2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

レッドアロークラシックが「小江戸」として運転開始

これは2011年12月に西武新宿で撮ったレッドアロークラシックです。

この時、拝島行きの臨時特急として運転されました。

2020032802-1

これは昨年2月に撮ったものです。

2020032802-2

乗車していたNRA・10000系の特急「ちちぶ」号が上りの特急「ちちぶ」と交換するために正丸で運転停車したのですが、その対向列車がレッドアロークラシックだったのです。

レッドアロークラシックは、一度東京ガスのコマーシャルにも出た記憶だあります。

そのレッドアロークラシックですが、池袋線の特急としての役目は終えたものの、新宿線の特急「小江戸」として運用されているのですね。

鉄道ボビタスで知りました。3月25日から運転開始しているのですね。

http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2020/03/post_1981.html

思い出せば、西武は10000系を先に新宿線から投入しましたね。

でも、池袋線から先に10000系を撤退させました。

新宿線にはLaviewの001系をまだ投入していないというか、投入しないのではないか?という見方もあるようですね。

40000系になるのでは?という見方をしている人もいた記憶があります。

特急「小江戸」の乗車率も今ひとつのようですね。

例えば、川越から新宿に行こうと思ったら、東武東上線+JRの方が安いし、所要時間も短いし、近道ですからね。

特急「小江戸」はこれからどうなるのでしょうか?

 

曳舟で撮ったベテラン同士(東京メトロ8000系と東急8500系)。引取先の有無は?

3ヶ月前、東武の曳舟で撮ったものです。

これから東京メトロ半蔵門線の8000系と東急8500系です。

2020032801

どちらもベテラン車両ですね。

東急8500系の仲間の中には既に廃車になったもの、秩父鉄道や長野鉄道などの地方私鉄に譲渡されたり、海外に譲渡されたものもありますね。

残りの車両もそう遠くない将来に2020系に置き換えられますね。

現在活躍中の8500系を引き取ってくれる地方私鉄はないのでしょうか?

この車両を引き取ってくれる外国はないのでしょうか?

東京メトロの8000系も来年から18000系に置き換えられるそうですね。

どちらも長い間頑張った車両ですね。

東京メトロ8000系を引き取ってくれる地方私鉄はないのでしょうか?

この車両を引き取ってくれる外国はないのでしょうか?

どちらの車両も解体される場合は、東武伊勢崎線の線路を使って北館林に回送されていくのでしょうね。

小雨のぱらつく武蔵小杉。相鉄12000系停車中に新幹線が

小雨のぱらつくある日のこと、武蔵小杉で相模鉄道の12000系を撮りました。

羽沢横浜国大を出発してから15分間ノンストップで走り続けてきたのですね。

2020032701-1

相鉄線内では特急に運用されても、15分以上ノンストップで走り続けることはないですね。

羽沢横浜国大前-武蔵小杉間、本当に停車駅を作るニーズはないのでしょうか?

以前、JR貨物が首を縦に振らないとダメであるとのコメントをした人がいたけど。

仮にニーズがあってもJR貨物次第なのでしょうか。

横浜市からJR貨物に要請することはなさそうでしょうか。

それにしても相模鉄道の12000系、流線型のせいか、前面だけを見ると、料金徴収形の特急車のように見えますね。そうは見えない人もいると思いますが(あくまでも個人差)。

停車中に新幹線が通過しました。

2020032701-2

相模鉄道の12000系 がこの時停車していたのはJR東日本の線路上。

でも、東海道新幹線はJR東海ですね。

東京駅で出発を待つE353系の特急かいじを撮る

これは1ヶ月前に東京駅で撮ったものです。

出発を待つE353系の特急かいじ35号です。

2020032501

中央線の特急については181系時代からの記憶があります。

181系特急「あずさ」は東京駅まで来ることはなかったですね。

ただ、当時の中央線特急「あずさ」は、上越線特急「とき」と共通運用でしたね。

「あずさ」として東京駅に来ることはなかったけど、「とき」として東京駅に来ることが1日に上り下り1回ずつありました。

遠い日の国鉄時代の話ですが。

今の中央線特急「あずさ」「かいじ」に使われているE353系は、リニア中央新幹線開業まで走ることになるのでしょうか?

ただ、リニア中央新幹線は上諏訪、松本方面には行きませんね。

となれば、甲府始発?それとも、リニア中央新幹線の停まらない駅のニーズに応える形で本数減らして存続?

考えてみれば、リニア中央新幹線はJR東日本ではなくJR東海ですね。

ベテラン8500系もまだまだ元気に活躍

これは3ヶ月前に東武スカイツリーラインの西新井で撮ったものです。

東急8500系もまだまだ元気に活躍できますね。

東武を走るということは、東急田園都市線ー東京メトロ半蔵門線と3社に跨がって走るということですね。

2020032401 

仲間の中には廃車になったものや、長野電鉄、伊豆急行、秩父鉄道に譲渡されたもの、海を渡ってインドネシアに行ったものもありますね。

1975年から1991年にかけて製造されたから、新しいものはまだ30年経っていないのですね。

だけど、だんだんと2020系に奪われていくのでしょうね。

入生田で28.6‰の勾配を登ってくるGSEを撮る

3ヶ月前、箱根登山鉄道の入生田駅から小田原寄りの踏切近くで、カーブを描き坂を登ってくるGSEを撮りました。

2020032301-1

その勾配なのですが、28.6‰なのですね。

2020032301-2

その上、カーブだから、へたに速度を出せないし、運転士さんも辛い区間でしょうか?

これは入生田のホームに入るところです。

2020032301-3

それにしても、初代3000形のSE車からの記憶がある者としては、小田急のロマンスカーも時代とともに変わってきたなあと思いますね。

GSEはこの赤い塗装がとても印象的です。

 

3400形今後の行方は?

これは京成船橋で撮った3400形の快速西馬込行きです。

つまり、都営浅草線直通ということですね。

2020032202

3400形は初代AE車の足回りを流用した車両。

初代どころか、2代目AE車も引退したけど、3400形はまだまだ元気に活躍ですね。

8両編成だから引退直前まで主に優等列車に運用されるのでしょうか?

それとも、短編成化されて生きながらえるのでしょうか?

8両編成だと、京成小岩以東では各駅停車に運用できないし、千葉線や金町線に入れませんね。

老朽化を指摘する人もいるけど、まだ廃車にはなっていませんね。

3500形や3600形もまだ走っていますしね。

あと、5年は走れるでしょうか?

今後京成が2代目3100形を何両製造するかに掛かっているでしょうか?

祝・京葉線全線開業30周年

これは京葉線新浦安で撮ったものです。

京葉線が東京ー蘇我間全線開通して30周年なのですね。

2020032201

30年って、あっという間だった気がします。

それまでは東京ー新木場間がまだ開通してなかったのですね。

今振り返ってみると、京葉線は1986年3月に西船橋-千葉港間の開業から始まったのですね。

つまり、国鉄時代も約1年あったということですね。

東京-蘇我間が開通したのはそれから4年後だったのですね。

あの頃は103系も京葉線を走っていた記憶もあります。

かつては京葉線は強風が吹くと停まると言われていたけど、それも改善されましたね。

あと30年過ぎると、私もこの世にいないかもしれないけど、まだまだ京葉線の移り変わりを見守りたいものです。

JR東日本

青森県東津軽郡今別町による「奥津軽いまべつ」駅活性化策

新幹線の新青森-新函館北斗間は北海道新幹線の区間であり、JR東日本ではなくJR北海道の区間でもありますね。

途中、奥津軽いまべつという駅があります。

2020032102-1

青森県にあっても、この駅はJR北海道の管轄ですね。

新幹線の駅があるこの青森県東津軽郡今別町は人口が2567人しかいないそうです。

そのせいか、新幹線の利用客も1日80人程度。全国の新幹線駅でワーストだそうです。

停まる列車も1日7本なのですね。

特に、下りは10時7分の列車の後は14時15分。なんと約4時間も空いてしまうのですね。

それで今別町はこの駅の活性化のために通学・通勤定期の半額を補助するとのことです。

その効果はどうなるでしょうか?

あと、町としても観光で人を呼び寄せる工夫も必要では?

だるま滝とか荒馬まつりとか、「青函トンネルの入り口のある町だよー」とか宣伝するとか。

写真は東京駅で撮った「はやぶさ」号です。

2020032102-2

 

 

入生田での1000形の交換風景。よーく見ると線路配置が違う

小田原から3つめの駅でもある箱根登山鉄道の入生田駅ですが、ここも箱根町ではなく、小田原市です。

神奈川県小田原市入生田190-4にあります。

3ヶ月前ですが、この入生田で赤い塗装の1000形の交換風景を撮りました。

20200321011

駅も線路も箱根登山鉄道ですが、どちらも小田急の車両ですね。

ところで、よーく見ると、下りと上りの線路配置がちょっと違いますね。

上りは3線軌条になっていますね。

20200321012

そうですね。入生田駅には箱根登山鉄道の車庫というか、入生田検車区がありますね。

箱根登山鉄道の電車はこの入生田検車区から出て、箱根湯本まで回送運転されるのですね。

この3線軌条ですが、かつては小田原までありましたが、今は入生田-箱根湯本間のみですね。

だけど、箱根登山鉄道は昨年の台風19号の被害をもろに受けて不通になっています。

何やら今年の秋に復旧とのことですが、1日でも早く復旧できるといいですね。

 

«ピンクが定着したと言っていい?新京成