2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 当然の報いですね | トップページ | 敵失勝利だからこそ、取り組むべきこと »

仮釈放中の殺人事件と山口県光市母子殺害事件について

仮釈放中に殺人を犯した者がいたそうですね。この犯人ですが、1965年に殺人事件を起こし、その後仮釈放になったそうですが、昨年また殺人をやったそうです。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007073001000189.html

ただ、裁判所は26年間新たな刑事事件を起こさなかったことを考慮して、無機懲役としたそうです。

だけど、この事件から、山口県光市母子殺害事件を考えると、この事件の犯人が、無期懲役の判決を受け、仮釈放になると、また殺人事件を起こさないだろうか?第2の犠牲者が出ないだろうか?そんな不安もよぎります。

しかも、この犯人は、法廷でわけのわからないことを言って、あたかも「私には責任能力がありません」と思い込ませることに腐心している(弁護団がそうやらせているのか、否かわかりませんが)し、反省の態度も見られないし、この犯人の父親は「加害者の会を作ってやる」と開き直っているし。やはり日本には終身刑がないのが問題なのでしょうか?仮に無期懲役でも、杖をつかないと歩けなくなるほどからだが衰えるか、余命数ヶ月の病に罹らない限り、釈放すべきではないのでは?そんな気もしてきます。

頑張れ本村洋さん、偽善者弁護団に負けるな!

頑張れ本村洋さん、被害者冒瀆弁護団に負けるな!

頑張れ本村洋さん、狡猾弁護団に負けるな!

« 当然の報いですね | トップページ | 敵失勝利だからこそ、取り組むべきこと »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179958/15953916

この記事へのトラックバック一覧です: 仮釈放中の殺人事件と山口県光市母子殺害事件について:

» 橋下弁護士が4人の弁護士から提訴!TVで懲戒を扇動!! [時事ニュース!ニュースとメディア放談]
山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審で、殺人、強姦(ごうかん)致死、窃盗の罪に問われた当時18歳の元少年(26)の弁護団に加わる弁護士4人が9月3日(月)、テレビ番組内で懲戒処分を視聴者に呼びかけられて業務を妨害されたとして、大阪弁護士会所属の橋下徹(はしもと・とおる)弁護士を相手取り、1人当たり300万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。... [続きを読む]

« 当然の報いですね | トップページ | 敵失勝利だからこそ、取り組むべきこと »