチュリルのサイトで、「心の結びつきを大切にしたい」と述べていました。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d347.html

http://www.natureal.co.jp/nac/diary/diary0707.html

さて、先日、「心の結びつき」を大切にしているのではないかと思える一組の夫婦と会いました。

夫の方は、仕事中突然倒れ、生死の境をさ迷い歩いたそうです。医者も何度かさじを投げかけたのですが、その人の妻が医者に必死に食い下がり、夫の救命治療をさせ、何とか回復させたそうです。夫が失いかけた命を拾え、回復できたのは、この人の妻のお陰によるものがかなり大きかったのではないでしょうか?まさに妻が夫との「心の結びつき」を非常に大事にしている一例ではないでしょうか?妻がこれほど必死に看病できたのも、夫の方もまた、妻との「心の結びつき」をとても大切にしていたからではないでしょうか?

こういう「心の結びつき」を、花田勝・美恵子元夫妻や、夫以外の男(花田勝治氏と輪島博氏)の子を産んで夫(故・二子山親方)の子だと偽っているとされる藤田憲子さんには、全く理解できないのでしょうか?それとも、問答無用で否定しているのでしょうか?

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2888.html

千葉の113系と211系

Boso211_113 千葉に行くと、スカ色の113系を見ることができますね。千葉まで行かなくても、幕張本郷で電車区に停留中の車両を見ることができますが、客を乗せて営業運転するのは、千葉以東。

でもここの113系も安泰ではありませんね。既に211系が東海道線から転属してきて走っています。

今、東海道線や高崎線・宇都宮線を走っている211系も、いずれE231系に追われ、千葉に来る可能性もあります。そうなれば113系もいよいよ追われる立場になりますね。

これも時の流れですね。

親の因果が子に報いることを示唆した警鐘?(花田家の例)

JR総武線の小岩駅には元横綱栃錦の銅像があります。栃錦関は小岩を愛していたそうですね。
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~tsubota/kinen/h09-ht.html

さて、その栃錦の好敵手といえば、若乃花の花田勝治氏。何やら隠し子がいたそうで、その人=花田河成氏が暴露本を出したそうですね。

勝治氏がなかなか認知しなかったのは、単に隠していたかったからでしょうか?それとも自分の子だと思っていなかったのでしょうか?いずれにせよ、自分の妻以外の女性とバコンバコンやっていたのでしょうね。

つい最近離婚した花田勝氏も、先代二子山親方の子ではなく、初代若乃花の花田勝治氏の子で、弟の貴乃花親方も輪島博氏の子だという報道も何年か前にありましたが、つまり勝氏の母親・藤田憲子さんは、夫以外の男とバッコンバッコンやっていたということでしょうか?妻以外の女性とバッコンバッコンやっていた父と夫以外の男とバッコンバッコンやっていた母の間に生まれた子だから、勝氏も妻以外の女性とバッコンバッコンやるようになったのでしょうか?

もし、花田勝氏の元妻・美恵子さんが、よその女とバッコンバッコンやっていたとされる勝氏への復讐として、自身も夫以外の男とバッコンバッコンやって、産んだ子ども4人のうち、1~4人がその不倫の子だとしたら、それは親の因果が子に報いた現象かもしれませんね。全て勝氏の子であっても、家は崩壊状態ですよね。

つまり花田家の崩壊は、つい最近始まったのではなく、先代二子山親方が兄の反対を押し切って藤田憲子さんと結婚した時からか、初代若乃花の花田勝治氏が、韓国人女性に自分の子を産ませて知らん顔していた時から既に始まっていたのではないでしょうか?美恵子さんの産んだ4人の子の中に、勝氏以外の子がいてもいなくても、これは勝治氏と藤田憲子さんの蒔いた種から生じたもののように思えます。

この調子だと、(少なくとも戸籍上は)花田勝氏と美恵子さんとの子である4人の子どもも、大人になって、異性問題でトラブルを起こしたり、麻薬不法所持や吸引や暴力事件などで警察のご厄介になる恐れもあるかな?だいいち、親や祖父母があんな好き勝手放題のことをしまくっていたとなれば、子どもの精神が健全に育つのか、微妙ですね。これをフォローしてくれる人がいたり、「自分は親のような人間になるまい」と強い意志を持って自身に誓うようになれば、別ですが。

ただ、暴露本やこれまで週刊誌などで報道されたことが、どこまで真実かわからないので、上記のことはあくまでも推測の域を出ません。だから、これはこうだ、と決め付けることもできません。

だけど、この花田家の騒動は、妻以外の女とバコバコやっている夫や、夫以外の男とバコバコやっている妻への警鐘かもしれません。やっている自分は楽しんでいるからいいや、と思っているのかもしれないけど、子や孫の代にそのしっぺ返しがくる恐れがあるのだ、ということを言っているようにも思えます。

不特定多数の異性とバコバコやっても、結婚したらそんなことはやめた方がいいでしょう。
今、不倫進行中の人は、不倫を打切るか、高い慰謝料払って結婚生活を打切るか、一日でも早く決断したほうがいいのかもしれません。
子や孫のことを考えれば、それが賢明ではないでしょうか?

「親の因果が子に報いるかもしれませんよー」

今回の花田家の騒動は、そのように警告してくれているのかもしれません。

※関連記事↓↓↓

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_636a.html
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2888.html
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0dfb.html

烏山線の大金

Oogane_station_001

Oogane_station_002

烏山線は大金で上下の列車が交換するダイヤになっているのですね。

ウィキぺディアによると、この駅の入場券は縁起切符としても有名で、宝積寺~大金間の入場券は今も人気が高いそうですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%91%E9%A7%85

駅前には城のような建物があるけど、これは「那須烏山市観光物産センター」だそうです。

それにしても、今の政府は大金持ちを優遇し、庶民から税金という名の大金(貧乏人にとっては1万円札1枚や1000円札1枚でも大金)をふんだくる政治をしているのには憤りを感じます。庶民から大金を取り上げ、大金持ちとの格差を拡大する政策反対!

なのに、そんな政府与党と連立政権を組もうとする野党党首もどうかしています。

烏山と毘沙門天

JR烏山線の各駅の表示板には、七福神のどれかの絵が描かれていますが、烏山駅は毘沙門天の絵が描かれています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%81%9E%E5%A4%A9

http://www.butsuzou.com/jiten/tamon3.html

そういえば、上杉謙信は毘沙門天を信仰していたそうですね。

それから、烏山駅には、その名の通り、カラスの絵が描かれた看板もありました。

Karasuyama_station

雷都・宇都宮の餃子屋さん

宇都宮って、餃子の店が本当に多いですね。「宇都宮餃子館」が最大手なのかな?

http://www.gyozakai.com/

http://gyozakan.jp/?gclid=CMOk1r6Iw48CFQExYAodTUpTkg

いろいろな餃子屋さんがある中の一つ、「宇味家」ですが、「うあじや」でも「うみや」でもなく、「うまいや」と読ませるのですね。「うまい(美味い)」ことをアピールするためにそのような名前にしたのでしょうか?

先日宇都宮に行った時は2件の餃子屋さんに入ったけど、今度行く機会があれば、5件から10件くらいハシゴしてみようかな?餃子をぎょうさん食べてみようかな?
Utsunomiya_gyoza

そういえば、宇都宮って「雷都」とも呼ばれているそうですね。何やら雷の日数が多いからとか・・・。

《От зари до зари》朝焼け 夕焼け

Я слушал песню 《От зари до зари》 которую Кристина Орбакайте пела.

《Заря》 по-японски 《асаякэ》 и 《юякэ》.

Это прекрасная и хорошая песня.

(私はクリスチーナ・オルバカイテさんが歌った、「一晩中」という歌を聴きました。「Заря」は日本語では「朝焼け」と「夕焼け」です。これは素晴らしく、良い歌です。)

ロシア語では、朝焼けも夕焼けもзаряというそうです。ただ、朝焼けか夕焼けかを区別するならутернняя заря(朝焼け)と вечерняя заря(夕焼け)で区別するそうです。

от зари до зари(зариはзаряが「生格」という形で語尾変化したもの)となると、直訳すると、「朝焼けから夕焼けまで」とか「夕焼けから朝焼け」となるのですが、前者の意味なら「一日中」後者なら「一晩中」となるようです。クリスチーナ・オルバカイテさんが歌った歌の場合は、「まどろむ夜」だとか「夜の風」とかいう言葉が出てくるので、「一晩中」と考えてよいのかもしれません。何やら「一晩中、愛について話して」とか言っています。

愛し合っている人同士、時にはこういうのもいいかも。ただ仕事などで疲れている時はそうもいかないでしょうけど・・・。

宇都宮のLRT計画

先日、宇都宮に行った時、写真のような看板を見かけました。Utunomiya_lrt001

宇都宮にLRTを走らせようという計画があるのですね。

http://www2.ucan-ltd.co.jp/kikou/lrt/cd/utsunomiya/index.html
http://www2.ucan-ltd.co.jp/kikou/lrt/cd/utsunomiya/keikaku.html
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kiko_ichiran/kikou_kensaku/003520.html

導入区間は宇都宮テクノポリスセンター地区~桜通り十文字付だそうです。

何やら、JRの線路をまたぐのか、くぐるのかして栃木県庁や東武宇都宮駅の近くも通る延伸計画もあるとか。元巨人の投手だった江川卓氏の母校でもある作新学院の近くまで伸ばそうかという考えもあるように見えますね。

果たして、いつどのような形で実現できるのでしょうか?

первый снег

Первый снег выпал  в Городе Саппоре.Ой,уже зима в Хоккайде! 

(札幌に初雪が降りました。ああ北海道はもう冬です。)

平年より6日遅いそうですが、昨年よりは10日早いそうですね。何やら初雪でスリップ事故も起きたとか・・・・・。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/58421.html

http://www.bnn-s.com/news/07/11/071102123228.html

http://www.stv.ne.jp/news/item/20071102114601/

ここ何年も札幌を始め、北海道には行っていません。せいぜい札幌ラーメンを食べたり、サッポロビールを飲んだり、札幌行き寝台特急北斗星やカシオペアの写真を撮った程度です。

もう、20年以上前のことでしたが、冬に札幌のホテルに泊まりました。朝、ホテルの従業員に「今日の気温は何度ぐらいですか?」と聞いたら、「10度です」と答えられました。

「えっ、10度?意外と暖かいのですね」と私が驚くと、「マイナス10度ですよ」と改めて答えられました。北海道の人は冬には、気温については「マイナス」を省略するのが常識なのでしょうか?

やはり民法733条と772条は著しく誤まった法律では?

夫婦別姓をテーマにしたブログを運営している人もいらっしゃるようですね。http://fb-hint.tea-nifty.com/blog/

私は夫婦別姓を特に支持する気も反対する気もないですね。一緒にしたい人は一緒にすればいいし、別々にしたい人は別々にすればいいのです。要は夫婦になったら、心の結びつきを大切にするか否か、真の愛情や信頼関係を大事にするか否か、協力し合えるか否かではないでしょうか?

夫婦同姓にしても、夫が妻以外の女とバコバコやりまくったり、妻が夫以外の男とバコバコやりまくるような夫婦関係では、同姓にすることはもちろんのこと、同じ屋根の下で生活すること自体、根本的に間違っているのではないでしょうか?

そうかと思えば、花田勝さんと離婚した美恵子さんですが、何故か花田姓のままなのですね。「別れても好きな人」という間柄ならまだ話はわかるのですが、それぞれ妻以外の女とバコバコ、夫以外の男とバコバコやっていた夫婦関係だったのに不可解ですね。それに4人の子ども達も、DNA鑑定して勝さんの子でないと判定された子がいれば、その子も花田姓でいるべきではないように思えます。

それとも、美恵子さんには再婚相手が決まっているものの、民法733条の壁(再婚禁止期間6ヶ月)があるので、一旦旧姓に戻って、再婚相手の姓に変えるのが面倒だからそのための暫定措置を取っているのでしょうか?

また、仮に美恵子さんが懐妊していたとしても、勝さんの子であることは考えにくいのに、300日以内に生まれたら、勝さんの子として登録され、訂正するのに面倒な手続きが必要になるのですよね。これは民法772条の壁のせいで。それに一部の報道から考えると、こんな夫婦関係だったら、婚姻中に生まれた子どもも本当に勝さんの子かどうかも怪しく思えますね。

一部の週刊誌などの報道を元に、勝手に想像したことを述べましたが、「だからこうなんだ」と決め付ける気もありません。でも、この一例から考えても、民法733条と772条は著しく誤まった法律ではないかと思えます。鑑定もせずにお上が勝手に決め付けること自体、憲法第19条でいう思想及び良心の自由を侵害しているように思えます。

※関連記事 http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_636a.html
        http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c132.html 

         

死んだ人が残したものは、政府高官や官僚達の高笑いと冷笑?

何やら京王線と東武東上線で人身事故があったそうですね。ああ、痛ましい・・・・・。

http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3696927.html

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。でも、事情は知らないとはいえ、どんなことしてでも生きていてほしかったですね。杉良太郎さんの「すきま風」という歌じゃないけど、生きていればいつかいいことにも巡りあえるかもしれないのに・・・。

だけど今の政治の悪さを反映しているのかなあ・・・・・・。国民から高い税金をふんだくり、いくら一生懸命働いても楽にならない生活を強いて、そのうえまだまだ税金をふんだくろうと考えている政府関係者もいるそうですし。このままだと、間違った政治の犠牲者が増えそう。でも、自殺を選択したくないものです。

谷川俊太郎氏の「死んだ男が残したものは」という詩をご存知ですか?

http://d.hatena.ne.jp/bruckner05/20070415/p1

自殺して死んだ人が残したものは、政府高官や官僚達の高笑いと冷笑で、他には何も残せなかった・・・・・・・

なんていう世の中がいい世の中なのでしょうか?

でも、自殺をせずにどんなことしてでも生き抜いていきたいものです。

10月のアクセス数ベスト5

10月の当ブログの記事のアクセス数ベスト5を発表します(トップページは除外)。

1.北風沙織選手、北海道ハイテクアスリートクラブ入り
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_3f70.html
2.♪「ウイスキーが、お好きでしょ」
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_4a49.html
3.東武宇都宮線 ワンマン化に
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1841.html
4.秋田国体 陸上女子800m、1位は丹野麻美選手、佐藤美保選手は8位
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_6131.html
5.北風沙織選手もオリンピックに出れるといいですね
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2b37.html

「北風沙織選手、北海道ハイテクアスリートクラブ入り」が何故か先月に引き続き連続1位になりました。その上、もう一つの北風選手ネタもベスト5入り。4位に丹野選手+佐藤美保選手ネタが入り、3件が陸上競技選手ネタでした。他の2件は芸能人ネタと鉄道ネタでした。

そういえば、東武宇都宮線はついにワンマン化になったのですよね。これも時の流れですかねぇ・・・。

なお、本ブログは11/1にブログ名を変更しました。鉄道やコウノトリ、詩だけでなく、いろいろな話題を書き込むようになったためです。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »