2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 201系も追われる立場なのですね | トップページ | 急行東海が廃止になった1996年3月は・・・ »

親子関係と民法772条、774条、777条

何やら民法772条が注目されているようですね。前夫と離婚し、次の夫の子どもを懐妊したのに、早産だったゆえに前夫の子として一旦は登録されてしまうのですね。

確かに今の民法では

1.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

2.婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

となっているそうですけど。

今回のケースは妻も「えーっ、何でぇ!?」と驚いたでしょうけど、前の夫だって自分の子どもでないのに、自分の子どもとして一旦登録されるのはえらい迷惑ですよね。

それ以外にも、夫婦の営みをしたその日に夫が死亡し、301日以降に子どもが生まれたら、その子はどうなるのでしょうか?

それに今、血液鑑定やDNA鑑定の技術が進んだのだから、これも考慮すべきでしょうね。仮に改正するなら、300日という日数を短縮したり、延長したりするのではなく、父親が判断しにくい場合は、その子を一旦「父親不明」という形で戸籍に登録し、鑑定などではっきりしたら父親を定めればいいのではないでしょうか?

それに、何が何でも父親を定めなければいけない、というのも見直してはどうかと思いますね。

例えば、未婚の母となった人でどうしても父親を明らかにしたくない人やできない事情のある人の子は「父親不明」という形で戸籍に登録したってよいのでは?もちろん「父親不明」の子はそれを理由に差別されることは絶対にあってはならないことですが。

それから夫婦間での信頼関係が希薄だったり、偽りの愛情でしか関係が成り立っていなかったり、すれ違いが多かったりすると、妻から生まれた子どもが本当に自分の子どもか疑わざるを得ない夫もいるでしょうね。

となれば、生まれてきた子どもを自分の籍に入れることを拒否または保留する権利が夫にあったっていいのではないでしょうか?774条に否認することが記されていますが、それだって一旦は自分の子どもとして登録しなければいけないのですよね。

それに民法777条の「嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければならない」とあるけど、1年は短いような気もします。血液鑑定やDNA鑑定などで父子関係が否定されたら、いつでも即日に除籍できる権利だってあってもいいのではないでしょうか?

ちょっと乱暴な意見もありますし、改正するにあたっては医療技術を過信せずに慎重に対応しなければならない点もあるのかもしれませんが、今民法で規定している親子関係のあり方を見直す機会ではないでしょうか?

ご参考までに http://www.houko.com/00/01/M31/009.HTM#s4.3 

« 201系も追われる立場なのですね | トップページ | 急行東海が廃止になった1996年3月は・・・ »

法務大臣殿!法務省殿!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子関係と民法772条、774条、777条:

« 201系も追われる立場なのですね | トップページ | 急行東海が廃止になった1996年3月は・・・ »