2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

特急出雲とコウノトリ

Izumo1 今年の3月まで、東京~出雲市間に寝台特急「出雲」が走っていました。この列車は途中、コウノトリの郷・豊岡を通ります。下りの場合、東京を21:10に出て、豊岡は6:20に到着してました。この列車は残念ながら今年の3月で廃止。つまり東京~豊岡を直通で行ける列車がなくなったということです。

特急出雲は時代の流れに押され、廃止に追い込まれたけど、豊岡のコウノトリはこれからですね。

豊岡のコウノトリに幸あれ!もっと広範囲に飛べる勇気あれ!

ちなみにコウノトリの郷・豊岡は出雲の国ではなく、但馬の国ですね。

【詩】ある日の小田原の海は・・・

ザザァァー

この日の小田原の海は穏やか

ザザァァー

波の奏でるメロディーに

都会の喧騒も忘れるよう

ザザァァー

この波の音が

BGMのように耳に響く

この光景の中

波と戯れる幼い子ども

     

仲睦まじく語り合う若い男女

  

まだ幼い子どもたちよ

いつか君らに彼氏彼女ができたなら

来てみないか

こんな光景のある所に

過ごしてみないか

語らいのひと時を

  思えばこの日の小田原の海は

  愛する者に優しい潮風が吹いていた

今日は4羽のコウノトリが放鳥!

昨日は3羽、今日は4羽飛び立ったそうです。ただ、昨日放鳥された内の1羽は一時的に収容だそうです。

詳しくは、こちらをご覧ください。↓↓↓

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/topics/index.php?FORM[nid]=b671c392960c7d7665fbed985cf79564&FORM[view_oft]=0&FORM[attribute]=

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/topics/index.php?FORM[nid]=4fb36243aea56091b77d07ae44bdb0ab&FORM[view_oft]=0&FORM[attribute]=

こちらもご参考までに↓↓↓

http://www3.city.toyooka.lg.jp/kounotori/index.htm

http://kounotori.org/

♪飛べ、飛べコウノトリ、この世に夢をもたらすように飛べ!コウノトリに幸あれ!

私は関東人。豊岡に行きたいけど、金と暇がない。だけど、豊岡のコウノトリをきっかけに日本国中がかな、人々の心がかなになっていかないかなぁ・・・。口で言うのは簡単だけど・・・。

ちなみに関東には埼玉県鴻巣市に大蛇をやっつけたコウノトリの伝説があるそうです。

3羽のコウノトリが自然放鳥!

本日、豊岡では3羽のコウノトリが自然放鳥されたそうです(^_^)  \(^O^)/

詳しくは、こちらをご覧ください。↓↓↓

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/topics/index.php?FORM[nid]=e6aa1e372cbdc13510f7b39a93b890c8&FORM[attribute]=

こちらもご参考までに↓↓↓

http://www3.city.toyooka.lg.jp/kounotori/index.htm

http://kounotori.org/

またグリーンアテンダントについて(その2)

グリーンアテンダントですが、今年の3月に横須賀線・総武快速線、東京発着の東海道線、上野発着の高崎線や宇都宮線にも導入されてから半年経ちましたね。個人差もあるかもしれませんが、だいぶ業務に慣れてきたようですね。中には飲み物類の入った籠を抱えながら手際よく車内改札している人もいます。

グリーンアテンダントの人達は、日本レストランエンタプライズの正社員ではなく、契約社員だそうですね。でも正社員の道もないことはないそうです。それを目指している人の夢が叶うことを祈りたいと思います。また、グリーンアテンダントの経験を他に活かしたいと考えている人の夢も叶うことを祈りたいと思います。

それから、一度定期券で乗り越しをする際、普通運賃の精算をしようと思ったら、
「申しわけございませんが、お取り扱いしていません。」
と言われました。つまりあくまでもグリーン券範囲を越えた業務は任されていないのですね。この業務も委託できないか、検討していただきたいですね。

またグリーンアテンダントについて(その1)

鉄道ファンhttp://www.railfan.ne.jp/koyusha/index.htmlの11月号を買って読みました。今月号はグリーンアテンダントに関する記事が出ていました。紙面上は5ページを割いていますが、写真を除くと文章部分は3ページ弱ですね。その文章はJRの関係者の方が書いたものです。
http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_57b0.htmlでの元グリーンアテンダントさんのコメント読むと、同誌では良い面しか書かれていないように思えますが、JR東日本にせよ、日本レストランエンタプライズにせよ、いろいろな課題を乗り越え、今も取り組んでいると思います。

この記事でも書かれていますが、JR東日本の増収には貢献しているとは思います。私も毎日グリーン車に乗るわけにはいかないけど、時折利用します。車内でグリーン券を買うと250円高いのですが、私は一度も車内で買ったことはありません。「あのアテンダント美人だなぁ・・・」と思うこともあれば、「元気で明るい感じだなぁ・・・」「ちょっと化粧が濃いのでは?」 「ちょっと暗い感じがするなぁ・・・」などと思うこともあります。

時には飲み物も買うこともあります。ただ、駅ホームのキオスクで買うより30~40円高いのですね。その飲み物ですが、ビールの場合、高崎線では「キリンにしますか?アサヒにしますか?」とメーカーを聞かれます。グリーンアテンダントセンターにより販売方針が若干異なるのでしょうか?

【詩】愛を知らなかった男と女

 愛を知らなかった男に

 愛を教えた女がいた

 男は愛に目覚め

 女はそれを受け入れ

 結ばれた

 コウノトリも来た

 愛を知らなかった女に

 愛を教えた男がいた

 女は愛に目覚め

 男はそれを受け入れ

 結ばれた

 コウノトリも来た

  愛を信じなかった男に

 愛をわからせた女がいた

 男は愛に目覚め

 女はそれを受け入れ

 結ばれた

 コウノトリも来た

  愛を信じなかった女に

 愛をわからせた男がいた

 女は愛に目覚め

 男はそれを受け入れ

 結ばれた

 コウノトリも来た

  たとえ今は愛を知らない者でも

  いつかコウノトリを呼べるかも

  たとえ今は愛を信じない者でも

  いつかコウノトリを呼べるかも

児童を人として尊ばない教師

児童憲章の中に

「児童は人として尊ばれる」

という部分がありました。

でも、私が小学生の時には、児童を人として尊ばない教師もいました。

「男子、女子」を「オス、メス」と動物呼ばわりというか、家畜呼ばわりする教師がいたのです。

こんな教師こそ、人として尊べません。

何が「仰げば尊し我が師の恩」ですか、ふざけやがって!

古本屋さん

みなさん、読まなくなった本はどうされていますか?ゴミとして処分する、知人に譲渡する、古本屋さんに売却するといった方法が考えられますね。BOOK OFFに売る方もいらっしゃるのでは?

若い頃、水道橋にある古本屋さんに読まなくなった本を売りにいったら、その店のオヤジに

「ダメだ、ダメだ、値段にならん!!!」

と怒鳴り散らされたことがありました。

今、BOOK OFFに本を持って行った時、その本が、たとえその店として全く売り物にならないと判断された場合でも、こんな応対はされませんね。

「申しわけございませんが、当店ではお受けいたしかねます」

「誠に恐れ入りますが、これには値段をつけられません」

と丁重に断られると思います。実際にそうされました。

だから私は、

「BOOK OFFの社長さんや経営陣の中には、あの若い時の私のように古本屋さんに怒鳴られたり、小バカにされた経験があるのではないか?」

「だからこそ、各店舗の店員には丁重にお断りするように指導しているのでは?」

と勝手に想像したくなってしまいます。

でも、よくよく考えたら当たり前ですよね。買取をお断りしても、自分達の店に置いてある古本を買っていただくお客様になっていただこう、と考えているなら、私が若い時に立ち寄ったあの古本屋のオヤジのような態度は論外ですよね。

夭折

先日、「読めないと恥ずかしい漢字1500」(河出書房新社刊)という本を読んでいました。読むと意外と知らない漢字が多かったことに気づきました。

その中に「夭折」という言葉がありました。「若くして亡くなる」ことだそうです。もう1ヶ月以上前になりますが、アテネ五輪にも出た砲丸投げ選手の森千夏さんが亡くなりました。つまり夭折されたということですね。

私は陸上選手については、「」は「森」でも杉美保選手には関心があったものの、森千夏選手には無関心でした。ところが、今年の4月頃にガンと闘っているとの話を聞き、「若いのに何とお気の毒に」と思い、「森千夏さんを応援する会」に千円札1枚ばかりカンパしました。7月には森選手の出身高校の東京高校からお礼の手紙と森選手直筆のメッセージのコピーが届きました。

「この調子なら病気の方が逃げていくかな?」と思っていたのですが、8月には残念な結果になりました。下記のURLのページを読んでいたら、私まで涙が出てきそうになりました。ご冥福をお祈りします。

http://www.ne.jp/asahi/rikujouweb/terada/

http://www.ne.jp/asahi/rikujouweb/terada/tokushuu/2006/mori-chinatsu/kokubetusiki-chouji.htm

http://www.ne.jp/asahi/rikujouweb/terada/tokushuu/2006/mori-chinatsu/ikeda-chouji.htm

P.S・・・森選手は20m投げることを目標にしていたのですか?森選手と仲良しだった池田久美子選手は7m跳ぶことを目標にしているそうですね。杉森美保選手は800mを日本人初の1分台で走れることを目標にしているようです。達成できるといいですね。

久々の更新です

諸事情があって、更新ができない状況が続いていました。

これからは時折更新していきたいと思います。

元グリーンアテンダントさんには、折角コメントをいただいたのに、何もレスを返せず申し訳ない気持ちです。

あれから何度かグリーン車を利用したことがありましたが、だいぶ仕事も慣れてきたかな?と思えるようにもなってきましたね。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »