2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

生物と無生物の違い

私が高校に入学してまもない時のことでした。
最初の生物の授業の時、その生物教師がいきなり
「生物と無生物の違いについて記せ」
という問題文を黒板に書き、我々に考えさせました。

思えば、「(女性は子供を)産む機械、装置」と言った柳沢厚生労働相には生物と無生物の区別ができないのでしょうか?国民を無生物だと思っているのでしょうか?柳沢厚生労働相には人の心がないように思えます。

【詩】コウノトリと愛巣タフ

ロシア語でコウノトリのことをаист(アーイスト)と言いますが、ある格変化でаистах(アーイスタフ:複数形で「前置格」という格です)となることを知り、以下の詩を作って見ました。今回、厚生労働大臣の不適切発言がありましたので、パソコン内のディスクの中に眠っていた詩を引っ張り出して掲載することにしました。

****************

アイスタフ(аистах)と
変化することのある
コウノトリ・アーイスト

子どもが生まれると
コウノトリが子どもを運んでくると
愛の巣は多負になる?
愛の巣、多負で苦しめる奴は誰だ!

愛の巣を多負で苦しめる全てのものよ
早く去れ!
愛の巣を多負で苦しめる世の中よ
早く去れ!
愛の巣をタフ(tough)にする世の中よ
早く来い!
愛の巣タフ(tough)に
ならんことを祈りたい

***

そういえば、柳沢厚生労働大臣は、残業代ゼロ法を導入しようとしたのですよね。会社員の中には愛の巣のある人もあれば、これから愛の巣を作ろうと考えている人もいるわけです。その愛の巣を多負なものにして苦しめ、押し潰そうとたくらんだも同然の人でもありますね。

厚生労働相の辞任だけでなく、お詫びに税金を返してほしいものだ

柳沢厚生労働相が「(女性は子供を)産む機械、装置」と発言したそうですね。とんでもない大臣がいたものです。結局のところ、国民を人間と思っていない今の政府の姿勢の一部が表れたようなものです。

だから私は、かつてこのブログに掲載した怒七(ドーシチ)の雨のような気持ちにもなりますね。  

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_ffd2.html

高い税金をふんだくり、子どもを産みにくい/育てにくい環境を作っておいて、何ということをいうのでしょうか?やはりこの大臣は辞任すべきでしょうね。

いや、厚生労働相の辞任だけでなく、今回の著しく不適切な発言のお詫びに、税金を半額するなり、一家族あたり数万円の税金を返すなりしてほしいものです。特に子どものいる家庭や胎児を抱えている女性のいる家庭や子どもを望んでいる夫婦には。

またグリーンアテンダントネタ

「特急東海も廃止なのですね」http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_ba7b.htmlの記事が1週間で100件以上のアクセスとなりました。このしょうもないブログで、ひとつの記事に対し、1週間で100件以上になるのは初めてです。 それから、このブログには「グリーンアテンダント」を検索ワードとして来られる方も少なくありません。

さて、先日、グリーン車に乗った時のグリーンアテンダントは、笑顔が可愛かったなぁ・・・・。

このグリーンアテンダントを雇用している日本レストランエンタプライズのサイトhttp://www.nre.co.jp/green/index/top.htmによると、応募資格は18歳から35歳くらいと年齢幅が広いですね。そのせいか、グリーンアテンダントの中には高校卒業して1年未満ではと思えるようなキャピキャピギャルみたいな人や、熟女の香りが漂うような人を見かけることもあります。

子育てが一段落した女性が応募しやすいように、上限を引き上げてもいいのでは?それに若い頃、体育会系で鍛えた女性なら40歳過ぎても大丈夫では?・・・・・そんな気もします。

まもなく、常磐線にもグリーン車が連結され(既に連結されていますが、今は普通車扱いです)、グリーンアテンダントも乗務しますね。一度、乗りに行ってみようかなぁ・・・・

カエルとツボカビ、そしてコウノトリ

神戸新聞WebNewsによると、ツボカビに感染したカエルが20匹もいるそうですね。

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/science/0000220452.shtml

このツボカビとかいうもの、感染すると90%超の確立で死んでしまうそうですね。

このツボカビのためにカエルが絶滅する危険性もあるとか。

コウノトリはカエルも餌にしていませんでしたっけ。豊岡でもカエルをツボカビから守る対策を取り始めているのでしょうか?

絵本「こうのとりのカータ」を読んで

絵本「こうのとりのカータ」を読みました。
アメリカの元大統領みたいな「カータ」という名前は、コウノトリが
カタカタという音を鳴らすから付けられた名前のようですね。

この本は幼児向け絵本であるだけでなく、大人でもコウノトリの生活
などを知ることができる性格を持ち、小学生以上の子ども達が自然科
学に関心をもつ一助となる性質も有するように思えます。
ちょっと欲を言えば、コウノトリはヘビも食べてしまうことも触れて
ほしかったかなぁ・・・。

でも、付録として各ページの説明が書かれているだけに、大人が
子ども達に読み聞かせながら、解説できる本でもありますね。

購読されることを勧めたいと思います。

本屋さんで申し込んでも、amazonで申し込んでも、手に入れることは
できると思います。

これを機に、豊岡のコウノトリの話は子ども達向けの社会科や理科の
教科書でも取り上げてほしい気もしてきました。

それと、
この本は全国でどの程度売れているかなぁ・・・?
コウノトリ伝説のある埼玉県鴻巣市ではどうだろうか・・・?
昨年コウノトリが飛来した千葉県旭市ではどうだろうか・・・?
露訳して(「Аист Ката」になる?)、ハバロフスクでも売れ
ないだろうか・・・?

そんな風に思いが広がってきます。

それから、昨年12月30日にアップした記事「絵本『こうのとりのカータ』」に対し、1月1日にコメントをくださったコウノトリ倶楽部の方、改めてありがとうございました。

特急東海も廃止なのですね

今度のダイヤ改正で、特急東海も廃止になるそうですね。

確かに乗る人が少なかったから、いつかはこうなるかと思っていましたが、やはりちょっと寂しいです。

準急・急行時代は東海道新幹線が開業しても、東京-大垣間を走っていた時期がありましたが、それが東京-静岡間に狭められ、本数も減り、編成も短くなり、特急格上げと同時にグリーン車も外れ、ついに廃止ですか。

写真は東京駅で撮ったものです。その際、「ふじかわ」も表示したので、その瞬間も撮りました。

Tokai

また税金の話題です

Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070104-00000001-san-bus_all によると、産経新聞の全国の主要企業120社を対象に実施した実施したアンケート調査では、「景気が拡大している」と認識しているのが9割もあったのに、賃上げを検討しているのはわずか1割とのこと。背景は「米国景気や国内消費の先行きなどに対する不安がある」とのこと。

「国内消費の先行きなどに対する不安」は当然でしょうね。その責任は今の政府にあります。今でさえも高い税金なのに、「もっとふんだくってやる」という政策。これでは国内消費に暗雲をもたらすのは当たり前でしょうね。即刻定率減税の廃止を中止するか、臨時減税というか特別減税をすべきではないでしょうか。景気を持続、というより国民が実感の持てるものにするには、減税で購買力を付けるべきではないでしょうか?

とにかく、企業が賃上げに慎重になっているのは、政府の責任です。今の政府は労使共通の敵ではないでしょうか。これで参議院選挙に勝つつもりでいるんだから、今の内閣は全く庶民感覚がない人ばかり揃っているのでしょうか?候補者を入替えても入替えなくても同じことかもしれませんね。

もっと飛んできてほしいなぁ・・・

昨年は千葉県の旭市にコウノトリが舞い降りて、話題になりましたが、今年もいろいろな町に飛んできてほしいものです。あの旭市に飛んできたコウノトリは、ロシアから来たのでしょうか?いずれにせよ、下記のような気持ちです。

-----

Русские аисты,летите в Японию.
Летите в разные города.
Смотрите,разные города,горы,леса,
поля,реки и моря.
Особено в городе Тоёоке ваши друзья
ждут вас.
Мы тоже ждём вас.

(ロシアのコウノトリよ、日本に飛んで来い。いろいろな町に飛んで来い。いろいろな町、山、森、野原、川、海を見よ。特に豊岡市では、おまえたちの仲間が待っているよ。私達もまた、おまえたちを待っているよ。)

<↑私はロシア語については100語程度しか知りません。文法や単語のスペルミスがあったら、ご指摘ください(^ ^;;  >

----

ついでですが、コウノトリの写真も掲載します。どちらも豊岡ではなく、多摩動物公園のコウノトリですが。

Stork_at_tama_zoo1_1  Stork_at_tama_zoo2_1

(下手な写真でも、著作権は私・スタヤーチにあることを主張させていただきますので、何卒ご理解の程、お願いしますm(__)m  )

初詣と増税

みなさん、初詣には行かれましたか?

神社やお寺には、それぞれいろいろなご利益があると言われていますね。家内安全とか、交通安全とか、無病息災とか、厄除けとか。

今年はただでさえも重い税負担がさらに重くなる年。何か金運に少しでも恵まれてほしくもなるので、そういう神社やお寺にいくつも行こうかなぁ・・・。そんなことしても、今の政府は情け容赦なく税金をふんだくりますけど。こんな税制って、健康で文化的生活を営む権利を蹂躙しているようにも思えますが・・・。

◇あけましておめでとうございます◇(^_^) <С Новым Годом!>

あけましておめでとうございます。

昨年ブログを始め、最初の正月を迎えました。開設後、のべ2500名の方がアクセスくださいました。

しょうもない記事が多い中、「またまたGA、グリーンアテンダント」「池田選手、金メダルおめでとう\(^O^)/」の2つの記事はブログヘッドラインでも取り上げられました。

何故か「グリーンアテンダント」を検索ワードにしてアクセスされたり、グリーンアテンダント関連の記事にアクセスされる方が多いのですが、11月から12月にかけてはコウノトリ関連の記事にアクセスされる方も見られるようになりました。また、12月はドーハでのアジア大会のせいか、「池田選手、金メダルおめでとう\(^O^)/」にアクセスされる方も目立ちました。それから、つい数日前にアップした「鹿島鉄道、やっぱり廃止なのですね.....」のアクセス件数は12月では第3位でした。

今年はどんな記事をアップしようか未定です。コウノトリ関連の記事も掲載することにもなりそうですが、いろいろな観点で掲載していきたいと考えています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »