2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

あみんが24年ぶりにテレビ出演するそうですね

あのあみんが24年ぶりにテレビ出演するそうですね。

岡村孝子さんはソロ活動を続けていましたが、加藤晴子さんの方はあみんの活動休止後、学業に戻り、就職、結婚、そして一児の母として生活を続けてきたそうです。

テレビは24年ぶりでも2002年には「天晴な青空」のレコーディングで一時的に復活しているし、岡村孝子さんのコンサートに飛び入り参加もしたそうですね。

だけど、加藤晴子さんですが、あみん時代はまん丸顔でぽっちゃりしていたのに、随分スマートになりましたね。岡村孝子さんよりも細くなったように見えます。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200706/gt2007062806.html

http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/120070628005.html

二人の出身校の椙山女学園はこちらです↓↓

http://www.sugiyama-u.ac.jp/

ところで出演するテレビはあのNHK。たとえあみんを24年ぶりにテレビに出すからといって、安易に受信料を払ってやろうか?という気にはなれませんね。

【詩】Яркий! ヤールキー!

Яркий! ヤールキー!
明るいのヤールキー!
輝くのヤールキー!


子ども達のやる気を削ぐ教育で
明るい世の中なんてあるものか!
輝く世の中なんてあるものか!

労働者のやる気を削ぐ税制で
明るい世の中なんてあるものか!
輝く世の中なんてあるものか!

人々のやる気を削ぐ行政で
明るい世の中なんてあるものか!
輝く世の中なんてあるものか!


Яркий! ヤールキー!
明るいのヤールキー!
輝くのヤールキー!

子ども達にやる気を!
労働者にやる気を!
男達にやる気を!
女達にやる気を!
全ての人々にやる気を!


Яркий! ヤールキー!
明るいのヤールキー!
輝くのヤールキー!

--------------------
カタカナで正確な発音を表せませんが、ロシア語の「яркий」は「ヤールキー」
という発音に近いです。「明るい」「輝く」「鮮明な」を意味するそうです。 
定率減税を全廃した安倍内閣は人々のやる気を削いでいるのです。

DNA鑑定で女性の敵も勤労者の敵も摘発せよ!

2000年に起きた連続婦女暴行事件の犯人が時効4ヵ月前に逮捕されたそうですね。だけど、婦女暴行の時効ってたった7,8年ですか?20年でもいいのではないかと思いますね。

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20070624i401.htm

さて、逮捕のきっかけとなったのは、あのDNA鑑定だったそうですね。刑事事件ではDNA鑑定を有効利用しているそうですね。なのに親子鑑定に何故、DNA鑑定を活用しないのでしょうか?まさに法の不備です

DNA鑑定を積極的に活用し、不倫妻と実の父親をバンバン摘発して、最低でも一千万円以上の慰謝料を夫に払わせればいいのです。当然、夫に不倫で生まれてきた子どもの養育義務を負わせてはいけないのです。

夫がろくに仕事しないで、酒飲んで暴れるというならまだしも、一生懸命仕事をして、やっと稼いできた金で、間男と情事するためのラブホテル代や間男の子どものメシ代に使っている妻と、それをさせている男は勤労者の敵なのです。だからDNA鑑定でバンバン摘発すべきなのです。

渡辺淳一氏の「失楽園」では不倫の男女は最後は心中しました。「愛の流刑地」では女は男に殺され、男は刑務所に入りました。この二つの作品は「不倫する奴は死んじまえ!さもなくばブタ箱に入れ!やるなら死ぬかブタ箱に入る覚悟でやれ!」と言っているようにも思えます。渡辺氏がそんなつもりでこの作品を書いたつもりじゃなくても、そういう意味にも捉えられます。これを考えれば、慰謝料一千万円なんて安いものです。

そしてDNA鑑定の積極的利用で、300日問題も女性の再婚禁止6ヶ月問題も一気に解決できるのです。0日にすることができるのです

今回の婦女暴行事件の犯人逮捕を機に、親子関係にもDNA鑑定の活用を即時実行すべきなのです。女性の敵も勤労者(男女問わず)の敵もDNA鑑定の活用で摘発しまくるべきなのです。

DNA鑑定を活用せよ!活用して女性の敵を摘発せよ!

DNA鑑定を活用せよ!活用して勤労者の敵を摘発せよ!

北風と太陽とを織り交ぜた文教政策がいい

教育評論家尾木直樹氏のサイトによると、同氏は参議院で行われた「参議院・文教科学委員会参考人質疑」に呼ばれたそうですね。

http://www2.odn.ne.jp/~oginaoki/gabu2007.html

その中で「一部の指導力不足教員やセクハラ教員などにのみ、目を奪われてはならない」とか「北風よりも太陽政策こそ必要だ」とか、「子どもから愛され信頼される、素朴な先生づくり政策こそ必要だ」とか、述べたそうですね。

私はこれに100%賛成する気も反対する気もありませんが、その一部の教師にために学校の教師全員が大なり小なり不信感を持たれているのではないでしょうか?民間企業だって、一部の社員の不祥事で、その会社全体が不信感を持たれることだってあるのです。

子どもから愛される先生づくりをするなら、問題教師をバンバン摘発して、教壇から排除していくべきなのです。「悪いことをすれば、先生だって罰せられるのだ」ということを子ども達に教えてあげるべきなのです逆に褒め称えるべきことがあれば、子ども達の前でその教師を大いに褒め称えるべきなのです。例えば、「精神的に落ち込んだ子どもを立ち直らせた」とか、「町の剣道大会で優勝した」とか。

私には北風と太陽とを織り交ぜた文教政策がいいのではないかと思います。バランスを取るのは難しいですけど。

偽装ミンチ問題と民法772条問題の共通点

ミートホープとかいう食品会社が、豚肉や鶏肉を混ぜた「牛100%」と表したミンチを売っていたそうですね。バレなければ何をやってもいい、嘘を言ってもいい、と考えていたのでしょうか?

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070623-OHT1T00216.htm

http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__kyodo_2007062301000622.htm

これって、民法772条問題にも共通する問題がありますね。

他の男の子どもなのに、「あなたの子よ」と夫に嘘をつく妻

夫の血液型がB型だからB型の男と避妊せずに性交してもいいんだと考える妻

夫の兄や弟ならバレるわけないと考える妻

ミートホープと根は同じですね

だからDNA鑑定を積極的に法に持ち込まないといけないのです。裁判でもDNA鑑定を積極的に導入すべきなのです。導入することで、偽の愛情・偽の信頼関係で成り立っている夫婦関係を片っ端から壊してしまえばいいのです

女性の再婚禁止期間問題も同様です。DNA鑑定の積極的な導入により、再婚禁止期間を0日にすることだって可能なのです。前夫との離婚届けと次の夫との婚姻届を同時に提出することだって可能なのです。

300日問題について、野党は短縮を主張していますが、それだって物足らなさ過ぎます。また、与党内では「再婚禁止期間の短縮は不倫を助長する」と言っていっているそうですが、今の民法こそ不倫を助長しているのです。無責任男と嘘つき女に高笑いをさせているのです。http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c132.html

食品に関しても、インチキ食品を見破る鑑定方法があれば積極的に導入すべきなのです。

嘘を完全になくすことはできません。しかし、少しでもなくしていこうとする努力はしなくてはいけないのです。食品問題にせよ、民法772条問題にせよ、今の世に、嘘・インチキを少しでもなくしていこうとする努力を促す問題提起ではないでしょうか

江ノ電300形(鎌倉にて)

江ノ電の300形の写真を掲載します。(クリックすれば大きくなります)

Wikipediaによると、写真の305F (305-355)はこれは1960年に増備されたものだそうですね。つまり今年で47歳。1989年に冷房が取り付けられたそうです。同じ形式でも303F (303-353)になると、1929年製のものを1957年に改造したので、こちらは78歳だそうですね。廃車になった車両のうち、302F (302-352)はバンガローに使われていて、304F (304-354)はアメリカ・カリフォルニア州のウエスタン鉄道博物館に保存されているそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E3%83%8E%E5%B3%B6%E9%9B%BB%E9%89%84300%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A

現在活躍中の車両も少しでも長く走っていてほしいものです。だけど、鎌倉・江ノ島観光は江ノ電が一番。江ノ電が一番絵になるようにも思えます。

Enoden3001 Enoden300

京成3500形非更新車

京成3500形も、登場して34年経つのでは。更新車は特急や快速などの優等列車に使用されたり、京浜急行まで直通運転する列車に運用されたりしていますが、更新していない車両は4連で、各駅停車専用になっていますね。

金町線は6連は入れないから、京成3500形非更新車って、金町線で見ることが多いですね。だけど非更新車は廃車予定だから更新されないのでしょうか?

つまり京成3500形非更新車を見れるのも今のうち?

写真は高砂で撮りました。Keisei3500_at_takasago 

高砂といえば、6月16日、某民放の「出没!アド街ック天国」とかいう番組でも紹介されましたね。

183系時代の特急あやめ

あやめが咲く季節なので、特急あやめの写真を掲載します。しかも183系時代のものです。成田で撮りました。

Ayame_at_narita_

よーく見ると、向こうにエメラルドグリーン色の103系が停まっています。

杉森美保選手の日記を読んで

杉森美保選手がナチュリルhttp://www.natureal.co.jp/nacに移ってから、同社のサイトを見ることが多くなりました。この会社は、京セラよりアットホームな職場に思えますが、実態はどうなのでしょうか。何か、ナチュリルに移籍したことで、精神的にもプラスになったのではないか、と推測してしまうこともあります。

6月14日の杉森選手の「陸上競技の魅力」と題した日記を読んで、色々考えさせられました。

http://www.natureal.co.jp/nac/diary/diary0706.html

練習できつくても、諦めずに耐えたりすることなど、色々と学ぶことがある」「目標や夢があるから、つらくてもベストを尽くせるというようなことを述べていたりしています。

これは「ああ、俺ももう若くない。年だよなぁ・・・」と弱気になりがちの私も忘れていたことです。それに、陸上競技の練習だけでなく、いろいろな仕事や学習などにも通じるものがありますね。

最近、「子どもたちにつらい思いやきついことをさせてはいけない」ことを言っている人もいます。確かにやり過ぎはいけませんが、多少なりともつらさ・きつさに耐えたり、それを乗り越える経験も必要でしょう。

そういえば、杉森美保選手は東京学芸大出身ですよね。ということは学校の教師になりたかったのかな?子どもの教育は甘やかしても、厳しすぎてもいけませんが、杉森選手がこの日記で述べている考え方が子ども達の教育に活かされるといいなあ、とさえ思えます。

杉森美保選手は星野高校(当時は星野女子高校)http://www.hoshino.ac.jp/index.html出身でもあるそうですね。同校のサイトに、杉森選手の活躍も紹介されていました。http://www.hoshino.ac.jp/5_1spo1.html#rikujyo

杉森選手が競技者を引退したら、この学校が教師か、陸上部の顧問か、客員講師などかで迎え入れてほしーのー(←サムイダジャレ)、と思えてもきます。

ところで、杉森選手は介護の仕事をしている人と間違われたこともあったそうですね。やはり、やさしい笑顔の持ち主だからかなぁ・・・。杉森美保選手には、岡村孝子さんの「笑顔にはかなわない」という歌を贈りたい気もします。http://music.goo.ne.jp/cd/113118-3/index.html

フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!

日本医師会と民法772条

日本医師会が4月10日に「いわゆる300日ルールについて社団法人日本医師会の考え方」を読むと、「民法772条の趣旨に反する/反しない」とかいう表現が出てきますが、今の民法772条って、そんなに素晴らしいものなのでしょうか?これからも守っていかなければいけないものなのでしょうか?

民法772条の「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。」って、そんなに素晴らしい文言なのでしょうか?

http://www.med.or.jp/teireikaiken/20070411_1.pdf

世の中には、「私は夫を愛しているから結婚したのであって、夫の子どもを産むのが当たり前だ」という妻が多いものの、そうでない妻も少なくないのです。なかには、あるサイトで見た例ですが、「旦那がB型だから、B型の男となら避妊しないで性交してもいいんだ」と考えている人もいるなど、最初から夫以外の子を産むつもりでいる人もいるそうです。

また、同医師会では「DNA鑑定をもとにかえって親子関係についての紛争を惹起することにならないか、母の不貞を明らかにすることで家族を混乱させることにならないか」と述べてますが、偽りの愛情で成り立っている家族なんて破壊すればいいのです

そういえば、映画「愛の流刑地」のテーマソングに「私を壊して」とかいう部分があったけど、インチキな愛情・信頼関係で成り立つ夫婦関係なんか壊してもいいのです(それでも当の本人が修復したい、というなら別ですが)。DNA鑑定で母の不貞を明らかにすることは、インチキを摘発するためにも大きな意義があるのです

それに子どもを育てるのに、ポケットマネーでできるものではないのです。夫が家族のためにと思って一生懸命働いて金を稼いでくるのに、高い税金をふんだくられた上に、妻の間男との情事のためのラブホテル代や間男の子どものメシ代で消えていくでは、男だ女だという前に「労働者への冒涜」と言わざるを得ません。

1985年に、西村寿行氏が「鬼の跫」という小説を出しましたが、あの物語には人妻とやたらと肉体関係をもつ由布という医者が出てきました。由布はどの人妻にも子どもを孕ませませんでしたが、日本医師会にはこの由布を地でいくような医者がいるので、その医者を弁護するためにこんな見解を出したのでは?と勘繰りたくなります。

おれに死ねというのか増税

新潟県の五泉市で、住民税増税の説明に訪れた市職員に対し、「おれに死ねというのか」と言ってナイフを突きつけたりして逮捕された者がいたそうですね。

こんなことしてはいけませんね。確かに今回、定率減税を廃止という理不尽なことが行われますが、市職員を恐喝しても税金は安くなりません。

だけど、この事件の犯人も、安倍内閣が定率減税を廃止したり、その前の小泉内閣が増税政策を推し進めたりしなければ、こんなことしなかったかもしれませんね

やはり定率減税を復活するか、どこかで特別減税なり臨時減税をすべきでしょう。景気はまだ回復していないのです。個人がその恩恵を受けていないのです

参議院選挙が7/22だろうが、7/29だろうが、与党は1議席も獲得する資格はありません

このままでは景気が腰折れします。少子化も加速します。格差が拡大し過ぎれば、人の心も荒み、犯罪も多くなり、美しい国とはとても程遠くなります。今回の定率減税廃止は、「おれに死ねというのか増税」です。

今の政治家や官庁の役人には、そんなことがわからないのか、無視しているのか?それとも、我々に死ねというのか・・・。

http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=ts__jiji_14X799KIJ&csvname=1325073968

こんなセンコウ、人間じゃない!

大阪市東住吉区の市立中学校で、サッカー部の顧問をしていた教師が、PK練習で外した生徒を全裸でランニングさせるというキチガイ的な教育が行われたそうですね。

こんなの教育じゃありません。狂育です。

児童憲章で「児童は人として尊ばれる」とありますが、この教師は生徒を人と見做していないのではないでしょうか?

時には生徒を厳しく指導しなければならないこともあるのでしょうが、こんなことは常識外ですね。公立の中学だから、生徒は内申書を悪く書かれたくないゆえに、こんな非人間的な仕打ちにも従わざるを得ないのでしょうか?こういうことからも、高校入試に内申書を使うのは間違っていると言わざるを得ないのです。

http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp6-20070613-212425.html

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200706/sha2007061204.html

池田久美子選手が、何と切手になったそうですね(^_^)

あの池田久美子選手が、何と切手になったそうですね。

今年、大阪で「世界陸上選手権 大阪大会」が行われるそうですが、その記念切手にイケクミ選手が描かれているそうです。デザインはドーハでのアジア大会で優勝した時の様子ですね。

http://www.oricon.co.jp/news/confidence/45325/

私は切手マニアじゃないけど、発売されたら買いに行こうかなあ?

だけど、池田選手の7m以上跳べること、達成できるといいですね。

フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!フレー、フレー、イケクミ!

江ノ電の写真です

以前、江ノ電の写真が掲載されているブログを見ました。

そこで私もヘタクソながら、江ノ電の写真を掲載します。これは極楽寺で撮りました。

Enoden0001

こうやってみると、江ノ電もいろいろな形や色の車両がありますね。のんびり走っている江ノ電。道路との併用区間もある江ノ電。人の家の玄関前を通る所もある江ノ電。江ノ電にはいろいろな面白さがあると思います。

そういえば、かつて遠山景織子さんと唐沢敏明さんが主演した映画「高校教師」では、江ノ電が映っているシーンが多かった記憶もあります。

時計に関する二つの歌

Вы слушали песнию 《Большие старые часы》 которую
Кэн Хирай пел?
Вы знаете песнию 《Старинные часы》 которую 
Алла Пугачёва пела?

http://gaia.ru/abp/showsong.php?d=01&s=11

(平井堅さんが歌った「大きな古時計」を聞いたことがありますか?アーラ・プガチョヴァさんの歌った「想い出の古時計」を知ってますか?)

平井堅さんの歌は有名ですが、日本人でアーラ・プガチョヴァさんを知っている人は少ないですね。
ロシアでは超有名人ですが。アーラ・プガチョヴァさんを知っている日本人の中には、彼女を「ロシアの美空ひばり」という人もいます。

「Старинные часы」ですが、直訳すると「昔からの時計」「古くからの時計」になりますが、
ビクターエンタテインメント から出たCDでは「想い出の古時計」と訳されています。

さて、6月10日は時の記念日ですね

http://www.shokabo.co.jp/keyword/old/time.html

そこでこの二つの歌を挙げてみました。どちらの歌にも古い時計が出てきますね。でも「大きな古時計」の方はもう動いていませんね。ですが、「想い出の古時計」では、まだ動いています。
それだけに、この歌ももっと知られてもよさそうな・・・。動いていればいい、というわけではありませんが「動かなくなった時計」と「まだ動いている時計」と両方知られてもいいのでは?という気もします。

ところで、ロシア語では「時計」は、何故か複数扱いです。

バラ 薔薇 roses розы

Это розы которые цвестут в Розовом Саду Кэйсэй в Городе 《Ячиё》 в Прифектуре 《Чиба》.
Ой,много разные роз цвестут в этом саду!

(これは千葉県八千代市にある京成バラ園で咲いているバラです。おお、たくさんのいろいろなバラがこの庭で咲いている)

6月2日に「百万本のバラと京成バラ園」という記事を掲載させていただきました。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_066d.html

そこで、この京成バラ園http://www.keiseirose.co.jp/で撮った写真を掲載させていただきます。

Roses1

ところで、私はロシア語は100語程度しか知りません。もし上記のロシア語にスペルや文法上の誤りがあればご指摘ください。なんで、ロシア語を書いたかって?それはロシアのアーラ・プガチョヴァさんの歌った「百万本のバラ」という歌を知っているからです。

Roses2

青少年・子ども向け番組や教育番組から撤退せよ!NHKよ!日本破廉恥協会よ!

また、NHKかよ!また、日本破廉恥協会かよ!

今度は今井洋介という青少年・こども番組部ディレクターが、痴漢をしたそうですね。女子高生のスカートに手を入れて下半身をさわったのですか?呆れましたね。この女子高生はこの日本破廉恥協会今井洋介の手をつかんで、駅員に引き渡したそうです。

こんなバカ職員を放し飼いにするNHKに、青少年・子ども向け番組や教育番組を制作・放映する資格なんてないと思います。こんな連中が携わるのは、子どもの教育にもよくありません。もちろん受信料を徴収する資格もないと思います。

NHKよ、青少年・子ども向け番組や教育番組から撤退せよ!

日本破廉恥協会よ、青少年・子ども向け番組や教育番組から撤退せよ!

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__kyodo_2007060801000515.htm

放鳥コウノトリのペアの子、成長しているそうです

YOMIURI ONLINEによると、放鳥コウノトリのペアの間に生まれたヒナが、すくすくと成長しているそうですね。あのコウノトリ独特のカタカタいうクラッタリングもしているそうです。このまま順調に育ち、大空を飛び回れるといいですね。親達が行ったこともない所まで飛んでいけるように成長してほしいものです。

コウノトリはヘビも食べるそうですが、このヒナはヘビを食べるのは、まだ無理のようです。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts70607a.htm

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/tp70607a.htm

Счастье этом аисту! (このコウノトリに幸福あれ)

Счастье аистам которые живут в Городе Тоёоке! (豊岡市で暮らすコウノトリ達に幸福あれ)

杉森美保選手、七十七銀行陸上競技部記録会出場

6月3日に七十七銀行陸上競技部記録会とかいうのがあったそうですね。

杉森美保選手も出たそうですけど、種目は800mではなく、400m。しかも4位。走る距離が半分になっただけで、随分条件が違うものなのですね。ご本人も400mは6年ぶりだったとか。

http://www.natureal.co.jp/nac/Schedule/07%20result/070677cup.html

でも、杉森選手は、新しい所属チームで、気持ちも新たにして頑張っているようですね。やっぱり800mの1分台達成を祈りたいものです。

フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!

NHK=「日本破廉恥協会」以外の表現

NHKは「日本放送協会」の略だけど、当ブログでは「日本破廉恥協会」と表現させていただいたこともありました。

ところが、別の表現をされているブログもありました。例えば、「日本変態協会」とか「日本犯罪者協会」とか。

いずれにせよ、NHKの不祥事が多いということですね。しかも不祥事起こした職員への処分も大甘だし。

週刊誌も、今後NHKが不祥事を起こしたら、上記3つの表現のうち、いずれかを使ってほしいと思う程です。

これで受信料をふんだくる資格がどこにあるのでしょうか?どうしても義務化したいのなら3割4割引きは当たり前です。

NHKのバカヤロウ!ボケ!すっとどっこい!少しは反省しろ!

また、NHK職員の不祥事!?やっぱり「日本破廉恥協会」?

また、NHK職員の不祥事ですね。

今度は山口智也というディレクターがほおずり痴漢ですか。普通の民間企業なら懲戒解雇でしょうが、NHKはそこまでしないのかなぁ・・・。

やっぱりNHKは「日本破廉恥協会」?

これで受信料をふんだくるなんて、何様のつもりでしょうか?

受信料を義務化したいなら、3割4割引きは当たり前だ!

聞くところによると、貫地谷しほりさんが主演する『ちりとてちん』の収録が始まったそうですが、せめてこの番組関係者から不祥事を起こす不届き者が出ないことを祈りたいものです。

http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=tt__fuji_320070605001&csvname=2135754116

http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=ts__jiji_05X818KIJ&csvname=2135754116

http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=tk__yomiuri_20070605i405&csvname=2135754116

(記事の一部を2007.6..9修正)

本村洋さんの足を引っ張るな!バカ!スカタン!

日弁連に、安田好弘弁護士を名指しして「処刑する」などと書かれた脅迫状を送ったバカがいたそうですね。そんなことをして、本村さんが喜ぶとでも思っているのでしょうか?むしろ、本村さんの足を引っ張ることですね。何とも悲しいことです。法廷で被害者を冒涜する偽善者以下の人間のやることですね。それに、あの偽善者弁護士がこの脅迫状事件を狡猾に悪用して法廷に臨むことも懸念されますね。

本村洋さんの足を引っ張るな!バカ!スカタン!

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007060500417

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070605i404.htm

http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__jcast_8168.htm

頑張れ本村洋さん、偽善者弁護団に負けるな!

頑張れ本村洋さん、被害者冒瀆弁護団に負けるな!

この殺人事件が提起する民法772条問題

何やら、内縁の妻が妊娠したら、内縁の夫に「誰の子供か分からない。そんな子供いらない」とか言われて、かっとなって殺害したという事件があったそうですね。ああ、痛ましい。

思えば、今の世の中、妻が懐妊または出産した子を自分の子どもか否か信じられない夫も多いのでは?コンビニに立ち寄ると、「人妻の○○」とかいう雑誌が何冊も並んでいるのをみると、今や夫の子どもを産む妻なんて、特別天然記念物?・・・なんて錯覚を起こしそう。もちろん現実にはそんなことはないでしょうが。

でも、今の民法772条の「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。」は全面見直しの必要はあるでしょうね。

例えば、

女が婚姻中か否かを問わず、懐胎した子は、親子鑑定をもって父親を決める。 妻が婚姻中に出産した子が夫の子どもでないと判断された場合、夫はその子の入籍と養育を拒絶することができる。また、妻と実の父親に対して壱千万円以上の慰謝料を請求することができる。但し、夫に有責配偶者的要因がある場合は、慰謝料は減額される。また、夫が実の子として養育し、実の父親に対し全額慰謝料を請求するとともに、子との対面を拒絶することもできる

としてはどうでしょうか?話が飛躍していますが、この事件もまた、民法772条全面見直しの問題提起のようにも思えます。

少なくとも、妻が間男の子どもを産んで、嫡出子否認の訴えや親子関係不存在確認の訴えで排除しても、養育義務が消えないなんていう法律があるようでは、この世の男は「バカらしくで結婚なんかできるか」という気を起こす人が多くなり、ますます少子化に拍車を掛けることになるのでは?とはいえ、嘘の愛情、嘘の信頼関係で成り立っている夫婦なんて、片っ端から破壊してしまえばいいのです。全く嘘のない夫婦なんていうのもないけど、真の愛情、真の信頼関係で構築されている、またはそれらを追求していこうとする夫婦こそ、一家団欒の生活を営む権利があるのではないでしょうか?

極論みたいなことを言わせていただきましたが、法務省のお役人も少しは考えるべきです。「あんたらは偏差値の高い大学を出たということしか取柄がないのか?」と言いたいですね。

*ご参考までに↓↓
http://newsflash.nifty.com/search?func=2&article_id=tk__yomiuri_20070604i301&csvname=1678889157

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c132.html

杉森美保選手、福島市リレーカーニバルに出場

杉森美保選手がナチュリル入りして以来、同社のサイトを見ることが多くなりましたが、6月2日に福島市リレーカーニバルとかいうのが催され、杉森選手は4×400mR(「マイルリレー」という言い方をするそうですね)に出場し、ナチュリルのチームは1位だったそうですね。杉森選手にとっては、5年ぶりのマイルリレーだったそうですね。

杉森選手自身、だんだん調子が戻ってきているそうですけど、このまま上り調子で、800mの1分台も実現できたらいいですね。

フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!フレー、フレー、杉森!

http://www.natureal.co.jp/nac/Schedule/07%20result/0706%20fukushima-rire-.html

百万本のバラと京成バラ園

Вы знаете песню 《Миллион Роз》 которую Токико Като пела?

В России Алла Пугачёва пела эту песню.

(加藤登紀子さんが歌った「百万本のバラ」という歌を知っていますか?ロシアではアーラ プガチョヴァさんがこの歌を歌いました)

もともとこの歌はmade in Russiaなのです。

先日、京成バラ園に行きました。いっぱいバラが咲いていましたね。中には枯れ始めたのもありましたが。

Rose Shopには、バラのジャムやバラのお茶、化粧品などが売られていましたが、「百万本のバラ」という菓子まで売っていました。私も手に持ってみましたが、赤3号とか赤106号とかいう着色料を使用しているので、買うのをやめました。

http://www.nihonatopy.join-us.jp/frame/sabframe11/f11genin-2kankyou14.html

lhttp://www.ninjinclub.co.jp/hanasi/story-kamaboko.html

ご参考までに京成バラ園はこちらをご覧ください。週末は京成八千代台から無料のシャトルバスも出ています。八千代台は特急も停まります。

http://www.keiseirose.co.jp/

ブログを始めて1年

ブログを始めて、1年が経ちました。

最初は1日に数件のアクセスしかなかったのに、最近は平均20件以上になりました。

こんなしょうもないブログでもよく続いたものです。

ちなみにページアクセスのベスト10は以下の通りです。

1.グリーンアテンダント
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_57b0.html
2.またまたGA、グリーンアテンダント
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a686.html
3.特急東海の廃止を惜しんで
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_2ceb.html
4.特急東海も廃止なのですね
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_ba7b.html
5.池田久美子選手がナゴヤドームで始球式
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_b8e3.html
6.新人グリーンアテンダント、研修中?
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_ac5a.html
7.グリーンアテンダントと警備員
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_847f.html
8.鶴ヶ島・・・ツルとコウノト
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_818c.html
9.さようなら、特急東海
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4529.html
10.死んで花実が咲くものか(続・「愛の流刑地」を観て
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4506.html

これをみてわかるように殆ど鉄道ネタ、しかもグリーンアテンダントに関する記事へのアクセスが多いことがわかります。
例外がイケクミこと池田久美子選手ネタ、コウノトリネタ、(自分でも意外だったのですが)映画「愛の流刑地」を見た感想ですね。

これからもしょうもない記事を掲載していきますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

飼育コウノトリのヒナ2羽生まれたそうですね(^_^)

YOMIURI ONLINEによると、今度は飼育の雛が2羽孵ったそうですね。よかった、よかった(^_^)

この2羽のヒナの親達は飼育だから、大空を飛び回ることができなかったのかもしれませんが、生まれた雛は大空を飛びまわれるように成長してほしいものです。豊岡だけでなく、広範囲に飛びまわれたならなあ・・・・

いずれにせよ、この2羽のヒナに幸あれ!

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts70601a.htm

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »