2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

日経平均と税負担

昨日というか、今年最後の東京株式市場の日経平均は17225円83銭でした。昨年の終わり頃だったか、「2006年は20000円台に回復するか?」というような予想もあったけど、一度も20000円台になることはありませんでしたね。

原因はいろいろあるけど、やはり個人への税金の重さも一因かもしれませんね。とにかく、会社が給料や賞与を上げてくれても、それ以上に税負担が増えれば、実質賃金は下がったことになりますしね。なんらかの努力や成果が認められて、昇格/昇級/昇給した人にとっては、努力や成果を台無しにされたも同然です。これで「いざなぎ景気を超えました」なんて、大嘘に聞こえます。

それで2007年度は「もっと税負担を重くしてやる」と言っているそうですね。税負担が大きくなれば、再チャレンジしようと思っている人も再チェレンジの道を断たれるのと同じです。企業だって、多くの個人顧客にいろいろな商品を買ってもらえなくなれば、経営に悪影響を及ぼします。これでは景気もいつ減速・失速するかもしれません。2007年度はむしろ個人に対しても減税をするべきではないでしょうか?税負担を少なくし、個人の購買力を付ければ、経済は活性化し、国家にとってもむしろ税収入が増えるかもしれません。日経平均も20000円台回復やそれ以上の上昇もあり得るかもしれません。

「こんなに政府が理不尽な税負担を課すならば、外国ではストや暴動が起きてもおかしくない」と言っている人もいます。もちろん外国はあくまでも外国であって、日本でもストや暴動を起こすべきか、否かは判断しかねます。

ただ、労働組合も今や、「税負担を大きくする政府こそ、労使共通の敵」と認識すべき時が来ているかもしれません。

絵本「こうのとりのカータ」

YOMIURI ONLINEの「こうのとり大空へ」http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/によると、コウノトリを題材にした絵本を作成された方がいるそうですね。豊岡市立コウノトリ文化館などで販売しているそうです。「こうのとりのカータ」という題だそうです。どんな絵本かなぁ.........。子ども達の情操教育や自然科学に関心を持たせるためにも有益そうな気がしますが・・・。

http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts61227b.htm

私も手に入れて読んでみようかなぁ…。

鹿島鉄道、やっぱり廃止なのですね.....

当ブログでも10/15に鹿島鉄道に関する記事を載せましたが、やっぱり廃止になるそうですね。

http://jp.ibtimes.com/article.html?id=3150

http://www.tokyo-np.co.jp/00/ibg/20061225/lcl_____ibg_____002.shtml

「がんばれかしてつ」と車体に書いたり、駅にも鹿島鉄道を応援するような旗、幕、看板も見かけましたが、その声もむなしく終わったようです。

廃止を惜しむ気持ちを込めて、私の撮った写真を掲載します(著作権は私こと、スタヤーチにありますので、ご理解の程お願い申し上げます)。

Farewellkashimarailway01_1 Farewellkashimarailway02_1

何とも残念

兵庫県立コウノトリの郷公園http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/のサイトによると、一羽のコウノトリが死亡したとのこと。

何とも残念ですね。死因はなんだろう・・・。

あの世に逝ってしまったコウノトリの冥福を祈ります。

野生化の兆しが出たコウノトリ

YOMIURI ONLINE http://osaka.yomiuri.co.jp/stork/ts61224b.htmによると、豊岡で放鳥されたコウノトリのうち、一羽に野生化の兆しが出たそうですね。他のコウノトリは県立コウノトリの郷公園の飼育用の餌に頼っているのに、なかなか頼もしいですね。

このコウノトリと夫婦になりたいオスのコウノトリはいないのかなあ?まず、県立コウノトリの郷公園に頼らずに自活しようとする勇気があることが必須条件でしょうね。

他のコウノトリも、これに続かないかなあ・・・・・。そしてこのことが、子どもを望む夫婦のもとにもコウノトリがやって来る兆しであるといいですね。

コウノトリの生け花

豊岡市立コウノトリ文化館のサイトhttp://www3.city.toyooka.lg.jp/kounotori/index.htmによると、コウノトリの生け花を贈られた方がいらしたそうです。同館の受付などに展示してあるそうです。

コウノトリが松の上を飛ぶのをイメージされたのがいいですね。

世の中にはコウノトリを「松」ではなく「待つ」人もいます。「コウノトリ」で検索すると、そういう方のブログがヒットしますが、本当に子どもを望んでいるご夫婦のもとに、コウノトリが飛んで来るといいですね。

大変残念・大変不愉快

先日のアジア大会で男なのに、女になりすまして出場して銀メダル取った選手がいたそうですね。何やらその銀メダルも剥奪になるとか。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061218&a=20061218-00000084-reu-spo

これが事実だとすれば、大変残念だし、大変不愉快です。

その選手が銀メダルを取った種目はこともあろうに、私が最も応援している杉森美保選手が出たものだけに、残念さと不愉快さがますます大きくなります。

【詩】怒七(ドーシチ:дождь)の雨

下記の詩は、以前「POETRY TOWN-みんなで作ろう POEMで素敵な街を-」http://homepage3.nifty.com/~hanamaru/poetry_town/main.htmlというサイトにアップしたものです。雨のことをロシア語で「ドーシチ」(дождь)ということを知り、作った詩です。この世の腐敗を象徴するような事件もしばしば起きていることもあり、改めて自ブログにアップします

------------------

激しく雨が大地を叩く
雨よ
ドーシチ(дождь)よ
今日の雨は怒りの雨か
怒七(ドーシチ)の雨か
この世の腐敗への
この世の退廃への
この世の不浄への
この世の不正への
この世の穢れへの
この世の荒廃への
この世の邪悪への

雨よ
怒七(ドーシチ)の雨よ
どうせ降るなら洗い流せ
これら悪しき七つを洗い流せ
降って、降って洗い流せ
降り終えたら
虹の架け橋、映し出せ

池田選手、金メダルおめでとう\(^O^)/

ドーハでのアジア大会ですが、私が一番応援していた杉森美保選手は6位でした。銅メダルくらい取れるかなぁと思ったのですが。本来の実力を出し切れなかったのかなあ?でもお疲れ様でした。

私の場合、杉森選手が日本記録を出したのを機に、いろいろな陸上選手の顔と名前がわかるようになりました。池田久美子選手もその一人。私が二番目に応援しているのは池田選手です。

その池田選手はなんと金メダルでしたね。よかった、よかった(^_^)。走り幅跳びという種目で日本人が金メダルを取れたのは36年ぶり、つまり池田選手が生まれる前だったのですね。何やら池田選手は以前はファウルが多かったそうですが、それを克服したそうですね。努力が実ってよかったですね。

池田選手より20年も長くこのうき世にいる私ですが、「俺も年だなぁ・・」と弱気になりがちです。でも、若い人が頑張っている姿を見ると、弱音なんか吐いていられない、という気分にもなります。

とにかく、池田久美子選手、金メダルおめでとう\(^O^)/

-----------------------------------

P.S

この記事はブログヘッドラインで取り上げられていたことがわかりました。

http://www.blog-headline.jp/sports/archives/2006/12/post_756.html

当ブログの記事がブログヘッドラインで取り上げられたのは、10/09の「またまたGA、グリーンアテンダント」以来で2度目のことです。

ブログを始めて6ヶ月

このブログを始めて6ヶ月過ぎました。そこで統計を取ってみたら、最もアクセスの多いページはトップページでしたが、2位から5位までは、何と「グリーンアテンダント」「またまたGA、グリーンアテンダント」「またグリーンアテンダントについて(その1)」「またグリーンアテンダントについて(その2)」とグリーンアテンダントに関する記事で、全体の4割も占めていたことがわかりました。グリーンアテンダントのブログじゃないのだけど、こうなってしまいました。ブログヘッドラインに取り上げられたせいもあるかもしれません。

あと8位は「鴻巣(コウノトリ伝説の町)レポート」、10位は「【詩】もてない男ともてない女 」でした。これからどうなることやら・・・・。

氷点

このブログで「氷点」という小説を紹介していますが、先週テレビで放映されていましたね。いくつかのブログを検索してみましたが、中には「原作とちがうじゃないか!」とご不満だった方もいました。

でも、原作は原作。「ここはちょっと、こういう風に変えたい」と考えるのはその製作者の自由でしょう。とはいっても原作者や原作者のご家族の許可は必要でしょうね。

ところで、先週の「氷点」では、原作になかった60歳になった陽子と65歳になった北原が出てきました。その65歳の北原を演じたのは津川雅彦さん。その津川雅彦さんは、かつて映画版の「氷点」で、北大生の北原を演じていました。今回、津川氏はその時の実績を買われたのでしょうか?

私はクリスチャンでないけど、この小説は何回ドラマ化されてもおかしくないと思います。それに今年は実の子を殺害する事件も起きましたしね。いじめも陰湿になっているし。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »