2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

森と田んぼの間を3600形特急上野行きが通る

2ヶ月ほど前に、印旛沼から佐倉市内を流れる鹿島川沿いの道路から撮ったものです。

3600形の特急上野行きです。

2019082102-1

2019082102-2

こうやって見ると、のどかな光景です。

京成電鉄の1980年代を象徴する3600形にも廃車が出始めていますね。

京成線内だけでなく、都営浅草線にも直通運転することもありますが、京浜急行はありませんね。

運用が限定されていることが、廃車時期を早めることになるかな?

来年3100形が営業運転を始めると、廃車になるのは3500形でしょうか?3600形でしょうか?

西金沢駅ホームの立ち入り禁止場所。禁止にした場所の理由としなかった場所の理由は?

これは3カ月半前にJR北陸本線西金沢駅で撮ったものです。

この駅がJR西日本の駅でいられるのもあと3年ですね。

北陸新幹線が敦賀まで延長されるために。

さて、北陸本線の普通列車ですが、かつてはEF70とかED70といった機関車が牽引する客車列車が多数でした。

しかも、長編成。

西金沢駅もその長編成時代の名残があります。

とにかく、ホームが長いのです。

ただ、ホームの野々市寄りは途中から立ち入り禁止にしています。

2019082101-1

なのに、ホームの金沢寄りは立ち入り禁止にはしていません。

2019082101-2

立ち入り禁止にしているのは、いずれ取り壊す予定なのでしょうか?

特に危険物を置いてあるようには見えませんでしたが。

逆に金沢寄りは禁止にしていません。

とはいえ、ホームの端まで来る長い編成の列車は今の北陸本線にはないのでは?

この写真は3ヶ月半ほど前のもので、その後状況は変わっているのでしょうか?

えーーっ、西金沢駅のホームでスケートボードをやる奴がいるの?

3ヶ月前のことですが、JR西日本の北陸本線の西金沢駅でこんな貼り紙を見ました。

2019081803

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ、

信じられなーい!

駅のホームでスケートボードをやる奴がいるの?

危ないじゃないの!

この駅は特急サンダーバードやしらさぎが高速で通過する駅。

撥ねられたら即死ですよ。

ほかの乗客も巻き添えを食う恐れもありますね。

「アホか!?」

と言いたいですね。

 

3500形に最後の花?8月31日にビアトレイン

京成初のステンレス車であり、初の冷房付き通勤車である3500形。

今や京成の最古参。

結構廃車になりましたね。

その3500形を使用して、8月31日にビアトレインを走らせるのですね。

https://www.tetsudo.com/event/26275/

http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20190809_173702408818.pdf

何故八千代台始発なのでしょうか?

津田沼だと出入りする定期列車の邪魔になるからでしょうか?

3500形は今や風前の灯。

引退前に最後の花持たせでしょうか?

ビールが飲みたい方は応募してみる価値もあるのでは?

写真は東中山で撮ったものです。

2019081802

 

北陸鉄道、淘汰される車両、淘汰する車両

これは北陸鉄道浅野川線の内灘で撮ったものです。

元京王電鉄井の頭線の3000系、ここでは8000系ですね。

2019081801-1

これは北陸鉄道石川線の鶴来で撮ったものです。

左は元京王電鉄井の頭線の3000系ですが、8000系ではなく7700系。

右は元東急7000系で、ここでも7000系ですね。

2019081801-2

これらの車両も風前の灯のようですね。

東京メトロ日比谷線を走っていた03系にとって代わられるそうですね。

既にJR貨物の機関車に引かれて松任に来ているとのこと。

そこでの改造工事が終われば、現在北陸鉄道を走っている車両は次々に淘汰されるようですね。

まずは浅野川線から先に行うようですが、それが終われば石川線でしょうね。

写真は中目黒で撮った03系です。

2019081801-3

 

🍸

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

住宅地と田園地帯との境目走る3000形特急上野行き

この写真は京成臼井―京成佐倉間で撮り鉄したものです。

3000形の特急上野行きです。

3000形は都営浅草線や京浜急行線への直通運転も可能ですが、この電車は上野行きなので、京成線しか走りませんね。

2019081702-1

線路の向こうは住宅街、手前は田園地帯。京成線はその境目を走るのですね。

2019081702-2

初代3000形の赤電もここを走っていましたね。

2019081702-3

この辺はのどかです。

北陸鉄道石川線レポート16(「西金沢」や「野々市」の駅名史)

これは、北陸鉄道石川線の新西金沢を出発しようとしている7000系野町行きです。

元東急の7000系ですね。「こびとづかんのまちつるぎ」のヘッドマーク付きです。

2019081701-1

電車は野町に向けて出発しました。

2019081701-2

それにしても、この新西金沢駅、JR西日本の北陸本線西金沢駅とはすぐ近くにあるのですが、何故か「新」を付けているのですね。

金沢の場合、「北鉄金沢」を名乗っていることを考えると、この駅は何故「北鉄西金沢」ではなかったのでしょうか?

そうかと思えば、野々市はJR北陸本線の野々市駅と離れているのに、「野々市」ですね。しかも2㎞も離れているのに。

この駅も何故「北鉄野々市」にしないのかな?

ただ、野々市の場合は、先に名乗ったのが北陸鉄道であって、1926年から名乗っているのですね。

しかもJRというか国鉄の西金沢駅が野々市を名乗っていた時期もあったのですね。

となればJRの野々市が「新野々市」とか名乗るべきなのでしょうか?

だけど、今の新西金沢駅が最初、石川鉄道の「新野々市」として1915年に開業したのですね。

それで1926年に「新西金沢」となり、北陸鉄道になってもそのままで今日に至っているのですね。

いろいろな歴史や事情が絡み合っているようですね・・・・・・。

🍸

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

住宅が立ち並ぶ丘と田んぼの間を3000形が行く

2ヶ月ほど前に京成臼井―京成佐倉間で撮り鉄したものです。

住宅が立ち並ぶ丘と田んぼの間を3000形が走っています。

このあたりに区間はカーブが多く、列車も徐行したりします。

2019081602

この3000形列車は特急か快速か忘れましたが、同形式は3026編成以降は8両編成が多数派なので、この形式の優等列車を見る確率がぐんと高くなりましたね。

来年からは3100形もここを走るのですね。

 

 

北野に来たの2(9000系と7000系との緩急接続)

1ヶ月程前に京王線の北野で撮り鉄をしました。

北野はかつては特急通過駅でした。

でも、今は停車します。

そして緩急接続の役割を果たす駅でもあります。

京王八王子から9000系の各駅停車新宿行きが来ました。

2019081601-1

高尾山口からの7000系特急新宿が来ました。

2019081601-2

高幡不動以遠の特急停車駅に急ぐ人は7000系特急に乗車し、長沼ー中河原間の特急通過駅に行く人は各駅停車に乗りますね。

2019081601-3 

北陸鉄道石川線レポート15(元京王3000系との交換)

3ヶ月前に北陸鉄道石川線で撮り鉄したものです。

7000系で新西金沢に向かう途中、元京王電鉄井の頭線の3000系だった7700系との交換です。

2019081401

北陸鉄道には今、東京メトロ日比谷線を走っていた03系の影が忍び寄ってきていますね。

先に浅野川線から置き換えとのことですが、石川線を走る元東急7000系にせよ、元京王3000系にせよ、

いつまでも安泰ではありませんね。

※当ブログの鉄道記事のうち、北陸鉄道関係は「鉄道(北陸鉄道)」として独立させました。

北陸鉄道浅野川線、石川線の関心のある方はこのカテゴリから探してみてください。

http://stoyachi.cocolog-nifty.com/blog/cat24230260/index.html

 

«クリーミーなスープもラーメンに合うのですね。浦安の壱角家